みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

【図解解説】一周忌の香典袋の選び方!表書きや中袋の書き方、マナーも

故人の方が亡くなった翌年の命日かその前付近では一周忌法要が行われます。
遺族の方にとっては年月とともに心の整理をつけ、一周忌法要を気持ちの一区切りとする方も多いです。

法要に参加する人々は香典を持参しなければなりません。
実際に一周忌法要に参加した人はどのくらいの金額の香典を包んでいるのか100人以上にアンケート実施しました。
また、本記事では一周忌の香典袋の選び方として、表書きや中袋の書き方、金額、その他マナーについて解説していきます。

【図解解説】一周忌の香典袋の選び方!表書きや中袋の書き方、マナーも

一周忌とは

法要

故人が亡くなってから、1年後の命日またはその前に行われるのが、一周忌法要です。
一周忌の法要には、遺族や親族だけでなく、故人と親しかった人も参列します。
一周忌に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

【100名にアンケート】一周忌の香典の金額相場

一周忌のに包む香典の金額を100人以上にアンケート

一周忌法要に参列する場合、いくら香典を包めばいいのかわからないという方も多くいると思います。
そこで、みん終編集部が113人にアンケートを実施しました。

以下がその結果になります。
親戚の一周忌法要(法事)に参列する時、香典にはいくら包みますか? アンケート

5000~10000円が41%と一番多い結果となりました。

香典の金額は年齢などによっても異なります。
これから詳しく説明していきます。

お金

香典に包むお札の金額は故人の方との関係が深い程、親等の数が小さい方程、高くなるのが一般的です。
法要後に会食があるときは、その分も考慮して香典の金額を多めに支払いましょう。

故人の方の関係性と一周忌の香典の金額の対応の概要について表に示します。

関係性 相場
夫婦 20,000円〜50,000円
10,000円〜30,000円
30,000円~100,000円
兄弟姉妹 30,000円~50,000円
親族 10,000円〜30,000円
友人 5,000円~10,000円

贈る側の年齢が高い程金額は多めにする

概要は上の表に述べましたが、贈る側の年齢が高い程香典の金額も高額となります。

一周忌以降の法要は近しい親族・親しい友人の方のみを招くのが普通です。二つのケースと香典を出す側の年齢、香典の金額の対応について説明します。

故人と親族関係にあった時の一周忌法要の香典の金額相場

出す側の年齢 相場
20代 5,000円~10,000円
30代 50,000円~10,0000円

故人と友人関係の際に出す一周忌法要の香典の金額相場

出す側の年齢 相場
20代 3,000円~5,000円
30代 10,000円~50,000円

学生が一周忌法要の香典を贈るときの金額

原則、香典を出すのは大人のみです。

ゆえに、未成年が香典を出すことはありませんが、香典を出す場合、金額は3,000円程度、少量で構いません。
子供の親が肩代わりする事例もあります。

四十九日法要の香典の金額

仏教では命日から七日を区切りとし、「忌日」と呼びます。
四十九日法要は忌日法要の中でも主要行事にあたります。

故人の関係性と金額についての対応は一周忌法要とあまり変わりません。

しかし、故人や遺族の方たちと深い関わりがなければ、一周忌法要で親族以外の人間が参加することはありません。
知人や隣近所、仲人の方などが参加するのが四十九日法要に特有だといえます。

金額相場は以下に記します。

関係性 相場
友人・知人 3,000円~10,000円
隣近所 2,000円~10,000円
仲人 2,000円~10,000円

故人方に特にお世話になった、親しい関係性だった、という場合は相場内でも高めの金額を払うようにしましょう。

四十九日の香典に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

【図解】一周忌の香典袋の選び方

香典袋 種類 表書きなし

一周忌法要に持参する香典袋の選び方は一周忌法要の宗教が何かで変わっていきます。
しかし、どの宗教だとしても、そもそも一周忌法要が弔事であることから 香典袋の水引の形は結び切り でなくてはなりません。

