みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

13回忌のお布施の金額相場は?封筒や表書きの書き方、渡し方も

皆さんは、13回忌を耳にしたことがありますでしょうか?
1周忌や3回忌は聞いたことがあるけど、13回忌は知らないという方もいらっしゃると思います。

13回忌では、親族などが集まって故人を偲びます。
その際には、僧侶の方に供養していただくこともあります。

供養していただいた際は、お布施を渡す必要があります。
今回は、13回忌のお布施に関してご紹介します。

13回忌のお布施の金額相場は?封筒や表書きの書き方、渡し方も

そもそも13回忌とは?

法要

13回忌 とは、 故人が亡くなってから満12年経過した命日またはそれ以前の日時に行う法要 のことです。

13回忌は、 年忌法要(年回忌法要) の1つに含まれます。

13回忌について広く知りたい方は以下の記事をご覧ください。

年忌法要とは、 年ごとに行う法要 のことを指します。
年忌法要には、いくつか種類があります。

以下に年忌法要をまとめました。
年忌法要は、50回忌までとなっています。

種類 時期
1周忌 亡くなってから満1年
3回忌 亡くなってから満2年
7回忌 亡くなってから満6年
13回忌 亡くなってから満12年
17回忌 亡くなってから満16年
23回忌 亡くなってから満22年
27回忌 亡くなってから満26年
33回忌 亡くなってから満32年
37回忌 亡くなってから満36年
50回忌 亡くなってから満49年

年回忌法要については以下の記事で取り上げています。

13回忌には、親族や親しかった人を招いて法事・法要を行います。
一周忌などに比べて小規模で行います。

最近では、ホテルなどで親族が集まっての会食だけで済ませる方もいらっしゃいます。

13回忌で法事・法要を行う際は、僧侶の方にお布施を渡すのが一般的です。
お布施の金額に関しては次で詳しくご紹介します。

13回忌のお布施の金額相場

金額

そもそも、お布施(おふせ)をご存知でしょうか?
お布施 とは、 僧侶の方の行いに対して感謝を持って金品(お金) を渡すことです。

13回忌のお布施とは、読経などの供養してくれた僧侶に対しての謝礼のことです。
では、どのくらいの金額をお渡しすればよいのでしょうか。

13回忌にかかる費用としては、お布施を含め以下の3つが挙げられます。

  • お布施
  • お車代
  • お膳料

お布施

お布施

お布施は、僧侶の方に読経などの供養に対し支払う金額です。
13回忌のお布施の相場は、 3万~5万円程度 と言われています。

正式法要ですと5万円程度、短縮法要ですと3万円程度となります。

注意してほしいのが、お布施は、僧侶の方の読経に対する対価ではないということです。

お布施は感謝の気持ちから渡すもので、本来金額は決まっていません。
金額が決まっていないと、どれくらい渡せばいいのか分かりにくいところです。

そのため、実際はお寺側が金額が提示していることもあります。

提示されていない場合は、あくまで上記の金額は目安です。
経済的な事情などがある場合は、それよりも低くなることも可能です。

お寺が提示されておらず、お布施の金額を決めかねる場合は、あらかじめお寺に問い合わせておくといいでしょう。

お車代

お車代

お車代とは、僧侶の方の交通費に当たります。
13回忌では、お寺ではなく自宅で行う方も多くいらっしゃいます。

自宅で行う場合は、お寺から僧侶の方に足を運んでいただく必要があります。
その際の交通費として、お車代をお渡しします。

お車代は、 3千~1万円程度 が相場です。

自宅ではなく、お寺で13回忌を行う方もいらっしゃいます。
その場合、お車代は必要ありませんが、 本堂使用料(御席料) がかかります。

本堂使用料とは、お寺の本堂を使用するためにかかる費用です。
こちらは一般的に、 3千~2万円程度 が相場です。

お膳料

法要を行った後に、集まった人で会食(お斎)を行うことも多いです。
会食の際は、僧侶の方に参加するかどうかをお伺いします。

僧侶の方が会食に参加しない場合、お食事代としてお膳料をお渡しします。
僧侶の方が会食に参加する場合は必要ありません。

お膳料の相場は、 5千~1万円程度 です。

お布施の金額相場のまとめは、以下の通りです。

種類 金額
お布施 3万〜5万円
お車代 3千〜1万円
御膳料 5千〜1万円

以上の3つのお金はどのように渡すのでしょうか。
お金のまま渡すわけにはいきません。

次にお布施の封筒について紹介します。

13回忌のお布施の封筒

お布施

13回忌のお布施は、お金のまま渡しません。
何かしらで包む必要があります。

包むものとしては以下の2つが一般的です。

  • 封筒
  • 奉書紙

封筒

お布施を包む際には、封筒がよく用いられます。
ここでの封筒は茶封筒などの色付きや柄付きのものは避けます。

郵便番号が書かれたものも避けましょう。
一般的に 白い無地の封筒 を使用しましょう。

封筒を用いる際は、中包は必要ありません。
封筒の中にお金をそのまま入れます。

以下のような商品が例として挙げられます。

オキナ ホワイト封筒100 長3 郵便枠無し WP600N 100枚入
オキナ ホワイト封筒100 長3 郵便枠無し WP600N 100枚入
amazonで商品を見る

あらかじめ、「御布施」と書かれたものもあります。

赤城 不祝儀袋 多当 御布施 10枚入り タ983067
赤城 不祝儀袋 多当 御布施 10枚入り タ983067
amazonで商品を見る

奉書紙

最近では、封筒を用いることが一般的になりました。
しかし、 本来であれば奉書紙で包むのが正式 です。

中包として半紙で包み、その上から奉書紙で包みます。

弘梅堂 伊予和紙 厚口 奉書紙 翠波金鶴 松印 50枚 (108g m2)
弘梅堂 伊予和紙 厚口 奉書紙 翠波金鶴 松印 50枚 (108g m2)
amazonで商品を見る

