みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

骨箱とは?費用や処分方法!おすすめの骨箱や風呂敷での包み方も

故人の遺骨を保管しておく骨壷を入れる骨箱は極めて大切なものです。骨箱は必ずしも購入しなければならないものではありませが、故人の遺骨を大切に保管するという点では考慮すべきものです。

しかし、最適な骨箱を選ぶ際にどんな点に注目すべきか疑問を持っている方も多いと思います。今回の記事では、骨箱に関する費用や処分方法、風呂敷での包み方を紹介していきたいと思います。

骨箱とは?費用や処分方法!おすすめの骨箱や風呂敷での包み方も

骨箱とは

骨箱とは、骨壷を入れて保管しておくための箱のことをいいます。
陶器製の骨壷には火葬した遺骨を入れ、木製の骨箱に骨壷を入れて保管します。

特定の地域では、陶器製の骨壷には遺骨を入れず、遺骨を布で包み込んだものを骨箱にそのまま入れるところもあるようです。
これは陶器製の骨壷の処分方法が困難である地域にみられる傾向です。

お墓に納骨をする際には、骨箱から骨壷を取り出すことが一般的です。

骨壷については以下の記事で取り上げています。

また、現在では多くの骨箱が販売されており、相場価格は2000円から15000円程度と非常にお手頃な価格となっています。

種類も豊富で、シンプルなデザインの骨箱からペルシア箱、キリスト箱、うらら箱などご自身の好みに合った骨箱が見つかるとよいでしょう。骨箱に骨壷カバーをかけるなどアレンジをする方もいるようです。

骨箱の費用

費用

骨箱の費用は、前述したようにおよそ2000円から15000円程度とお手頃な価格です。しかし、骨壷の種類や大きさ、形状、装飾によって価格は異なりますので、一概には価格を断定することはできません。

骨箱は、基本的に骨壷のサイズを基準として選びます。骨箱のサイズは3寸用から8寸用までが一般的なサイズとされていて、サイズが大きくなるにつれて価格が上がります。

骨箱の定番としては桐箱が使われます。桐箱は特に装飾をしていない場合が多いので、価格は他の骨壷と比べると比較的安価です。また、多くの人気を集めているヌキナシ箱は綺麗な装飾が施されていますが、価格もお手頃なため人気があります。

その他にもペルシア張箱や彩華箱など人気を集めるものは多くあります。骨箱は全体的に安価なので故人の好きだった色やデザインを選ぶのもよいでしょう。

骨箱の処分方法

納骨が終わった後には、骨壷を入れていた骨箱は必要なくなるので一般的には処分します。しかし、骨箱を処分することに気がひける方もいるのではないでしょうか?

故人の遺骨を保管していた骨箱を感謝を込めて処分できることが理想でしょう。ここではそんな骨箱の処分方法を詳しく説明していきたいと思います。

自力で処分

各々の自治体が設けているゴミの処分に関するルールやマナーに則ってご自身で廃棄処分をすることができます。骨箱は木製なので、可燃ごみとして廃棄します。

しかし、骨箱は綺麗なデザインが施されている場合があり、目立ちますので、ハンマーなどで壊して小さくしてから処分するのがよいでしょう。さらに、周囲の方々を配慮して小さく壊した骨箱を紙袋などで包んで処分する方がより丁寧でしょう。

もし骨箱を壊すことが困難な場合は、ゴミの回収日に業者の方に直接骨箱を処分したい旨を伝えるとよいでしょう。

専門業者に委託

故人の遺骨を入れていた骨箱を処分することに抵抗がある方もいると思います。その場合は、専門業者の方に処分を委託することができます。

専門業者は、市区町村が指定している廃棄物収集業者と直接契約を結んでいることがほとんどです。業者は、無料または少額で骨壷や骨箱をまとめて回収し、粉骨などの処理を終えた後に最終処分場へとしっかりと運んでくれます。

専門業者に骨箱の処分を依頼する際には、廃棄物収集業者と正規の契約がなされていることをきちんと確認しましょう。

お焚きあげ

お焚きあげは、位牌や骨壷、骨箱などの比較的に小さな遺品を処分する際に利用できます。大きな遺品や燃えない遺品は利用できませんので注意しましょう。

お焚きあげは、寺院などでお盆や年末に行われることが多いです。
年間で数回程度しか行われませんので、町の掲示板等でのお知らせを見逃さないように気をつけましょう。

骨箱の風呂敷での包み方

風呂敷

骨箱は自宅に保管しておく場合も納骨などの際に外に持ち出す場合も風呂敷などに包み込み、周囲への配慮をすることが大切です。外に持ち出す際には、周囲の方に見えない形で運びます。

