みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

愛媛県の墓じまいの費用は?手順や引っ越し先(移動先)、注意点も説明

様々な人生を選択できる昨今「墓じまい」を考えるご家庭が増えています。
しかし「墓じまい」と言っても何から始めたらいいか分からないといった声があります。

また「墓じまい」は全国でかかる費用の相場は異なります。
そのため、愛媛県で「墓じまい」を行う場合の手順や費用、注意点を解説します。

愛媛県の墓じまいの費用は?手順や引っ越し先(移動先)、注意点も説明

墓じまいとは

墓じまい は、今あるお墓を別の場所へ移動させたりお墓を閉じる(しまう)ことを言います。
お墓に埋葬されているご遺骨はご遺体のため、墓じまいを行うためには 行政手続きが必要です。

それだけではなく、愛媛県内のお墓の管理者や専門の業者にも連絡を取らなければなりません。
墓じまいは手続きが多く、ややこしいため 専門の代行業者も存在します。

墓じまいには正しい知識が必要となるため、専門家に頼むのも手段の一つです。
ご自身で手続きされるか代行に委託するかはケースバイケースで対応すると良いでしょう。

また、 墓じまいを行った後のご遺骨の行先も考慮して墓じまいを進める必要があります。
ご遺骨の改葬方法は都道府県によってことなります。

そのため、愛媛県には墓じまい後のご遺骨の改葬にどのような方法があるかも解説します。

愛媛県の墓じまいの費用

愛媛県で墓じまいを行う場合にかかる費用の合計とその内訳の相場 を紹介します。
以下は、墓石の撤去など専門家の手が必要な手順以外はすべてご自身で行った場合の相場です。

合計費用

愛媛県で墓じまいを行った場合の相場は幅がありますが、 6万~22万円 です。
幅があるのは、後で解説する「利檀料」に明確が値段がないためです。

墓石撤去に伴う費用の決め方は愛媛県に限らず全国的に同じようです。
たいていの場合 お墓の大きさと、敷地に占めるお墓の面積で前後します。

内訳

墓じまいにかかる費用を分類すると主に三つあります。

  1. 離檀料
  2. 墓じまい業者への費用
  3. 行政手続き費用

1. 離檀料

まず 「離檀料」とは、供養をおまかせしていたお寺に納めるお布施のようなものです。
今までお世話になった気持ちとして、お包みするお金のため明確な金額がありません。

愛媛県の相場は 3万~15万円 と幅広いですが、目安として 法要1回~3回分 と覚えておくと良いです。

2. 墓じまい業者への費用

次に 「墓じまい業者への費用」 ですが、愛媛県内の業者の相場は 3万~7万円 です。
業者が行う作業は、墓石の撤去と処分が主な内容です。

会社によって、サービス内容が異なりますので複数検討し決めるのをおすすめします。

3. 行政手続き費用

そして 「行政手続き費用」 についてはほとんどお金はかかりません。
愛媛県で書類を発行するには手数料として 数百円ほど が発生すると考えておくと良いです。

愛媛県で墓じまい後の改葬先

愛媛県内で墓じまいを行った後は、 ご遺骨を改めて埋葬します。
改葬方法には複数手段があるため、 費用や今後の管理も考慮して決めましょう。

お墓の引っ越しをする方

墓じまいをして、新しい場所へ埋葬する方法を解説します。
以下の四つはお墓の場所を改めて設ける埋葬の方法です。

  • 一般墓
  • 永代供養
  • 樹木葬
  • 納骨堂

一般墓

一つ目は、墓地や霊園(一般墓)への埋葬です。
愛媛県内には100を超える墓地・霊園があるため、ご家族とよく相談しましょう。

その際は、 実際にその場所へ足を運ぶことをおすすめします。
墓地・霊園の手入れが行き届いているか見定めたり、駐車場の利便性を確認するためです。

愛媛県内の墓地・霊園に改葬した後は、引き続きご家族で管理していかなければなりません。
ご自身やご家族が高齢になった時のためにもよく検討するようにしましょう。

永代供養

二つ目は 「永代供養」 と言われる埋葬の方法です。
永代供養で埋葬すると、ご家族でご遺骨を管理する必要がありません。

ご遺骨が埋葬されている墓地や霊園が、 ご家族に代わり永代に渡って供養してくれます。
愛媛県には永代供養を行う寺院が複数あるため、法要の頻度や費用も確認してみて下さい。