宗教ごとの香典袋の違いといえば表書きを連想する方々もいますが、香典袋の種類も一周忌法要の宗教の形態で違ってきます。

本記事では一周忌法要がどの宗教に沿って行われるのか、

  • 仏式
  • キリスト式
  • 神式

の三つの場合に応じ、香典袋の選ぶ際の注意を記していきます。
香典袋に表書きが予め記されている場合は、表書きにも注意して選ぶようにしてください。

仏式の一周忌法要に持参する香典袋

香典袋 仏教 表書きなし

仏式の一周忌法要の際に持参すべき香典袋の特徴を以下の表に示していきます。

事項 対応物
絵柄等 白無地・蓮の花
水引の色 白黒・双銀

なお、 蓮の花が描かれた香典袋は仏式以外では使用できません。

キリスト教式の一周忌の行事に参加する際に持参する香典

香典 袋 キリスト

本来キリスト教において、一周忌法要に該当する行事はありません。
しかし、日本では仏教等から受け継がれた慣習を踏まえ、翌年の命日にミサ等の故人の方を偲ぶ行事を行う事例も多いです。

その際、参加者は香典を持参します。
下の表にキリスト教の一周忌に伴う行事に持参する香典のポイントを示します。

事項 対応物
絵柄等 白無地・十字架・百合の花
水引 黒白・双銀

仏式の時と類似しますが、下のような百合の花が描かれた香典袋はキリスト教式のみ使用されます。

神式の一年祭で持参する香典袋

香典 双銀 表書きなし

命日から一年後の節目の式年祭が一年祭です。
神式に特有のものであり、仏教の一年法要にあたります。
一年祭での香典袋の主な概要は以下の表で解説していきます。

事項 対応物
絵柄等 白無地
水引の色 白黒・双銀

地域によっては黄白の水引が使われることも

香典 白 黄色

故人の方の命日から一年後の弔事に黄白の水引が備わった香典袋を持参する地域もあります。

黄白の水引の出始めにあたるのが、紅白の水引です。
皇族への献上品が主な用途でしたが、黒白の水引と見分けがつかなかったことから京都で使われたのが初めといわれています。

地域により風習が異なりますので、菩提寺や葬儀社に確認をとるようにしましょう。

【図解】一周忌の香典袋の中袋の書き方

中袋は書ける余白が狭いこともあり、文字が潰れないよう、細筆やペン、万年筆を用いて書きます。
香典は受付で渡し、受け取った遺族の方は香典返しに必要な情報を中袋から得てまとめていきます。

中袋に記載する情報は香典を贈る側の住所・氏名、そして包んだ金額 です。

縦書きの時、金額は普段使う小字ではなく、大字で書き記しましょう。
例)一万円→壱萬圓

下の表を参考にしてください。

小字 大字
捌, 捌

金額を横書きにする際は「金10,000円」等、アラビア数字で記載することもあります。

香典袋に中袋が含まれる時の必要情報の記載の仕方は二通りです。

  • 表側に金額、裏に住所と氏名
  • 裏に必要情報の全てを記載する(住所・金額・氏名)
香典 中袋 表書き 裏表

中袋が無い時の記載方法は?

