みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

鹿児島県の墓じまいの費用は?手順や引っ越し先(移動先)、注意点も説明

墓じまいを鹿児島県で行うときには、どういったポイントに気をつけるべきでしょう。
一口に墓じまいと言っても、さまざまな手続きや問題が発生します。

できる限りスムーズに、そしてできるだけトラブルがなく墓じまいを行うなら、まずはこれからの説明する内容を確認してください。

鹿児島県の墓じまいの費用は?手順や引っ越し先(移動先)、注意点も説明

墓じまいとは

墓じまい

墓じまいとは、どういったことを表しているのでしょうか。
年配の方なら、一度はこの言葉は聞いたことがあるはずです。

墓じまいとは、墓をしまう、詰まりは墓を使わなくすると言う意味です。
今まで使用していたお墓をおさめ、そのお墓は使わなくし、さらには他の場所に移すことも表しています。

今、盛んに行われています。
どうしても墓じまいをしなければならない理由がある人も中にはいます。

鹿児島の墓じまいについて詳しく解説しますので、ぜひチェックしてください。

鹿児島県の墓じまいの費用

費用

行うときに気になるのが、 どのくらいの費用が必要になるかです。
鹿児島で墓じまいを行いたいと考えている人は、ぜひ費用について確認しておきましょう。

おそらく多くの人は、意外に費用がかかることに驚くでしょう。

合計費用

まず、鹿児島で行うときの合計費用からご説明します。
行うときには、おおよそ16〜40万円ほどの費用がかかります。

とくに鹿児島では、墓じまいの専門業者の数が少ないこともあり、合計費用が高くなってしまう傾向にあります。
少しでも安く鹿児島でしたいと言う思いは皆一緒かもしれませんが、 このくらいの費用が一般的であることは理解しておきましょう。

内訳

では、先程の鹿児島でかかる合計金額の内訳はどうなっているでしょうか。
まず、墓じまいには欠かせない、 建設会社によるお墓の解体ですが、この費用が一番大きくなります。

解体費用は、おおよそ12万円ほどかかります。
そして、お寺さんによる供養も費用が発生します。

供養費用はまちまちですが、おおよそ3万円ほどです。
後は取り出しや、必要な書類の入手にかかる費用です。

この費用はあくまでも一般的なお墓の大きさの場合です。
お墓が大きくなれば、さらに費用はかさんでしまうと考えておきましょう。

墓じまいの費用に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

鹿児島県で墓じまい後の改葬先

お墓参り 墓石

では、行うときには改葬先はどこを選ぶべきでしょうか。
昔は改葬先は、同じようにまた霊園に引っ越しをするのが一般的でしたが、 最近の傾向は少し変わっています。

お墓の引っ越しをする方

お墓を引っ越しするときには、一般的には一般墓に移すことが多いです。
これは鹿児島でも同じで、 やはり一般墓が圧倒的に多いでしょう。

しかし、最近では鹿児島でも樹木葬や納骨堂、さらには永代供養などを選ぶことも増えてきました。
こうした引っ越し先は、一般墓にはない大きな魅力があります。  

  1. 一般墓
  2. 樹木葬
  3. 納骨堂
  4. 永代供養

一般墓

墓

鹿児島でも、まだまだメジャーな墓じまい後の改葬先に選ばれるのが一般墓です。
一般墓は、費用はかかってしまいますが、管理がとても楽なことや、 手続きも比較的簡単なことが魅力的です。

鹿児島でもさまざまな改葬先が選ばれるようになりましたが、それでも一般墓の人気はまだまだ高いです。
迷った場合には、一般墓にと言う考えもあります。

樹木葬

樹木葬

最近、徐々に増えているのが樹木葬です。
樹木葬はその名の通り、木の下に納めることを示していますが、 この樹木葬はとくに若い人に人気があり、昔のようなお墓参りを変えたいと言う思いが強いことが要因です。

樹木葬は生前好きだった木を選ぶことも一般的です。
これは同じで、最初から樹木葬を選ぶ人も増えています。

納骨堂

納骨堂

また、 納骨堂に納めることも増えています。  
納骨堂はお墓一つひとつに納めるのではなく、一箇所に他の人のも同じ建物に納めて管理する方法です。 

昔はこの納骨堂は限られた場所にしかありませんでしたが、徐々に納骨堂の数は増えています。

お墓の掃除や草刈りなどの管理を行わなくて良いと言うメリットもありますし、綺麗な建物の中に納骨されているため、 お墓参りがしやすいと言う利点もあります。  
鹿児島でも高齢化が急速に進んでいるため、この納骨堂のスタイルはかなり人気があります。