永代供養に関しては以下をご覧ください。

樹木葬

三つ目は、 樹木や草花を墓表とする「樹木葬」 です。
墓石よりも馴染みが薄いかもしれませんが、複数のメリットがあります。

樹木葬は永代供養で埋葬する場合が多いです。
そのため、お墓の跡継ぎが居ないことが理由で墓じまいをするご家庭におすすめします。

また、新しく墓地や霊園にお墓を建てるより安価な費用で抑えられることも魅力の一つです。
愛媛県内にも少数ですが、樹木葬を扱う霊園があります。

樹木葬に関しては以下をご覧下さい。

納骨堂

四つ目は、お寺などの 納骨堂 に埋葬する方法です。
愛媛県のお寺には、墓地とは別に納骨堂を設けているところが複数あります。

納骨堂とは、墓じまいの後に ご遺骨をお一人やご夫婦といった単位で納骨することです。
永代供養での埋葬を選択できるところもあります。

納骨堂は、数年や数十年単位でご遺骨を預けるというシステムです。
そのため 一定期間を経たら、ご遺骨は管理が必要となります。

愛媛県の納骨堂に埋葬する場合の費用は、 年間の管理費や預ける期間分の料金が必要になります。
そのため、新たにお墓を作るのと同じくらいか少し少ないくらいの費用が必要です。

納骨堂に関しては以下をご覧ください。

お墓をつくらない方

  • 手元供養
  • 散骨
  • 宇宙葬

墓じまい後、 改めてお墓という形を取らず供養する方法 もあります。
主な三つの方法を解説します。

手元供養

まず 「手元供養」は、ご遺骨の管理を自宅で行うことです。
宗派を問わず供養でき、お墓の管理もする必要がありません。

昨今は、手元供養のための小さめの仏壇や仏具も様々なデザインで販売されています。

手元供養に関しては以下をご覧ください。

散骨

次に 「散骨」とは、ご遺骨を粉末にして撒くという供養の方法です。
一般的には、専門の業者に頼み船に乗って海へ撒くことが多いようです。
散骨はご家族だけで行うことも可能なため、費用を抑えることができます。

ご家族だけで行う場合は 5万円10万円、業者に委託すると10万30万円 が相場です。

散骨に関しては以下をご覧ください。

宇宙葬

最後に 「宇宙葬」は、ご遺骨をカプセルなどに入れて宇宙へ打ち上げる供養の仕方です。
形式としては、 散骨の一種 に入るようです。

宇宙葬をした場合、ご遺骨は大気圏に突入した後、流れ星となり燃え尽きます。
費用は 30万円前後 で利用できます。

宇宙葬に関しては以下をご覧ください。

愛媛県の墓じまいの手順

愛媛県で墓じまいを考えた場合の手順と必要な手続きを流れで解説します。

  • 親族の同意を得る
  • 行先決める
  • お墓の管理者へ伝達
  • 改葬許可申請
  • お墓の解体をする石材店の決定
  • お墓の撤去作業

親族の同意を得る

お墓や仏具などの財産を受け継ぐ権利のある人を祭祀承継者(さいししょうけいしゃ)と言います。
一般的には、遺言や愛媛県の各自治体の慣習によって相続人が決められます。

