みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

祖母の忌引き休暇はどのくらい?日数や連絡方法などを紹介!

祖母の忌引き休暇はどのくらい?日数や連絡方法などを紹介!

お葬式はいつでも突然起こる出来事です。
仕事や学校がある日に行う場合は忌引きを取ります。

この忌引きは祖母と母親等、親族との関係によって許可や取れる日数に違いがあるのです。
今回は、祖母を例に少し離れた親族の忌引きを取る際のルールを解説します。

この記事の結論

  • 祖母が亡くなった際には忌引きは3日ほどとなります。規定によって日数は変わります。

  • 祖母の忌引きは会社や学校には口頭・メール・電話で伝えます。電話が一番使われやすい方法です。

  • ❓ 祖母が亡くなったら忌引きは取得できる?

    ほとんどの場合、祖母の忌引きは取得できます。しかし、勤め先によっては決まりが違う場合があるため、早めに上司に相談する必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 祖母の忌引きは何日取れる?

    祖母は2親等にあたるため3日忌引きとして取れます。3日以上休む場合欠席や有休扱いになることがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 祖母の忌引きを取る場合どう連絡する?

    会社の場合上司にまず口頭で伝え、緊急の場合電話やメールで伝えます。祖母が亡くなり葬儀に参加すること・葬儀の日時・安む日数を伝えましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 祖母以外に忌引きを取得できる親族の範囲は?

    3親等まで忌引きを取得できます。曾祖父母・叔父叔母・甥姪・曾孫本人もしくは配偶者までが対象です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部