みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

神道(神式)の香典の相場金額は?香典袋の書き方や渡し方のマナーも

皆さんは、神道をご存知ですか?
神道とは仏教より前から日本に存在する宗教ですが、あまり馴染みがないという人も少なくないと思います。

ここでは、そんな神道の神式葬儀での香典について紹介しています。

神道(神式)の香典の相場金額は?香典袋の書き方や渡し方のマナーも

神道(神式)の葬儀と香典

神式の葬儀

神道とは、遥か昔から日本に伝わる宗教の1つで、その歴史は仏教よりも古くなっています。

神道では、特定の神様を信仰しない「八百万の神」を代表するように、 自然に存在している万物に神が宿る アニミズムと呼ばれる考え方に大きな側面を持っています。

それに伴って、神式の葬儀ではいくつか仏式のそれとは異なる点が存在します。

仏式の葬儀は、亡くなった人を極楽浄土へ送ることを目的としており、故人は仏様の元にて安らかに暮らすとされています。

それに対し、 祖先崇拝 の考えを持つ神式の葬儀では、 故人を家に留めて守護神とする ことを目的としています。

さらに、仏式の葬儀は一般的にお寺で行われることが多いですが、神式の葬儀が神社で行われることはありません。

神道において 死は穢れである とされているため、神社のような神の聖域へ穢れを持ち込むことは以ての外であるからです。

神式の香典

また、神式の葬儀における香典の扱いも、仏式とは異なります。

正式には、「香典」という呼び方は仏式のものであり、神式の場合には「 玉串料 」と呼ばれます。

そもそも「 玉串 」とは、神社での神事の際に神職や参列者の方が祭壇に捧げるお供え物の1つで、榊などの常緑樹に紙垂(しで)や木綿(ゆう)と呼ばれる紙の飾りをつけたものをさします。

しかし、時代とともに一般の参列者が玉串を用意してお供えすることは難しくなり、神社の方で用意されるようになりました。

そうして、玉串を用意して頂くのにかかった金額と、神事に対する謝礼金とを金銭として奉納するようになったのが「 玉串料 」です。

神道(神式)の香典の金額相場

玉串料

神式の香典の金額相場には、 故人との関係性贈り主の年齢 が影響してきます。

ここでは、故人との関係性と贈り主の年齢別の金額相場を紹介していきます。

故人が両親

両親がなくなった場合には、仏教と同様に喪主以外の子供は香典を出します。

また、この金額は義理の両親であっても変わりません。

贈り主の年齢 金額相場
20代 3万〜10万円
30代 5万〜10万円
40代 5万〜10万円

故人が祖父母

孫が複数いる場合には、それぞれがお金を出し合って1つの香典としてまとめるという方法もあります。

贈り主の年齢 金額相場
20代 1万円
30代 1万〜3万円
40代 3万〜5万円

故人が兄弟/姉妹

兄弟や姉妹が亡くなった際の香典の金額相場は、両親が亡くなった場合に次いで高い金額になっています。

また、兄弟姉妹が亡くなったタイミングが、同じ家で一緒に暮らしている時であっても、結婚して家を出た後でも、金額は同じです。

こちらも両親の場合と同様、義理の兄弟や姉妹が亡くなった場合にも、金額に変わりはありません。

贈り主の年齢 金額相場
20代 3万〜5万円
30代 5万円
40代 5万円

故人が子供

自分の子供が亡くなった場合、子供が結婚をして別世帯となっている状況では、香典を出す必要があります。

その場合の金額相場は故人が両親の場合と同程度で、 5万円〜10万円程度 です。

故人が子供の同級生

亡くなったのが、親戚の子供の場合、親しかったのであれば 5千〜2万円程度 、交流がほとんど無ければ 5千円程度 です。

亡くなったのが、自分の子供の同級生の場合は以下の通りです。

贈り主の年齢 金額相場
20代 3千〜5千円
30代 3千〜5千円
40代 3千〜1万円

故人が友人/知人

友人・知人の場合の金額相場は、血縁者よりも低くなります。

友人であれ知人であれ、生前の関係性が挨拶を交わす程度で積極的な交流は持っていなかったという場合には、金額相場よりも低くても問題ありません。

周囲に似たような関係性の人がいれば、同程度の金額を包むのが無難でしょう。

贈り主の年齢 金額相場
20代 5千円
30代 5千〜1万円
40代 5千〜1万円

神道(神式)の香典袋と水引

のし

神式の葬儀の香典袋には、 双白 もしくは 双銀 の水引きを使います。

万が一、参列する葬儀が神道か確信が持てないという場合には、白黒の水引を選びましょう。

また、水引の結び方は基本的には 結び切り のものを選択し、なければ あわび結び でも構いません。

これらはどちらも簡単に解けない結び方で、不幸が何度も繰り返されないようにとの意味が込められています。

また、蓮の花の絵が入った香典袋や、百合の花の絵が入った香典袋は、順に仏教専用、キリスト教専用、となっているため、神式の葬儀における香典で用いることはマナー違反となります。