そのため、墓じまいについても承継者を中心に話し合い、親族が納得する答えを出しましょう。

行先決める

墓じまいの段取りが決まったら、取り出したご遺骨の行先を決めなければなりません。
改葬の方法は複数あるため、生前の故人の意向や今後の後継人を考慮して決めましょう。

お墓の管理者へ伝達

墓じまいの旨を、お寺や霊園の管理者へ伝えます。
墓じまいするということは、そのお寺から離れる=離檀するということになります。

そのため、愛媛県内での墓じまいに際して前述した離檀料が必要となります。
昨今は、この 離檀料の金額についてトラブルになることもあるようです。

スムーズに墓じまいが行えるよう愛媛県の相場を押さえておきましょう。

改葬許可申請

墓じまいにあたって墓石を移動させるために、 改葬許可を愛媛県の各自治体に申請します。
必要となる書類は三つあり、以下で解説します。

  1. 改葬許可申請書
  2. 埋葬証明書
  3. 受け入れ証明書
  4. 申請者の印鑑

1. 改葬許可申請書

「改葬許可申請書」は、必ずお墓が元あった愛媛県内の市町で申請しなければなりません。
書類のフォーマットは市町によって異なるため注意が必要です。

必ず愛媛県の対象地域の公式HPからダウンロードしましょう。
愛媛県内の一部の市町では、 郵送でも受け付けを行っているようです。

2. 埋葬証明書

お墓を管理しているお寺や霊園に発行してもらう「埋葬証明書」 も手続きに必要となります。
この証明書は管理者の署名や捺印が必要となります。

そのため墓じまいの意思が固まったら、なるべく早く管理者に伝えるようにしましょう。

3. 受け入れ証明書

「受け入れ証明書」は、新しく埋葬する先の墓地や霊園の管理者に発行してもらいます。
愛媛県では、手続きに必須の書類ではありませんが受け入れ証明書が必要な場合もあります。

それは 離檀を伝えた時に、お寺へ新しい埋葬先を証明できるようにするためです。

4. 申請者の印鑑

見落としがちなのが、墓じまいに必要な書類の発行には 印鑑証明が必要 ということです。
必ず、 申請者の実印 で申請を行いましょう。

お墓の解体をする石材店の決定

墓じまいの行政手続きが無事完了したら、墓石の撤去が可能になります。
墓石の撤去は必ず専門の業者へお願いしましょう。

業者に頼む時の流れと注意点を説明します。

  1. 現地視察
  2. 見積もり
  3. 契約

1. 現地視察

業者の目星を付けたら、 必ず現地視察をしてもらいましょう。 あらかじめお墓のある環境を確認してもらい、料金や作業時間の認識を合わせるためです。

また、重機が必要な場合は費用が追加でかかる場合もあるようです。

2. 見積もり

業者を選ぶ際は必ず見積もりをお願いしましょう。
前述したように、愛媛県内の業者の相場は 3万~7万円 です。

また、墓石撤去の際のサービス内容は、会社によって特徴があります。
金額に加えて 付随サービス も考慮して選ぶようにしましょう。

3. 契約

視察と見積もりの内容に納得できたら契約に進みます。
墓石の撤去は、愛媛県だと 約1日で完了します。

お墓の撤去作業

墓石を動かす作業では、専門の業者に依頼する他、 お坊さんによる供養 も必要となります。
実際に墓石を移動させる際の工程を説明します。

  1. 魂抜き
  2. 改葬先へご遺骨を移す
  3. 墓石撤去

1. 魂抜き

墓じまいの墓石を動かす工程の前に、 お墓に宿っている祖先の魂を抜かなければなりません。
そうすることで、墓石を普通の石に戻し処分することができるのです。

魂を抜く儀式を 「魂抜き」 と言い、お墓を管理しているお寺にお願いします。
その際お布施をお渡しする必要がありますが、これは離檀料に含まれている場合があります。

お寺によって金額が異なりますので、お世話になっているお寺に相談してみて下さい。

2. 改葬先へご遺骨を移す

ご遺骨をお墓から取り出すのは、 墓石の撤去を依頼した専門の業者へお願いしましょう。
取り出したご遺骨は、改葬先のお寺や霊園に扱い方の指示をもらいましょう。

また、移送手段は車や公共の交通機関でも可能となっています。

3. 墓石撤去

魂抜きを終え、ご遺骨を取り出したら墓石を移動させることができます。
愛媛県の専門の業者は、 墓石の処分までがサービスに含まれているところが多いようです。

愛媛県の墓じまいの注意点

愛媛県で墓じまいを考えた場合、以下のような注意点があります。

  • ご遺骨を取り出せる業者が限られている
  • 改葬先を決めて改葬許可証がないと墓じまいできない
  • 今のお墓が寺院にある場合は離檀料が発生する
  • 墓じまいをしないと無縁墓になる