永代供養

永代供養墓

墓じまい後の行き先に永代供養を選ぶ人もいます。
永代供養とは、 他の人と一緒にして、お寺で供養をしてもらうことです。

この永代供養は、無縁墓の場合に行われることが多く、実際に鹿児島でも高齢化によって永代供養が増えている現実があります。
また、将来無縁墓になってしまうことを予想して、早めに行い、 永代供養にする人も鹿児島では増えています。

お墓をつくらない方

そもそもお墓をつくらない人もいます。
中でもとても人気のある方法が、散骨です。
パウダー状にして、 海や山西散骨する方法は、鹿児島でも増えてきました。

また、手元供養や宇宙葬もこれから増えてくると予想されます。
墓じまい後の改葬先にはさまざまな方法がありますので、墓じまいを行うときには事前にじっくりと考えておくようにしましょう。

鹿児島県の墓じまいの流れ

手順・流れ

では、鹿児島県の流れをご説明します。
鹿児島県での墓じまいは、次のような流れで行われていますので、これから鹿児島で行う方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 親族の同意を得る
  2. 行先決める
  3. お墓の管理者へ伝達
  4. 改葬許可申請
  5. お墓の解体をする石材店の決定
  6. お墓の撤去作業

1. 親族の同意を得る

家族、親族の同意を得ることは、まず最初にやるべきことです。
せっかく墓じまい後の改葬先などが決まり、書類の手続きも全て整ったとしても、家族や親族から墓じまいをするべきではないと言う流れになった場合は、無理に強行するべきではありません。

流れの順番として、 まずは家族や親族の同意を得ることは、鹿児島でも最初に行うべきことです。

2. 行先決める

そして、家族や親族の同意を得られたら、墓じまい後の行先を決めましょう。
この行先を決めることも、とても大切なことです。

墓じまいは、お墓の解体や供養などを行えば済みますが、行き先を決めることはとても時間がかかります。
これは鹿児島でも同じで、 行先を決めれなければ、できないと言っても過言ではありません。

3. お墓の管理者へ伝達

また、忘れてはいけないのが、 お墓の管理者への伝達です。
墓じまいを行う前には、今のお墓の管理者へ必ず伝達を行うようにしましょう。

お墓の管理場所によっては、書類を提出する場合もありませんので、事前に何が必要なのかを確認しておきましょう。
鹿児島でもこうした伝達は常識です。

勝手に予定を組んで進めてしまうことがないようにしましょう。

4. 改葬許可申請

また、改葬するときには、改葬許可申請が必要です。
これは鹿児島県に限らず、どのような自治体でも必要な手続きなので、 必要な書類の手配や流れは必ず抑えておきましょう。

  • 改葬許可申請書
  • 埋葬証明書
  • 受け入れ証明書
  • 申請者の印鑑

改葬許可申請書

改葬申請書は、墓じまい後の行き先を示す申請書です。
どこにあるのかと言うことは、各自治体が管理していますので、 必ず改葬許可申請書にて届け出を行う必要があります。

申請書なので、引っ越し先の許可を受けると言う流れになります。

埋葬証明書

また、今現在埋葬されていることを表す証明書も必要です。
間違いなく本人が埋葬されていることを証明できないと、 掘り出すことはできないため、この埋葬証明書が必要になります。

