みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

墓じまいの代行にかかる費用相場・内訳!おすすめの業者も紹介

皆さんは墓じまいについて考えたことがありますか?
墓じまいは、現代社会において多くの人がぶつかる問題となっています。

ここではそんな墓じまいの代行について、費用やその内訳、オススメの業者などを紹介しています。

墓じまいの代行にかかる費用相場・内訳!おすすめの業者も紹介

子供達への負担を少なくしたい!墓じまいの流れ

墓じまい 流れ

墓じまいを決めた際の、大まかな流れは以下の通りです。

  1. 相続人や親族への報告
  2. その後の供養方法の検討
  3. 墓地管理者への報告
  4. 石材店の決定
  5. 遺骨の移転先の準備
  6. 証明書・許可書の発行
  7. 閉眼供養
  8. 墓の撤去
  9. 遺骨の処理

相続人や親族への報告

墓じまいをする際には、 墓じまいを行う旨を相続人や親族に報告する 必要があります。

近年では、あまり珍しくなくなってきている墓じまいも、 先祖代々の遺骨が入ったお墓を閉じる行為 と考えれば、抵抗を感じる人がいることも容易に想像できます。

何か明確な理由から墓じまいを決めたとしても、 その理由をきちんと伝え 、墓じまいの前準備として 親族からの同意を得る ことは欠かさないようにしましょう。

その後の供養方法の検討

墓じまいを行えば、 そのお墓に納めていた遺骨を移動 させなくてはなりません。

あとあとになって焦ることのないよう、 あらかじめ墓じまい後の遺骨の供養方法について検討しておく ことが必要です。

墓じまい後の供養方法として良く選択されているのが以下の4つです。

  • 新しい墓への改葬
  • 永代供養
  • 散骨
  • 手元供養
新しいお墓・永代供養施設を探す

墓地管理者への報告

これまでお墓を管理してくれていた寺院や霊園 へ報告します。
墓じまいの際に行うべきことなどが決まっている場合もあるので、 お墓の管理者からの話は良く聞いておくようにしましょう

また、お墓が寺院にある場合などは、 墓じまい後も檀家を続けるか などの問題も生じるため、様々なことを曖昧にせず、 しっかりと話し合っておく ことをオススメします。

また、 菩提寺 で墓じまいをする際には、 離檀料としてのお布施を払う などの配慮を欠かさないようにしましょう。

石材店の決定

お墓

このタイミングで、 お墓の撤去を依頼する石材店 を決定します。

お墓は、寺院や霊園、自治体などに お金を払って借りた土地 に建てられています。

そのため、墓じまいをした際には、借りていた土地を 元どおりの更地に戻して返さなくてはいけません

寺院や霊園側から石材店の指定がない場合には、 複数の石材店 で見積もりを出してもらい、 比較検討 するようにしましょう。

遺骨の移転先の準備

前項で決定した、供養方法に沿って必要な手続きを踏んでいきます。

新しくお墓を建てる場合には 暮石の準備 を、 永代供養 をする場合には、集合墓や合祀墓、納骨堂や樹木葬など、 様々ある永代供養墓の中から更に選択 し、申請を行います。

散骨 をする場合には、 遺骨をパウダー状に粉骨するための代行業者 などを探しておくと後々スムーズですし、 手元供養 を行う場合には、遺骨が自宅に来た際に暫くそのまま放置しておくことにならないよう、 仏具 などを揃えておくと良いかもしれません。

証明書・許可書の発行

紙とペン

墓じまい後の供養方法として 改葬 を選択する場合には、 必要な書類の準備 を進めていく必要があります。

まず初めに、改葬先の墓地管理者から 「受け入れ証明書」 を発行してもらい、続いて改葬元の墓地管理者から 「埋葬証明書」 を発行してもらいます。

その2つを揃えた状態で、 改葬の許可申請 を行います。

改葬元のお墓がある市区町村にて、 「改葬許可申請書」 を受け取ります。

これで改葬における必要書類の準備は完了です。

以下の記事では、改葬許可証について紹介しています。

閉眼供養

墓じまいの際に最も重要なのが、 閉眼供養 です。

お墓には魂が宿る と言われており、その魂を 一時的にそのお墓から抜く ために閉眼供養を行います。
遺骨の取り出しは 石材店 へ依頼します。

こちらの記事では、閉眼供養について詳しく解説しています。

墓の撤去

お墓全体

お墓の建ててあった土地を更地に戻すべく、お墓や供養塔、カロート、外柵など 全てを撤去 します。

作業は、あらかじめ依頼していた石材店が行ってくれますが、 土地を返す前の最終チェック は自身でも行うようにしましょう。

この工程に不備があると、後々隣接しているお墓の持ち主などからクレームが入るなどのトラブルになりかねません。

きちんと整地されているかの確認 は怠らないようにしましょう。

遺骨の処理

長い間お墓に納められていた骨壷には、 水や土などが溜まってしまっているケース も少なくありません。

そのような場合には、新たに供養する前に、一度 遺骨の洗浄 を行うのが良いでしょう。

遺骨の洗浄は自身で行うことも可能ですが、 かなり繊細な作業が求められる ため、不安な方は 代行サービス などの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