ご遺骨を取り出せる業者が限られている

愛媛県で墓じまいを行う際、実際にご遺骨を取り出す作業は専門の業者にお任せしましょう。
もし個人でご遺骨を移動させたら、 墓地や埋葬にまつわる法律の違反にあたります。

そのため、改装する際は必ず行政への手続きが必要なのです。

改葬先を決めて改葬許可証がないと墓じまいできない

「改葬許可申請書」は愛媛県の墓じまいの手順で必要書類として解説しました。
この申請を行って、 愛媛県の自治体から改葬許可書の交付を受けると、改葬が可能になります。

改葬申請書を提出するには、新しい改葬先を決めて、管理者から証明書を貰う必要があります。
それが、前述した「受け入れ証明書」です。

そのため、 愛媛県の墓じまいの行政手続きの手順を整理 すると以下の通りです。

  1. 改葬先を決めて管理者に「受け入れ証明書」を貰う
  2. 現在のお寺の管理者に「埋葬証明書」を貰う
  3. 愛媛県の各自治体へ「受け入れ証明書」「埋葬証明書」を持って改葬申請を行う
  4. 改葬許可がおりて「改葬証明書」の交付を受ける

今のお墓が寺院にある場合は離檀料が発生する

墓じまいの際に必要な費用で紹介した離檀料は、お寺によってまちまちです。
そもそも離檀とは、文字通りお寺の檀家をやめることです。

また檀家とは 法要をお任せする対価として、お寺にお布施している家のことです。
そのため、離檀するとお寺は経済的な支えが減るということになります。

法要などの仏事をお任せしてきたお礼を、離檀料としてお渡しする お寺独自の慣習です。

墓じまいをしないと無縁墓になる

愛媛県で墓じまいを考えていたけど、工程が多く後回しになるご家庭もあるかもしれません。
しかしタイミングを見極めて墓じまいすることで、大切なお墓が 「無縁墓」 になるのを防げます。

「無縁墓」とは、 お墓の後継者が居なくなり管理されなくなったお墓のことをいいます。
「無縁墓」になってしまったら、お墓が撤去され合葬として弔われます。

何より、お墓を管理する人が居なくなったら故人が報われません。
大切な祖先への礼儀として、墓じまいについてよく考えてみて下さい。

愛媛県の墓じまい代行サービス

愛媛県で、墓じまいを考える際は 代行サービスという手段もあります。
愛媛県で代行サービスを請け負う業者は、 行政の手続きから墓石の処理までを行う会社が多いです。

愛媛県内の代行サービスの相場は 12万~20万円 ほどです。
費用は墓石の撤去と同じように、お墓の大きさや面積によって前後するようです。

業者によっては手続きを全て代行するプランの他に、 一部を委託する方法もあります。
例えば現在の住所が愛媛県から遠く、何度も足を運ぶのが難しいご家庭があるとします。

行政の手続きは愛媛県外にいると厳しいですが、書類の手続きのみを代行するサービスがあります。
その場合は、 代行の資格がある行政書士が行政手続きを行います。

このように個人で行うのが難しい、大変といった作業だけ代行業者に頼むのもおすすめです。

墓じまい代行サービスに関しては以下をご覧ください。

愛媛県の墓じまいは手順を押さえるのが大切

愛媛県には、各自治体に墓地や霊園が複数あります。
そのため墓じまいを考える際は、 改葬先についてもよく親族間で相談しましょう。

また、墓じまいは手順が複数あり手続きに時間や労力を費やすかもしれません。
もし 途中で問題が起こった時に、適切に対処できるよう一連の流れを頭に入れておきましょう。

また、愛媛県の墓じまいの相場を知っておけば費用の面でトラブルになることを防げます。
墓じまいは、ご自身だけで決めることではありません。

大切の祖先が眠っているお墓を閉じるのですから、 閉じた後のご遺骨の管理もよく考えましょう。
また、墓じまいの認識の不一致が起きないよう、親族間で話し合って決めるようにして下さい。