みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

お悔やみメールの例文とマナーを友人、上司・同僚、取引先別に解説!

お悔やみメールの例文とマナーを友人、上司・同僚、取引先別に解説!

お悔みをメールで伝えてもよいのか迷ったことがある方も多いのではないでしょうか。
また、お悔みメールを送る際には、どのようなことに注意して、どのような文面で書くべきなのかわからない方もいらっしゃることと思います。
今回の記事では、マナーや文面など、お悔みメールに関する様々なことについてみていきたいと思います。

  • ❓ お悔やみはメールで伝えてもよい?

    メールでお悔やみを伝えても問題はありません。特に、ビジネス関係の方への対処に用いられます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 取引先でのお悔やみのメールで気を付けることは?

    簡潔に、丁寧な言葉で伝えることが大切です。また、相手の気持ちに配慮した言葉を選ぶことも重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 取引先からのお悔やみのメールを受け取った際、いつ返す?

    返信は必要ですが、葬儀の準備などを優先させても問題はありません。葬儀などが終わってから返信するのも良いでしょう。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 取引先からのお悔やみメールの返事はどのように書く?

    香典をもらった場合、もらわなかった場合別に例文があります。また、メールの場合はより簡略化して書いても良いのがポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部