みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

通夜での平服を女性・男性別に解説!仕事帰りの服装でもいい?

通夜での平服を女性・男性別に解説!仕事帰りの服装でもいい?

通夜で着用する「平服」とは、略礼服のことを言います。
通夜には平服で参列する、と聞きますが、通夜に参列した経験の少ない人は、どんな服装が通夜に相応しいのか分からないですよね。

また、通夜は夕方以降に行われますから、仕事帰りの服装でも良いのか、どんな装いならマナー違反にならないか気になりますね。
通夜での平服のマナーを知り、穏やかな気持ちで故人への冥福お祈りしましょう。

この記事の結論

  • 通夜の平服とは略礼服のことです。黒やグレー、紺色のスーツやワンピースを着用し、小物は黒でまとめます。アクセサリーは控え、女性の化粧は薄めにします。

  • 仕事の帰りなどに通夜へ参列する場合は、できるだけ地味な服装にします。着替えがない場合は、腕に喪章を付けることで弔意を表して参列します。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部