外包みの中に中袋が存在する状態を、「不幸を積み重ねる」として忌み嫌い、中袋無しの香典袋を用いる地域もあります。

その場合、中袋に記載する情報を外包みの裏側の余白に書かなければなりません。
書く情報は、香典を贈る側の氏名・住所、金額です。

書く位置以外のルールは中袋があるときと同じようにしましょう。

【図解】一周忌の香典袋の表書きの書き方

法要

宗教の違いは香典袋の種類だけでなく、表書きにも存在します。
以下の表に主要な点はまとめました。

宗教形態 表書き
仏教 御仏前・御供物料
カトリック 御霊前・御ミサ料
プロテスタント 御霊前・御花料
神道 御神前・御霊前・御玉串料・御榊料

共通する言葉もありますが、宗教ごとに特有の表書きの言葉があることもわかります。

香典 宗教別 表書き

宗教ごとに香典袋の表書きで注意すべき箇所を以下に示します。

  • 「御ミサ料」はカトリックでのみ、「御花料」はプロテスタントでのみ使う。
  • 命日から49日経過した後なので、仏教の一周忌法要では「御霊前」を使用しない。

一周忌の香典袋の名前の書き方

香典

水引の結び目より下、香典袋の中央下段の余白部分には送る側の氏名を記載します。
香典袋を渡す側の人間が一人ならば、その方の氏名を記載すればよいです。

関係性がわかるよう、主な事例は以下の表で解説します。

送る側 氏名
夫婦 夫の氏名と、右下に「内」を: 注1
連名(3名以下) 右程立場が上の人となるよう連名で記載
連名(4名以上) 代表者を中央、左下に「他○名」と記載
会社 会社名(正式名称)を右、代表取締役の名を中央に
部署・団体 部署・団体名を右横、「○○一同」が中央: 注2

「夫婦」の場合はこちらの画像を参考にしてください。

香典 内

「 連名(3名以下)」の場合はこちらを参考にしてください。

香典 連盟

「会社」で送る際には、こちらの画像を参考にしてください。

香典 会社

注1:一周忌の香典袋を夫婦で贈るときの氏名

夫婦で香典を渡す場合、香典の氏名に妻の名前は書きません。
故人と夫婦通じて関わりがあった場合は例外にあたるときもあります。

しかし、一般的に夫婦両方の氏名が香典に書かれていることは、_夫婦が離婚、もしくは別居状態_であることを意味します。

注2:部署・団体等で一周忌の香典袋を贈るときの注意事項

部署・団体等で香典を贈る場合、贈る側の人間の数はかなりの多いです。
遺族の方が香典返しをする際に困らないよう_別紙に氏名・住所・金額を記入し_包むお金と共に香典袋の中にいれておきましょう。

一周忌の香典袋に関するマナー

null

先に、香典袋の選び方や中袋・表書き等の書き方について説明してきました。
この項目では一周忌の香典袋のその他の注意事項を解説します。

一周忌の香典袋、表書きに用いるのは薄墨?

表書きの位置は香典袋の中央部分、水引の結び目の上です。
一周忌の法要の香典袋の表書きの文字は筆書き、かつ濃い墨を使用します。

薄墨は「突然の出来事で、墨をする時間がとれなかった」という意味を担うため、葬儀の折に使われます。

一周忌に渡す香典で避けるべき金額

一周忌にとどまらず香典全体で言えることですが、大きな位が奇数となるよう金額は包みます。

偶数は「割り切れる」ことから、「故人の方との縁が切れる」として忌み言葉とされます。
同様に「苦」を連想することから、「九」も香典の金額では避けるようにしましょう。

なお、あくまで忌み言葉に対応するのは金額であり、枚数についての数の決まりはありません。

一周忌の香典では旧札を入れる

香典では_旧札を使用します_。
ですが、仏前に供えるためあまりに汚いお札はふさわしくありません。
新札を予め用意しておき、香典袋に入れる際に折り目を付けていれるのが最もよいでしょう。

お札の肖像画がある方が表です。
葬儀に渡す香典と違い、一周忌の香典は中袋から出したとき、肖像画がすぐに見えるような入れ方にするのが正解となります。

香典を知り、故人を穏やかに思い返す一周忌に

この記事では、一周忌法要に持参する香典を中心とし、袋の書き方、金額相場、金額の包み方、関連するマナー等について述べてきました。

一周忌法要は故人の方の存在をもう一度思い出とともに振り返る大切な行事となります。

亡くなってから一年経つと、訃報を聞いた直後は悲しみに満ちていたとしても、月日とともに心の整理がつき、故人の方へに抱く感情もまた違った趣を覚えてくるはずです。

故人の方と誰よりも寄り添っていた事を考えると、遺族の方の心境の変化と共に、一周忌に抱く思いが深い事も予想できるでしょう。

香典は法要に参加する人々の最低限の礼儀といえます。
遺族の方、故人の方に失礼とならないよう、香典に関する事柄をしっかりと踏まえた上で一周忌法要に臨んでいきましょう。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部