みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

永代経とは?永代経懇志の相場・封筒の書き方!永代供養との違いも

永代経とは?永代経懇志の相場・封筒の書き方!永代供養との違いも

永代経とは「永代読経」の略です。
これは、永きにわたって、お経が読まれるという意味になります。

では、実際に永代経は一体どのようなものなのでしょうか。
その意味や、永代経法要とはどういったものなのか、お寺にお包みする永代教懇志の金額の相場や、間違われやすい永代供養についても触れていきながら、永代経について解説していきます。

この記事で解決される疑問

  • 永代経とは?

  • 永代経の相場は?

  • 永代経懇志とは?

  • ❓ 永代経とは?

    継承された仏教の教えを子孫にも伝えるための法要です。浄土真宗の言葉の1つでもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 永代経法要はどんな流れ?

    春分の日や秋分の日に、読経や法話をする流れで行います。また、毎月行ったり、命日に行う場合もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 永代経懇志はいくら納める?

    永代経懇志とは何仏教の教えを伝え広めたい気持ちをお金として渡すもので、相場は5万円から10万円です。しかし、法要の回数や頻度によって増減します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 永代経と永代供養の違いは?

    永代供養は、故人の供養がメインである点に違いがあります。また、お墓参りも遺族で決めやすいという点が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部