みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

お悔み申し上げますの返答とは?正しい返事の返し方を解説!

お悔み申し上げますの返答とは?正しい返事の返し方を解説!

冠婚葬祭のマナーって意外と知らないことありますよね。

そこでいつでも対応できるよう今回は「お悔やみ申し上げます」の正しい返答方法や使い方などを解説します。
また、言ってはいけないNG表現や葬儀におけるタブー、また他のお悔やみの言葉などを解説するので、ぜひ参考にしてください!

この記事の結論

  • 返事としてありがとうございます・痛み入ります・恐縮ですと伝えます。相手の配慮に感謝する気持ちを伝えられます。

  • 返事としてNGなのは、たびたび・ますますといった重ね言葉を使うことです。また、死を直接表す言葉も避けます。

  • ❓ お悔やみ申し上げますはどのような時に使われる?

    故人の死を悼む気持ちを表す際に使います。また、遺族に対し弔いの言葉をかける意味でも使われます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お悔やみ申し上げますの返答に適した言葉は?

    ありがとうございます・恐縮ですなどの言葉を用いることができます。また、痛み入りますとも表現できます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お悔やみ申し上げますへの返答で避ける言葉は?

    死に関する言葉を避けることが大切です。また、たびたびなどの重ね言葉を使わないことも重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お悔やみ申し上げますと連絡が来た場合の返答方法は?

    メールで受け取った場合、メールで返信することができます。香典をもらった場合ともらわなかった場合で文面が変わるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部