みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

しきび・しきみとは?お墓参りで使われる理由!造花や板きしみも

しきび・しきみとは?お墓参りで使われる理由!造花や板きしみも

お葬式やお墓参りなどで用いる供花として、しきみという植物をご存知でしょうか。
この植物は供花の中でも、他のものとは少し異なり、花ではなく葉を用いる供花の1つです。

こちらではそんなしきみに関して、用いられる理由や他の植物との違いなど、詳しく解説していきます。

この記事の結論

  • しきびはしきみとも呼ばれるマツブサ科の常緑樹で、葬儀や墓参りの時によく使われます。

  • 仏教ではしきび、神道では榊が使われます。ただし宗派によっては仏教でも榊を使うこともあります。

  • ❓ しきび・しきみとは?

    お墓の前や仏壇前に供えられる植物の事を指します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ なぜしきび・しきみはお墓で用いられるのか?

    主な理由としては、お香としての機能の他に、動物除け、虫よけ、お清め等が挙げられます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ しきび・しきみと榊(サカキ)の違いは?

    双方葬儀に用いられますが、しきび・しきみが仏式の物に関して使用される一方、榊(サカキ)は神道の行事に関して使用されます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 板しきみとは?

    葬儀で使用されるしきみが大型の物であることから、スペースを考慮し、代わりとして一定金額を払い、用意された板に依頼した方の名前を記して飾られた物です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部