みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

喪中にやってはいけないこと6選!やってよいことも合わせてご紹介

喪中にやってはいけないこと6選!やってよいことも合わせてご紹介

喪中に入ると控えるべき事がいくつかあります。
喪中では亡くなった人の冥福を祈って、普段やっていることを慎みます。

とはいえ、喪中がどの季節にあたるかによってそれも変わるのです。
今回は、喪中にやってはいけないことをご紹介します。

年末年始とお正月を中心にやってはいけないことを解説します。

この記事の結論

  • 喪中は年賀状を出したり門松を飾ると言った新年を祝う行事を避けます。またお屠蘇を飲んだり明けましておめでとうございますと挨拶することも控えます。

  • 喪中は結婚式など祝いの席への出席を控えますが、あくまで控えるという考え方で構いません

  • ❓ 喪中でやってはいけない事は?

    主にやってはいけない事としては「結婚式」「神社への参拝」等が挙げられます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 喪中の期間は?

    喪中の期間は自身と故人の親等の関係性で決まります。妻や祖父母の場合は90日、夫又は両親の場合は13ヶ月となります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 喪中でもお歳暮は送って大丈夫?

    送る側、受け取る側どちらか片方が、もしくは両方が喪中であっても送っても差し支えありません。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 喪中でやってはいけない事をどうしてもやる必要が出た場合は?

    寺院の方で厄払いの儀式を受けてから子なうようにしましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部