神道(神式)の香典袋の書き方

神式の香典の表書き

神式の葬儀の香典において使用される表書きは「 御玉串料 」「 御神前 」「 御榊料 」「 御霊前 」 が一般的となっています。

神式の香典の表書きの下段

神式の葬儀の香典の表書きの下段には 贈り主の名前フルネーム縦書き で記載します。

複数名で香典を出す場合の書き方は、仏式と同様で、2〜3名のケースでは中央に並べて記載し、4名以上のケースでは中央に代表者の名前を、その左下へ「他一同」などと添えます。

職場の人と共同で香典を出す場合には、部署名に「一同」とつけて書き、その右側に会社名を添えます。

また、「一同」などの省略した形で記載した場合には、香典を出し合った全員の名前と住所を箇条書きで載せた別紙を用意し、中袋へ入れておくようにします。

神式の香典の中袋の書き方

中袋がついている場合

中袋の表側に、包んだ金額を縦書きで記載します。

その際の注意点としては、普段用いる漢数字ではなく、 大字 と言われる普段使われるものよりも難しい漢字を用いるということです。

普段使われる漢字の「一」や「二」では、後で線を書き足すだけで別の数字になってしまう恐れがあることから、大字が使われています。

香典でよく用いられる金額の、大字は以下の通りです。

普通の漢字 大字
三千円 参阡円、参仟円、参阡圓、参仟圓
五千円 伍阡円、伍仟円、伍阡圓、伍仟圓
一万円 壱萬円、壱萬圓
三万円 参萬円、参萬圓
五万円 伍萬円、伍萬圓
十万円 壱拾萬円、壱拾萬圓

さらに、 住所氏名 の2点を中袋の裏側左下へ、右から住所・氏名の順に縦書きで記載します。

中袋がついていない

中袋がついていないケースでは、上記に示したような本来中袋に書くべき内容を外包みへ記載します。

外包みの 裏側右上金額 を大字で縦書きで記入し、 裏側左下 へ右から 住所氏名 の順に、こちらも縦書きで記入します。

神道(神式)の香典の渡し方のマナー

マナー

神式の葬儀での香典の渡し方は、受付があるかどうかで若干異なってきます。

受付がある場合には、先に香典を渡し、そのあとに記帳を行います。

渡す際には、「この度はご愁傷さまです」などの お悔やみの言葉 を述べながら、 両手で 香典を持ち相手に差し出します。

ここでの注意点は、くれぐれも 重ね言葉生死をイメージさせる言葉 を用いないことです。

受付がない場合には、直接遺族に渡すか、御霊前へお供えします。

後者の場合の香典の向きは、自分が表書きを読める向きで置きます。

神道(神式)の香典に香典返しは必要?

「香典」が仏式の呼称であったように、「香典返し」も仏式に由来するしきたりです。

しかし、現代では、香典返し自体が日本の慣習として根付いてきていることから、神式の葬儀においても香典返し同様の返礼品を贈るようになっています。

冒頭でも紹介した通り、神式の葬儀において、仏式の「香典」にあたるのが、「玉串料」であるため、厳密には「香典返し」と呼ぶよりは、「玉串料の返礼品」と呼ぶのが正しいでしょう。

しかし、意味合いは「香典返し」と同様である上、返礼品をお渡しする相手が進行している宗教も様々であるため、一般的に「香典返し」と呼ぶことに問題はありません。

神式の葬儀でも焦らず

神式の葬儀における香典には、仏式と異なる点がいくつかあります。

日頃から馴染みのあるものではありませんが、いざ神式の葬儀に参列する、という時に悩んでしまっては、故人や遺族の方々に対して申し訳が立ちません。

ぜひ、この記事を参考に、みなさんの神式葬儀の香典についての知識が深まることを祈っています。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部