みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
インタビュー

【さまざまな供養のスタイルに寄り添う】株式会社キリフダ

新しい切り口で情報やサービスをお届けしている「株式会社キリフダ」。さまざまな供養のスタイルに寄り添えるよう、自宅納骨のサービス「ZAYU」が誕生しました。
この記事では、キリフダの会社概要とZAYUのサービス内容について紹介します。

【さまざまな供養のスタイルに寄り添う】株式会社キリフダ

株式会社キリフダのご紹介

キリフダ 社内

株式会社キリフダとは

「ここぞ、という場面で、これぞ、という仕事をする。」をモットーに掲げている、株式会社キリフダ。 社会に新しい切り口を提案する、さまざまな情報やサービスをお届け します。

サービスの一例をあげると、「ハナミズキ」は首都圏にある希望の霊園や墓地の情報を、地域や路線、キーワード別に探せるポータルサイトです。「Pridal」では写真撮影と身内だけの食事会をセットにした、手軽で新しいブライダルサービスを提案します。

「Pridal TIMES」では結婚や結婚式のトレンドをわかりやすく解説し、まさに今欲しい情報を発信しています。大切な人を想う気持ちに寄り添った情報サイト「SOBANI」では、終活や葬儀など、エンディングに関する情報をお届け。

また「ZAYU」は新しい供養のスタイル「自宅納骨」を提案しています。いつまでもそばにいてほしい、など、さまざなま供養のあり方に寄り添うサービスです。

豊沢様のご紹介

豊沢様(株式会社キリフダ)
豊沢様(株式会社キリフダ)

株式会社キリフダ代表取締役社長。

"新しいソリューションを「切り札=新しい切り口」としてお客様にお届けすることで、 企業とお客様の双方が幸せであることを目指して います。
人と人、企業とお客様のつながりを大切にし、お客様が過ごしている環境やそのときの状況に応じて、切り札となるベストなサービスをご提案します。"

ZAYUとは

ZAYUの自宅納骨

家族のあり方や価値観の大きな変化、それに伴う弔いスタイルの多様化という社会背景の中で、「本当に欲しい供養品があるだろうか」というのがZAYUプロジェクト開始の動機です。キリフダは、霊園や墓地に関する情報サイトや冠婚葬祭に関する情報サイトを長年運営する中で、近年特にこの10年で、従来型の墓地に対する需要が大きく変化していることに気づきます。

しかし、ふと冷静に市場を見てみると、提供されているサービスが多様化し、選択肢も大きく増えているとはいえ、企画・開発チームのメンバー自身が「欲しい」と思える供養品はあまり無いことに気づきました。同時に、選択肢の増えた市場の中で「生活者は混乱している」ことにも気づきました。

弔いは宗教や伝統的慣習に即して行われがちなものですが、冒頭に触れた「家族のあり方や価値観の大きな変化」を受け止めるだけの思想や考え方、弔いのあり方のビジョンが示されていないのです。市場調査や消費者調査も慎重に重ね、葬送の近現代史も研究し、開発メンバー全員で「死に方」「弔い方」とに向き合い議論を重ねて「私達の提案」である「自宅納骨」の考えを確立していきました。

ZAYUは、洗練されたデザインに囲まれて生活している人々の審美眼に適うものを作る、つまり骨壺の見た目の解決をすることと、弔いの方法の新しいコンセプト「自宅納骨」を伝えていくことで、供養に関する不安や悩みを少しでも解決すること、この2つを理念に成立しています。

ミニ骨壺に込めた想い

自宅納骨を可能にするZAYUのミニ骨壺。商品に込められた想いや商品の特徴を紹介します。

①異素材の組み合わせ

ZAYUの骨壺はすべてシンプルな形ですが、シンプルだからこそ、寸分の狂いも許されない形でもあります。ズレの出ないよう1つ1つ丁寧にサイズをあわせています。

外壺は、木材である上蓋部分と真鍮の容器部分とを組み合わせて使うのですが、木材と金属という異素材の組み合わせというのが最も難しいところです。気温や湿度などの条件で木材も真鍮も伸縮するのですが、同じ気温・湿度でも、木材と真鍮は異なる伸縮度合いを示します。

