みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

神棚のしめ縄とは?飾り方や保管・処理方法!しめ飾りとの違いも解説

神棚のしめ縄とは?飾り方や保管・処理方法!しめ飾りとの違いも解説

神社や霊験あらたかなところで見かける「しめ縄」。
自宅の神棚にも飾ってあるでしょう。

しめ縄にはどんな意味・由来があるのか、知らないまま飾っている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、その種類や飾り方、交換時期や保管、処分方法についてお伝えします。

さらには、お正月のしめ飾りとの違いについても解説していきます。
しめ縄について知ることで、神棚のしめ縄を正しく飾りましょう。

この記事で解決される疑問

  • 神棚にしめ縄を飾る理由は?

  • しめ縄の種類は?

  • しめ縄を飾るタイミングは?

  • しめ縄の処分法は?

  • ❓ 神棚のしめ縄にはどんな意味がある?

    神様を祀るための祭壇に対し、神々が住む領域と人々が住む領域を分け、不浄を避ける意味合いがあります。神棚に不浄なものが入らないようにするために重要な飾りです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神棚のしめ縄の飾り方は?

    左の方向に向けてねじるようにして飾ります。また、伊勢地方では逆に右に向けてねじるように飾ります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神棚のしめ縄を飾る時期は?

    12月13日以降の時期に飾ります。また、28日までには飾る必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神棚のしめ縄の処分方法は?

    神社にてお焚き上げをしてもらう方法があります。料金の相場はお寺や神社の場合3000円から1万円です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部