みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

魂入れ(開眼供養・お性根入れ)とは?手順や流れ、お布施も解説!

魂入れ(開眼供養・お性根入れ)とは?手順や流れ、お布施も解説!

皆さん、魂入れという儀式を知っていますか?
中には、お墓を新しくしたときなどに耳にした方もいらっしゃることと思います。

では、魂入れとはどういったものなのでしょうか?
今回は、そもそもの魂入れの意味はもちろん、流れやタイミングなどをご紹介します。

この記事で解決される疑問

  • 魂入れとはどんな儀式?

  • 魂入れに適した服装は?

  • 魂入れのお布施の相場は?

  • 魂入れの流れはどんなもの?

  • ❓ 魂入れとは?

    故人の魂を宿らせるための儀式を指します。購入したお墓や仏壇に対して行われます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 魂入れをするタイミングは?

    お墓・仏壇では納骨もしくは位牌を納めた時・改葬時・新しいものにした時行います。また、位牌は本位牌を作る時に行います。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 魂入れの御布施の相場は?

    相場は1万円から3万円で、新札を使います。また、法要が始まる前か終わった後に僧侶にお渡しします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 仏壇の魂入れで用意するものは?

    お供え物・引き出物・御布施を用意します。お供え物は仏具のほかに、赤ろうそく・赤飯・果物・花などがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部