みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

御花料(お花料)とは?相場や書き方、渡し方を解説!お花代との違いも解説

御花料(お花料)とは?相場や書き方、渡し方を解説!お花代との違いも解説

キリスト教式葬儀の際に用いられる「御花料」という単語、皆さんはご存知ですか?
多くの葬儀が仏式で行われる日本では、耳にしたことのない人も少なくないかもしれません。

ここでは、御花料についての紹介はもちろん、相場や書き方、混同されがちな「お花代」との違いも紹介しています。

この記事で解決される疑問

  • お花料とは?

  • お花料の相場は?

  • お花料の書き方は?

  • お花料の渡し方は?

  • ❓ お花料とは?

    キリスト教でお供えする現金を指す言葉です。仏教における香典と同じ意味合いです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お花料の相場は?

    相場は5000円から10万円です。故人との関係が近いとより高い金額になります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お花料の封筒の書き方は?

    表書きにはお花料・御花料・御霊前と書きます。また、差出人の名前を下にフルネームで書きます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ キリスト教のカトリック式の葬儀の服装とは?

    黒のスーツやワンピースを着用します。アクセサリーは結婚指輪のみかパール・オニキスの装飾を用います。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部