サイズをピッタリ合わせるためには、全体の指揮を執るプロダクトデザイナー、木材の切削の職人、漆塗りの職人、真鍮の切削の職人、真鍮の着色加工の職人がそれぞれの経験と知識・技術を動員しつつコミュニケーションをはかって調整するという非常に骨の折れる過程を経ているのです。

②三層構造

  • ⼤切な故⼈への畏敬の念
  • 故⼈が⽣前愛していた地へ共に旅できるように
  • ⽕葬場で直接分⾻しやすいように

このような想いから、ご遺骨を入れる一番内側の木製容器、専用の巾着袋、そして外側容器、という手順で納める三層構造にしました。しっかり包んでいるので、万が一落下してもこぼれる心配がありません。

木製の内壺は、専用の巾着袋に内側の木製容器を入れた状態で携帯できるようになっています。故人と共にどこへでも出かけられる仕様です。

③日本の風土と技

日本の伝統技術による国内加工にこだわって製造しています。それにより、ミニ骨壺は工芸品としても美しい形に。

日本の自然・風土を感じるぬくもりを大切にデザインしています。

ミニ骨壺「YUKI」

YUKIは、六角形のミニ骨壺です。

YUKIのおすすめ商品【YUKI 総漆+青】

キリフダYUKI

商品説明

価格:156,200円(税込)
サイズ:約108×約53×約53mm
重さ:約460g

雪の結晶をイメージし、六角形をモチーフにして作りました。 手に取るとスッと手になじむ形とサイズ感が魅力 です。シンプルな形ですが、見る方向を変えるとさまざまな表情を見せてくれます。

ケース上部は木製で、漆を塗り重ねることで耐久性を高め、深い色合いと美しいツヤを出しながらも木の表情もしっかり感じられる仕上がりです。ケース下部は真鍮製で、青い色は明るい海を思わせます。

お仏壇はもちろん、リビングや寝室など生活する空間に置いていても違和感がありません。日々の生活にそっと寄り添い、慎ましくも華のあるデザインが特徴です。

ミニ骨壺「MADOKA」

MADOKAは、円形のミニ骨壺です。

MADOKAのおすすめ商品【MADOKA 総漆+銀斑】

キリフダ  MADOKA

商品説明

価格:139,700円(税込)
サイズ:約104×約52×約52mm
重さ:約450g

丸みのあるデザインは、穏やかでかわいらしい佇まいが魅力。柔らかい雰囲気で、見ているだけでぬくもりを感じさせてくれます。ご遺骨をやさしく包み込み、どの空間に置いてもしっくりとくるデザインが特徴です。

ケース上部は木製になっており、漆を塗り重ねることで独特の深みとツヤを出すことに成功。 ケース下部は本物の銀を使って表面加工し、高級感と渋みを増したデザイン になっています。

ミニ骨壺「YOMO」

YOMOは、四角形のミニ骨壺です。

YOMOのおすすめ商品【YOMO SS+緑】

キリフダ YOMO

商品説明

価格:123,200円(税込)
サイズ:約100×約49×約49mm
重さ:約610g

シャープな印象のある四角形のデザインは、骨壺としては珍しいデザインです。非常にシンプルなので、インテリアを選ばずにどのお部屋にもよくマッチします。

ケース上部の木製部分は、サンディングシーラー(SS)で仕上げられています。この加工をすることで、 木が持つ本来の明るい質感や輝きを表現しつつ、耐久性を上げることも可能。 木のぬくもりを感じられるアイテムです。

ケース下部の金属部分は柔らかい印象の緑。山や草など、自然の息吹を感じさせる色合いです。サンディングシーラーで仕上げをした上部との相性は抜群です。

お問い合わせ方法

ご興味を持たれた方はこちらからお問い合わせください。

▼『ZAYU』オンラインストア
https://www.zayu.jp/

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部