みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
シニアライフ

寒中見舞いのはがきの種類は?郵便局で買える?切手や文例も解説!

寒中見舞いのはがきの種類は?郵便局で買える?切手や文例も解説!

寒中見舞いを書きたいけど、はがきにはどんな種類があるんだろうと迷っていませんか。
寒中見舞いに使えるはがきには、どんな販売場所があるのでしょうか?

この記事では、寒中見舞いで使えるはがきや切手、例文の種類をご紹介したいと思います。

この記事の結論

  • 寒中見舞いに使うはがきの種類は、通常のはがきを使用します。落ち着いた種類の私製はがきでも可能です。

  • 寒中見舞いのはがきに弔辞用の切手は使用しません。また年賀状や干支、縁起物が印刷されているはがきも使用しません。

  • ❓ 寒中見舞いはいつ出す?

    1月7日を過ぎてから2月3日までに送ります。年賀状を送っていなかった場合や喪中の相手への挨拶として使えます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 寒中見舞いのはがきの種類にはどのようなものがある?

    通常はがき・官製はがき・私製はがきがあります。私製はがき以外は切手を貼る必要がないのが特徴です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 寒中見舞いに適していないはがきの種類は?

    年賀はがきは寒中見舞いとして適していません。また、私製はがきでも縁起物や干支が描かれたデザインは避けます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 寒中見舞いのはがきの文の書き方は?

    寒中見舞い申し上げますなどの言葉で書きだし、相手の健康を気遣う言葉を書き、元気を祈る言葉で結びます。年賀状が送れた場合や喪中の相手に送る場合は使う言葉が変わります。具体的な文例はこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部