早めに申請を行い進めていきましょう。

受け入れ証明書

また、引っ越し先となる場所の 受け入れ証明書も必要です。
受け入れ証明書は、引っ越し先の霊園などで発行してくれますので、この書類も早めに入手しておきましょう。

こうした一連の書類に不備があったり、一連の書類がそもそもない状態の場合は、 手続きが大幅に遅れることもありますので注意しましょう。

申請者の印鑑

そして、全ての書類については 申請者の印鑑が必要です。
申請者本人が認める印鑑なので、必ず書類の内容をしっかりと確認をして押印しましょう。

5. お墓の解体をする石材店の決定

石材

また、お墓を解体する業者も決めておく必要があります。
いくつかお墓の解体専門業者がいますが、 こうした業者は決して多いとは言えません。

早めに決めておくここが大切です。

  • 現地視察
  • 見積もり
  • 契約

現地視察

鹿児島でお墓の解体業者が見つかれば、まずは現地視察を行ってもらいましょう。
電話などで状況を伝えるのではなく、 必ず現地で打ち合わせを行いましょう。

見積もり

次に見積りを取得します。
現地で打合せを行った内容がカバーされているか、 必ず全ての項目に目を通すようにしましょう。

契約

見積りを内容に問題がなければ、最後に契約を行います。 
契約は必ず書面で行うようにしましょう。

トラブルに発展することを防ぐためきも、書面による契約は必須です。

6. お墓の撤去作業

お墓の撤去作業は、お墓を解体するだけではありません。
魂抜きや改葬先へ移す作業もあります。

お寺の方に現地に来てもらうことになりますので、こうした段取りも事前に行いましょう。

墓じまいの手順に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

鹿児島県の墓じまいの注意点

! 注意

鹿児島で行うときには、次の注意点を守りましょう。
注意点を理解していない場合、大きなトラブルが起こることもありますので気をつけましょう。

  1. お骨を取り出せる業者が限られている
  2. 改葬先を決めて改葬許可証がないと墓じまいできない
  3. 今のお墓が寺院にある場合は離檀料が発生する
  4. 墓じまいをしないと無縁墓になる

お骨を取り出せる業者が限られている

鹿児島県にはお骨を取り出せる業者が限られています。
全国的にこうした業者は減っており、鹿児島県も例外ではないです。

そのため、鹿児島県で墓じまいを行うときには、できるだけ早めに、そして計画的に予定を立てるようにしましょう。
そうすれば、鹿児島県内でもスムーズに墓じまいを行えます。

改葬先を決めて改葬許可証がないと墓じまいできない

改葬先がスムーズに決まれば、いち早く墓じまいをしたいと考えるでしょう。
しかし、改葬先が決まっても、 改葬許可証がなければ改葬を行えません。

これは鹿児島県に限らず、どの自治体でも同じです。
早る気持ちはあるでしょうが、必ず順番通りに進めましょう。

せっかくさまざまな手続きが完了し、行者の選定も終わったのに、改葬許可証を取得していないばっかりに、進めることかできないと言うことにならないようにしましょう。

今のお墓が寺院にある場合は離檀料が発生する

また、 お墓がもし寺院にある場合は、離檀料が発生することも知っておきましょう。
これも鹿児島県に限らず、全国的に同じ傾向にあります。

離檀料は決まった費用とはならず、寺院によって違いがあるため、必ず事前に確認をしておきましょう。

離檀料に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

墓じまいをしないと無縁墓になる

もし、 墓じまいをしないままにしておけば、将来的に無縁墓になる可能性も否定できません。
無縁墓になる前に、しっかりと行っておくことが重要です。

墓じまいは費用も必要になり、さらには手続きなども大変です。 
しかし、 故人やこれからお墓を継いでいく人のことも考えて、行いましょう。

無縁墓に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

鹿児島県の墓じまい代行サービス

お墓掃除代行業者

鹿児島県でどうしても自分の力で行えない、手続きなどがとても大変だと感じる場合は、 墓じまい代行サービスを利用する方法もあります。
墓じまい代行サービスとは、墓じまいに関する一切の手続きなどを、全て引き受けてくれるサービスです。

このサービスを利用すれば、自治体で発行される書類の手続きも行えます。
もちろん、委任状などが必要になりますが、 一切の面倒な手続きは墓じまい代行サービスが行ってくれるため、安心です。

鹿児島県でもこの墓じまい代行サービスは充実しています。 
とくに鹿児島県などの高齢化が進んでいる地域は、自分でできない方が多いため、代行サービスも充実しています。

墓じまい代行サービスは、当然代行手数料がかかります。
それでも一切の手続きなどを行ってくれますので、上手に利用すればスピーディーに、そして確実に墓じまいが行えます。

鹿児島県での墓じまいは事前の手続きなどに時間をかけるべき

思い立ってすぐに行うことではありません。
家族や親族の了承や、自治体などの手続き、さらにはお墓の撤去業者の選定やいろいろななど、さまざまなハードルがあります。

まずは、鹿児島で墓じまいを行うための段取りを確実に行いましょう。
全ての流れを把握して、その流れに沿って進めて行くことが重要です。

ここまでご説明した内容を もう一度確認して、何から始めるべきかを考えましょう。
墓じまいがスムーズに行えれば、とてもすっきりとした気持ちになります。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部