墓じまい代行にかかる費用相場

費用

先ほど紹介した通り、墓じまいの際には、やらなくてはならないことが沢山あり、精神的負担も肉体的負担も大きくなってきます。

そこで近年人気を集めているのが、 墓じまい代行サービス です。

ここからは、代行を依頼する際に最も気になるであろう 費用 について紹介していきます。

一般的に、 自身で墓じまいを行う 際の費用相場は 50万〜100万円程度 と、かなり高額になっています。

墓じまいの費用には不明瞭な項目が多々あり、それが重なって大きな金額となってしまうようです。

対して、 代行サービス を用いた墓じまいの費用相場はおおよそ 30万円程度から 、と自身で行うよりも大幅に費用を抑えることが可能です。

もちろん、代行内容や墓じまい後の供養方法などによっても金額は前後しますが、自身で行う際にトラブルに発展しがちな離壇料やお布施の金額についても、 業者を挟むことで安く抑えられること は大きな利点と言えるでしょう。

墓じまい代行にかかる費用の内訳

お墓

墓じまい代行の際にかかる費用の内訳は大まかに以下の通りです。

  • お墓の撤去費用
  • お坊さんへの費用
  • 移転先への費用

お墓の撤去費用

墓じまいにおける、 元のお墓を撤去する工程にかかる費用 です。

墓じまい代行業者では、 区画の広さ によって値段が決まるケースが多く、 1平方メートルあたり5万〜10万 といった価格設定が最も一般的となっています。

業者ごとに設定されている基準に則って、 自身のお墓の区画の広さ から値段が決定します。

しかし、 重機が入りにくい立地 では 追加料金 が発生することもあるようなので、よく確認しておくようにしましょう。

さらに注意が必要なのが、見積もりの際に提示された金額の中に、 暮石の処分 が含まれているかどうかです。

お墓の撤去工事の内容が 解体撤去と整地のみ の場合には、 自身で暮石を処分する必要性 が出てきます。

対して、 移転先へ暮石を持ち込む 場合には、そのぶん費用が安くなります。

区画の広さによって前後はするものの、この項目における費用の目安は 20万円程度 です。

お坊さんへの費用

null

お坊さんへ支払う費用は、以下の2つです。

  • 閉眼供養のお布施
  • 離壇料

閉眼供養のお布施

墓じまいにおいて欠かせない閉眼供養ですが、これを行う際には 寺院のお坊さんへ法要を依頼 することになります。

その際に 感謝の気持ちとしてお渡しする金銭 のことを お布施 と呼び、閉眼供養の際にお渡しするお布施の金額相場は 2万〜5万円 となっています。

しかし、閉眼供養を依頼した お坊さんとの付き合いが長い 場合などには、 10万円前後 包むというケースもあるようです。

また、お墓までの移動距離が遠い場合や、法要後の会食がある場合には、 お車代やお膳料 を一緒にお渡しすることもあります。

離壇料

離壇料とは、 その寺院の檀家をやめる際に、これまでのお礼の意味合いを持ってお渡しする金銭 のことです。

離壇料として支払う金額相場は 10万〜20万円前後 となっていますが、寺院や地域によっては決まりが存在するため、その場合には慣習に従った額を包むようにしましょう。

離壇料に関しては、 その金額を巡って裁判に発展した というケースも存在します。

トラブルを避けるという意味でも、寺院に対しての 離壇する理由などの丁寧な説明 は欠かさず、その上で離壇料を聞くようにしましょう。

また、それでも不安という場合には 弁護士や行政書士代行や同行 をお願いすると、スムーズに話がまとまるでしょう。

離檀料に関しては、以下の記事も見てみてください。

移転先への費用

これは 墓じまいの後の供養方法ごと に異なってきます。

大体の費用相場は以下の通りです。

供養方法 費用相場
改葬 30万〜50万円前後
永代供養 合祀墓 10万円前後 ・集合墓 20万円前後 ・単独墓 約40万〜50万円
散骨 チャーター 約20万〜30万円 ・合同 10万円前後 ・委託代行 2万〜8万円前後
手元供養 0〜3万円前後
別の霊園の一般墓 100〜200万円前後

墓じまい代行のサービス内容

お墓掃除 代行サービスとは

墓じまいの代行を業者に頼む前に、 どのようなサービスを提供してくれるのか 、その内容をしっかりと把握しておきましょう。

墓じまいを代行してくれる業者のサービス内容は、以下の4つとなります。

  • 霊園との交渉
  • 改葬許可申請
  • お墓の撤去や解体
  • 遺骨の移動・取り出し・預かり

霊園との交渉

代行業者は、 もともと利用していた霊園や改葬先の霊園との交渉 を代わりに行ってくれます。

墓じまいをする際には、 新旧の霊園 に行って墓じまいの交渉をすることが必須となってきます。

霊園へ行く手間を省きたい という方や、 霊園の管理者の方との交渉に不安を感じている 方には最適なサービスです。

改葬許可申請

改葬をするには、改葬元のお墓がある市区町村の自治体にて 改葬許可の申請 をして、 改葬許可証 を発行してもらわなければなりません。

必要な書類を揃えての手続き となるので、書類が足りず、なかなか申請が通らないこともあります。
改葬許可申請を代行業者にお願いすれば、 必要な書類をすぐに用意 することができ、 スムーズに申請 することができます。

