みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

正しいお布施の入れ方は?包み方やお布施袋の選び方についても解説!

正しいお布施の入れ方は?包み方やお布施袋の選び方についても解説!

葬儀や法要でお世話になった僧侶に謝礼として渡すものに、お布施があります。
お布施の金額はもちろん、お札の入れ方についても失礼のない入れ方をしなければなりません。

どのような入れ方が失礼にあたらない入れ方なのでしょう。
お布施の入れ方はじめ、目的、金額、向き等について詳しく解説したいと思います。

この記事の結論

  • お布施のお札には新札を用意します。お札の入れ方は、封筒の表面側をお札の表にし、肖像画が封筒の入り口側にくるようにします。

  • お布施の正しい包み方は、お札を半紙で包み、さらに奉書紙で包みます。それを袱紗でさらに包んで持っていくのが基本です。

  • ❓ お布施のお札の入れ方は?

    お札の表面が封筒の表側に来るようにします。また、新札を使うのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お布施の入れ方で使用する封筒は?

    奉書紙に包む入れ方が正式です。また、白い封筒に入れる方法もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お布施の袱紗への入れ方は?

    お布施を入れた袱紗は右側から畳んで折り込んでいきます。また、袱紗は紫やグレーなどの色味をチョイスします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お布施の入れ方と一緒に用意するものは?

    お車代や御膳料を一緒に用意する必要があります。異なる封筒に入れる方法を取るのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部