みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

祥月命日のお布施の金額相場!袋の書き方と包み方、渡し方も解説

祥月命日のお布施の金額相場!袋の書き方と包み方、渡し方も解説

命日といえば、お墓参りをしたり、仏壇に手を合わせたりして、故人のことを思いやる日です。
その命日を、本来は「祥月命日」というのはご存知でしたか?

ここでは、祥月命日と月命日の違いや、祥月命日の年忌法要でのお布施についてなど、詳しくご説明します。
穏やかに故人を偲ぶために、心に留めておきましょう。

この記事で解決される疑問

  • 祥月の命日のお布施の相場は?

  • 祥月の命日のお布施の書き方は?

  • 祥月の命日のお布施の渡し方は?

  • ❓ 祥月命日とは?

    故人が亡くなった日と一緒の月日を指す言葉です。月命日は亡くなった日のみを指す、という違いがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 祥月命日のお布施の相場は?

    相場は1周忌では3万円から5万円・3回忌では1万円から5万円です。3回忌以降は1万円から2万円と下がる傾向があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 祥月命日のお布施に適した袋は?

    正式には半紙に包んでから奉書紙に包みます。しかし、白い封筒も使えます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 祥月命日のお布施の表書きの書き方は?

    仏教では御布施・キリスト教は御礼・神道は祭祀料と書きます。また、中袋がない場合には氏名も表に記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部