みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

【図解解説】一周忌の香典袋の選び方!表書きや中袋の書き方、マナーも

【図解解説】一周忌の香典袋の選び方!表書きや中袋の書き方、マナーも

故人の方が亡くなった翌年の命日かその前付近では一周忌法要が行われます。
遺族の方にとっては年月とともに心の整理をつけ、一周忌法要を気持ちの一区切りとする方も多いです。

法要に参加する人々は香典を持参しなければなりません。
実際に一周忌法要に参加した人はどのくらいの金額の香典を包んでいるのか100人以上にアンケート実施しました。
また、本記事では一周忌の香典袋の選び方として、表書きや中袋の書き方、金額、その他マナーについて解説していきます。

この記事で解決される疑問

  • 一周忌の香典袋は?

  • 一周忌の香典袋の表書きは?

  • 一周忌の香典の中袋の書き方は?

  • ❓ 一周忌の香典袋の金額はいくら包む?

    一般的には親戚の一周忌には5000円から3万円の金額を包むことが多いです。また、故人との関係によっても金額は大きく変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌の香典袋はどのような物を用いる?

    香典袋のデザインは宗教によって変わってきます。水引は結び切りを選ぶことが大切です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌の香典袋の表書きはどのように書く?

    香典袋の表書きも宗教によって適した書き方が変わります。しかし、仏教以外では御霊前と書くことも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌の香典袋の名前の書き方は?

    名前は1名の場合中央下段にフルネームで記載します。連名の場合は関係性によって書き方が変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部