保冷バッグ等に入れて外に持ち出す方もいるようですが、今回は骨箱を包むのに一般的に使われる風呂敷での包み方を紹介します。骨箱の風呂敷での包み方は、本骨箱と分骨箱で異なると言われていますので以下に本骨箱と分骨箱のそれぞれの包み方を説明します。

本骨箱

風呂敷を広げ、風呂敷の角が自分側からみた時に左右が前後ろになるように床に敷きます。その広げた風呂敷の中央に遺骨を入れた骨箱をのせます。

このとき、骨箱の真正面が自分の方に向いていることに注意します。その後、後ろ側の風呂敷の角を骨箱の前方に持ってきます。次に手前側の風呂敷の角を後方に持っていきます。

最後に、左右の布を骨箱の形に沿って丁寧に形を整えながら後方に持っていき、後ろ側で解けないように固く結びます。

分骨箱

本骨箱と同じような手順で風呂敷を広げ、風呂敷の角が自分側からみた時に左右が前後ろになるように床に敷きます。その広げた風呂敷の中央に遺骨を入れた骨箱をのせます。

前後の風呂敷の角を骨箱の上のあたりで結びます。結び目に風呂敷のあまりの布が出てしまう場合は、左右に垂らしておきます。

骨箱の蓋の前後のシワは左右に引っ張り、伸ばしておきます。風呂敷の左右の角を上方へ引き上げ、骨箱の上で綺麗に結びます。その際には、骨箱をのせてある面を底辺として、風呂敷の角が頂点となるような三角形を意識すると美しく包めます。

【コラム】ペットの骨箱

現在では、ペットも家族と同様に愛情いっぱいに育てられます。そんな愛情いっぱいに育てたペットが亡くなってしまった場合、大変ショックを受けることでしょう。

ペットも人間同様、亡くなってしまったら遺骨を供養してあげる必要があります。大切なペットとの思い出を遺しておくために遺骨を保管する骨箱は非常に大切です。

ここでは、ペットの骨箱に焦点を当てて紹介したいと思います。

ペットの骨箱 費用

ペットの骨箱の費用は人間の骨箱の費用とほとんど変わりはなく、およそ1,500円から15,000円程度です。しかし、骨壷の種類や大きさ、形状、装飾によって価格は異なります。

比較的に骨箱は高価なものではないので、大切なペットのイメージに合ったものを選ばれるとよいでしょう。

ペットの骨箱 種類

ペットの骨箱の種類も人間の骨箱と同様に、非常に豊富で、シンプルなデザインのものから桐箱を使用した骨箱もあります。また、骨箱にお花のイラストが書かれていたり、亡くなったペットの名前を入れることのできるメモリアルボックスなどといったものもあります。

桐箱を基調としたシンプルなものは非常に人気を集めていますが、エンジェルハート箱などといった可愛らしさ溢れる骨箱も選ばれる方が増えてきています。大切なペットのために素敵な骨箱を選ばれるのもよいでしょう。

おすすめの骨箱

近年では、さまざまなデザインや素材の骨壷が販売されていることに伴い、骨箱についてもさまざまなデザインや素材のものが販売されるようになりました。骨箱には多くの色や模様が施されています。

種類やデザインなどが豊富であるがゆえに骨箱を選ぶ際に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?ここでは、おすすめの骨箱を紹介したいと思います。

骨箱には木製の箱を装飾したものと装飾してない桐箱をそのまま使用する2種類があります。一般的には装飾されている骨箱のほうが人気が高く、華やかなためおすすめです。

また、骨箱は洋風のデザインよりも和風のデザインのほうが人気は高いといえますが、それは信仰する宗派などの影響があるため、それぞれの好みによるといえます。。形状としては、正方形のものは複雑な形状のものと比べると場所を取ることなく保管しやすい点から人気があると考えられます。

しかし、骨箱には種類やデザイン、形状など異なっていますので、ご自身の好みや故人が好きだったものを思い返して最適な骨壷を選ばれるのが一番よいでしょう。

骨箱を選ぶ

今回の記事では、

  • 骨箱とは
  • 骨箱の費用
  • 骨箱の処分方法
  • 骨箱の風呂敷での包み方
  • 【コラム】ペットの骨箱
  • おすすめの骨箱

の順番で詳しく説明してきました。骨箱は必ず購入するべきものではありませんが、故人の遺骨を入れる骨箱は極めて大切なものです。しかし、骨箱を選ぶなどという機会は非日常的なので非常に難しく感じる方もいるでしょう。

無難な骨箱を選ぶのもよいでしょうし、故人との思い出や故人のエピソードを思い返して故人のイメージに合った骨箱を選ぶのもよいと思います。また、ご遺族様のご希望やご要望にあった骨箱を選らばれるのもよいでしょう。

いずれにしても、故人をしっかりと供養できるような素敵な骨箱を選ばれるのが理想です。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部