奉書紙については、こちらを見てください。

水引

13回忌のお布施の場合、水引は特に必要ありません。
しかし、地域によって水引を付ける場所もあります。

その場合は、白と黒の水引が一般的です。

天一堂 祝儀袋 T.I.D 新札型 御布施たとう 黒白3枚パック AM-693-3P
天一堂 祝儀袋 T.I.D 新札型 御布施たとう 黒白3枚パック AM-693-3P
amazonで商品を見る

関西では白と黄の水引が用いられます。

天一堂 祝儀袋 T.I.D 新札型 御布施たとう 3枚パック AM-667-3P
天一堂 祝儀袋 T.I.D 新札型 御布施たとう 3枚パック AM-667-3P
amazonで商品を見る

分からない場合は、お寺に確認しておくとよいでしょう。

13回忌のお布施の表書きの書き方

納骨の仕方 費用

封筒や奉書紙で包んだら、「誰からの」「何の包みなのか」を明記する必要があります。

  • 表書き
  • 名前

表書きと名前

お布施 裏

表書きは表側・中央・上部に、名前は表側・中央・下部に 書きます。

お布施の表書きは、 「御布施」もしくは「お布施」 と書きます。

名前はフルネームで書きます。
夫婦で渡す場合は、夫のフルネームとその左側に妻の名前を書きます。

お布施の表書きの書き方に関しては、こちらも見てください。

何で書く?

筆

お布施は基本、 墨で書くのが正式 です。
本来なら筆を用いて書くのが一番ですが、筆ペンを用いても問題ありません。

よく疑問を持たれるのが 「薄墨かどうか」 です。
薄墨は、故人が亡くなって49日忌までと言われています。

薄墨は、「悲しみの涙で墨が薄まった」という意味があります。
13回忌では、薄墨を使用する必要はありません。

一般的に、 薄墨ではなく普通の墨 を用います。

13回忌のお布施の包み方

お布施

13回忌のお布施の包み方を紹介します。
包み方というのは、お布施を 袱紗(ふくさ)で包むこと を言います。

袱紗

お布施は封筒や奉書紙のまま、持ち運んではいけません。
必ず袱紗というものに入れます。

袱紗は、金封を持ち運ぶためのもので、不祝儀だけでなく祝儀でも用いられます。
以下の商品の場合ですと、右が不祝儀用、左が祝儀用です。

不祝儀の袱紗は、紺などの暗い色を用います。

金封ふくさ 慶弔セット エステル桜綸子 P62-758
金封ふくさ 慶弔セット エステル桜綸子 P62-758
amazonで商品を見る

包み方

包み方は以下の手順です。

  1. 上下・左右が角になるように置く
  2. お布施を中央に置く(表書きの書かれた方を前)
  3. 右の角を中央に折る
  4. 下の角を中央に折る
  5. 上の角を中央に折る
  6. 左側の角を中央に折り、角を指して止める
袱紗 包み方 前半
袱紗 包み方 後半

なお、ふくさについての記事は以下をご覧ください。

13回忌のお布施の渡し方・マナー

袱紗 数珠 真珠

13回忌のお布施の金額や包み方についてご紹介してきました。
次に、用意したお布施の渡し方とマナーについてご紹介します。

お布施の渡し方

13回忌のお布施を渡す際は、お布施を手渡ししてはいけません。
お盆か袱紗(ふくさ)の上に置いて 、お渡しします。

渡すタイミングは、 僧侶の方がお帰りになる際 です。
会食がない場合でしたら法要が終了した際、会食がある場合でしたら会食後です。

お布施のマナー

次に13回忌のお布施に関するマナーについて紹介します。
マナーは以下の4つです。

  • お札の向き
  • 袋を分ける
  • 床を滑らせない
  • 二重を避ける

お札の向き

お布施 お札

お金を入れる際のマナーです。

お金を封筒もしくは奉書紙で包む際は、 お札の顔を前に なるように入れます。
また、 お札の顔が上側に なるようにします。

こうすることで、封筒からお金を出した際に、顔が最初に見れるようにします。

袋を分ける

お車代 御車代

先述しました通り、僧侶の方にお渡しするお金はお布施以外に、お車代・御膳料があります。

これら複数をお渡しする際は、必ずそれぞれ袋を別にしましょう。
お車代・御膳料の表書きは、そのまま「お車代」「御膳料」で構いません。

床を滑らせない

お布施をお渡しする際に、やりそうになってしまうのが、床を滑らせる行為です。
自分側から床を滑らせて、僧侶の前に置く行為はよろしくありません。

必ず、お布施をお盆やお布施の上に置いて、床を滑らせずにお渡ししましょう。

二重を避ける

これは、封筒や奉書紙で包む際のマナーです。

お布施を包む際は、封筒であれば二重封筒、奉書紙であれば祝儀のように二重で包むことはやめましょう。

二重にすることで、「不幸が重なる」という意味があり縁起が悪いとされています。

マナーに則って13回忌のお布施を決めましょう

13回忌のお布施について以下の流れでご紹介してきました。

  • そもそも13回忌とは?
  • 13回忌のお布施の金額相場
  • 13回忌のお布施の封筒
  • 13回忌のお布施の表書きの書き方
  • 13回忌のお布施の包み方
  • 13回忌のお布施の渡し方・マナー

特に13回忌までいくと、ある程度、流れはご存知かと思います。
また、お寺との関係も長くなるでしょう。

そういった際に、ちょっとした気の緩みからマナーなどがおろそかになりがちです。
故人を偲ぶという気持ちを持って、マナーを守って丁寧に行いましょう。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部