みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

御花料(お花料)とは?相場や書き方、渡し方を解説!お花代との違いも解説

キリスト教式葬儀の際に用いられる「御花料」という単語、皆さんはご存知ですか?
多くの葬儀が仏式で行われる日本では、耳にしたことのない人も少なくないかもしれません。

ここでは、御花料についての紹介はもちろん、相場や書き方、混同されがちな「お花代」との違いも紹介しています。

御花料(お花料)とは?相場や書き方、渡し方を解説!お花代との違いも解説

御花料(お花料)とは

はてな ?

御花料 は、キリスト教の通夜や告別式、法要の際の、弔慰金の表書きとして用いる言葉です。
一般に「御花料」と言えば、仏教においての「香典」と同じ意味合いとの認識で問題ないでしょう。

日本におけるキリスト教信者の割合は大きくなく、チャペルでの結婚式に参加した経験はあるものの、キリスト教の葬儀に参列したことがあるという人は少ないのではないでしょうか。
キリスト教の葬儀では、賛美歌の歌詞の印刷が配られるなどし、信者以外の方も一緒になって祈り、歌うことことが出来るようになっています。

ですが、葬儀へ持参する御花料の準備や渡し方などは事前から知識が必要となります。
ここでは、仏教とは異なる死生観をもつキリスト教の御花料について紹介していきます。

御花料(お花料)の由来

キリスト

本来、キリスト教では香典やお供え物を贈るような習慣はなく、お花に重きを置いており、仏教での焼香の代わりに、キリスト教では 献花 を行います。
そのようなことから、日本のキリスト教の教会では、日本の風習である 香典 とキリスト教の主である お花 を掛け合わせて 御花料 として現金を包むようになったと言われています。

御花料に対しては、香典返しという概念も存在しません。
また、教会で行われる葬儀では、供花を贈っても受け取りを拒否される場合があります。

それは、キリスト教ならではの価値観である 偶像崇拝の禁止 によるもので、祭壇に花を飾りすぎたり、供え物を並べる事をよしとしない事に起因します。

御花料(お花料)の相場

費用

御花料として包む費用の相場は仏式のの香典と一緒です。
金額の目安は以下の通りです。

故人との関係性 御花料の相場
両親 5万〜10万円
兄弟姉妹/その配偶者 3万〜5万円
祖父母 1万〜3万円
叔父/叔母/いとこ/甥/姪 1万〜3万円
義理の両親 3万〜5万円
義理の祖父母 1万〜3万円
ご近所 3千〜1万円
会社関係者/友人 5千〜1万円
友人の両親 5千円

自身の気持ち次第で金額を上乗せすることは全く問題なく、それを併せて考えても明確な相場というのは存在しません。

御花料(お花料)の封筒

封筒 白無地

御花料を包む封筒は、キリスト教として相応しい不祝儀袋か白無地の封筒が一般的です。
キリスト教に相応しい不祝儀袋は、十字架や百合が書かれたものをさします。

これらには水引がついていません。
香典に用いられる蓮の花の不祝儀袋は、仏教のみで用いられる不祝儀袋のため、キリスト教の御花料では使用できないことに注意が必要です。

また、先ほど挙げた白無地の封筒とは、カトリックの不祝儀袋が用意できなかった場合に郵便用でない白い封筒で代用しても問題ないということです。

さらに、どうしても水引のあるものを使用するという場合には、黒白もしくは双銀の、結び切りもしくはあわじ結びの水引を選択します。

御花料(お花料)の書き方

キリスト 香典

封筒が用意できたら、薄墨の筆や筆ペンなどを用いて表書きと裏書きを記入します。
キリスト教とひとことに言っても、カトリックとプロテスタントという宗派ごとの考えの違いによって、香典袋の書き方が異なります。

キリスト教の葬儀に参列する際には、あらかじめ、どちらの宗派か確認しておくとスムーズでしょう。

表書き

「御花料」はカトリックとプロテスタントのどちらにおいても使用が可能な表書きです。
キリスト教ということは分かっているものの、カトリックかプロテスタントか分からない、といった場合には「御花料」としておくのが良いでしょう。

「御花料」の他に、プロテスタントの場合には「弔慰料」、カトリックの場合には「御ミサ料」というのが主流です。
また、カトリックの場合には「御霊前」という言い回しも使用できます。

上記の通りに、表書きを記入しその下に差出人をフルネームで記します。
連名で御花料を出す場合には、年配の人などの代表者の名前を中心に記入し、他の人をその左側に記入します。

3名以上で御花料を出す場合には、「◯◯一同」と記入し、全員の名前を記載した別紙を中袋の中に入れておきましょう。

裏書き

裏書きは仏式と同様です。

中袋が付いている場合には、外包みの裏書きは不要となりますが、中袋が付いていない場合は右下に縦書きで金額を、左下に縦書きで右から住所・氏名の順に記入します。

中袋の書き方

中袋の記入方法も、仏式と変わりません。
中袋の表側に縦書きで包んだ金額を、裏側の左下に縦書きで右から住所・氏名の順に記入します。

中袋に関しては、筆や筆ペンでなくボールペンで記入してもマナー違反にはなりません。
また、金額を書くときに用いる漢数字にも注意が必要で、仏教同様に大字と呼ばれる複雑な漢数字を用います。

御花料(お花料)の渡し方

渡す

キリスト教の場合、カトリックであってもプロテスタントであっても、いずれも儀式は教会で行われます。
教会の入り口には受付が設けられているため、その受付で御花料を渡します。

教会に設置される受付は、故人との関係性によって分けられていることが多くあります。
これは、故人との関係性によってお返しが異なることによるもので、場合によっては故人の意向で、この参列者にはこのお返しを、と決まっていることもあるようです。

そのため、受付は必ず決められたところで行います。
故人が生前に、自身の葬儀に参列してくれた人へのお返しを決めておくことは、キリスト教においては珍しいことではなく、キリスト教の死に対する考え方に基づくもののため、ありがたく頂くようにしましょう。

御花料とお花代の違い

違い

「御花料」と「お花代」はしばしば混同されることがありますが、根本から異なるものなので注意が必要です。
これまでにも述べた通り「御花料」とは、キリスト教における通夜や告別式、葬式の際に持参する、仏教においての香典と同意です。

対して「お花代」とは仏教で用いられる単語になります。
供花と呼ばれる、仏教における通夜や告別式、葬式にて供えられている沢山のお花の料金を参列者が後日支払う、という意味を持ちます。

「お花代」は仏教にて用いられるものの、香典と同意ではなく、香典とは別で用意するお金となります。
香典は、葬儀などでの遺族の出費の足しになるように、という意味を持ちますが、「お花代」は祭壇の横に飾るお花に限定した意味を持って贈ります。

一般的に、遠方で出席できなかった場合や、香典を辞退された場合、故人との関係性が深く香典では少なく感じる場合などに贈ることが多いです。

キリスト教式葬儀で御花料(お花料)を贈る

日本に生活している方にとっては、あまり馴染みがないであろう「御花料」ですが、今後キリスト教式葬儀に参列することがないとは言い切れません。
自身がキリスト教徒でなかったとしても、故人や遺族の方が大切にしている信仰をいい加減にはしたくないものです。

この記事を参考に、いざという時のために、キリスト教の葬儀にまつわる知識を深めてみてはいかがでしょうか。
カトリック式葬儀に関しては、こちらに詳しく記載してあります。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部