お墓の撤去や解体

墓誌

お墓の撤去や解体は、 借りた土地を更地に戻して返す ために必要なことです。

お墓の撤去や解体は 石材店 によって行ってもらえますが、 どの石材店に頼めば良いか 、比較して決めるには時間がかかります。

代行業者は、 より良い石材店を紹介してくれる ので、迷うことなくスムーズに石材店との手続きをすることができます。

遺骨の移動・取り出し・預かり

墓じまいの際の 遺骨の取り出しや移動 も代行業者によって行ってもらえます。

また、遺骨を改葬先に移動するまでの期間、 代行業者によって遺骨を預かってもらう ことも可能です。

多くの手間を省くことができるので、非常におすすめです。

墓じまい代行のメリット

書類

墓じまい代行のメリットはたくさんあります。

まず、 手間のかかる手続きをお願いできる ので楽に手続きが進むことです。
煩雑な手続きを間違って進めてしまう可能性がないので、非常に安心です。

寺院墓地を利用していた場合は、 離壇料などの交渉も代行してもらえる ので、交渉に対して悩まずに済みます。

どの交渉においても、 第三者によって交渉してもらえる ので、感情的になって関係が悪化することもありません。

墓じまい代行のデメリット

費用

墓じまい代行には、メリットだけでなくデメリットもあります。

実費以外に費用がかかる可能性も

先ほど、代行サービスを利用した方が費用を抑えることができると言いましたが、 実費にプラスして費用がかかることもある ので、金額が高くなってしまうことがあります。

墓地の広さ・立地や新旧の霊園の距離などに応じて費用が変動する ことがあるので、基本料金しか確認していない場合、かかる費用が異なってしまい痛い目を見る可能性があります。
しっかりと 見積もり を出してもらってから、お願いするか決めるようにしましょう。

悪質な代行業者も

代行業者の中には 行政書士の資格を持っていない状態で代行を行う悪質な業者 もあります。
そのような行為は 違法 とされています。

安全な代行業者を見定めて 代行をお願いするようにしましょう。

墓じまいの代行業者①美匠

特徴

美匠での墓じまいでは、 "ご家族の思いを大切に" という思いから、墓じまいした暮石を、 永代供養安置所にて一定期間再供養 したのちに リサイクル処分 を行っています。

また、希望をすれば、墓じまいで引き取った暮石を用いて メモリアルプレート を製作してくれるなど、 お客さんに寄り添った墓じまいを代行してくれる のが特徴です。

料金

美匠の墓じまいの料金設定は、他社のような区画の広さによるものではなく、 トラック別の基本料金と交通費の合算 となっています。

トラック別基本料金

トラック 費用
2t車 50,000円
3t車 65,000円
4t車 75,000円

交通費

都道府県 費用
茨城県 15,000~25,000円
千葉県・埼玉県 10,000~20,000円
東京都 10,000~15,000円
神奈川県 5,000~10,000円
静岡県 15,000~20,000円
山梨県 15,000~25,000円
岐阜県 10,000~30,000円
福井県 15,000~20,000円
愛知県・三重県 5,000~10,000円
京都府・滋賀県・兵庫県・和歌山県 5,000~10,000円
大阪府 5000円
奈良県 無料
岡山県 15,000~20,000円
広島県 20,000~30,000円
香川県 20,000~25,000円

墓じまいの代行業者②ごく楽引っ越しサービス

特徴

ごく楽引っ越しサービスの企業元であるニチリョクは 暮石業界初の上場企業 で、墓じまい後のお墓探しにも優れています。

一般墓の公園墓地・公営霊園・寺院墓地、永代供養墓、自然葬 はもちろんのこと、合祀墓でもロッカー式でもない室内のお墓である 堂内陵墓 に特化しています。
墓じまい後の改葬先として 室内納骨堂 を検討されている方にオススメの代行業者です。

料金

ごく楽引っ越しサービスでは、区画の面積別費用一覧などは明示されていませんが、ホームページ上の 「墓じまい(改葬)自動見積もりサービス」 にて自身のお墓の面積や他の項目を埋めることで、 簡単に見積もりが出来る ようになっています。

墓じまいの代行業者③お墓のミキワ

特徴

お墓のミキワでの墓じまいは、 相談・行政手続き・暮石解体・供養先紹介全てワンセットとした料金設定 が特徴です。

さらに、墓じまい後のサービスに特化しており、 海洋散骨や粉骨 なども 自社サービス として提供しています。

改葬をするのではなく、 お墓を完全に終わらせる目的で墓じまいをされる 方にオススメの代行業者です。

料金

面積 費用(税抜)
1㎡未満 165,000円
1〜2㎡未満 195,000円
2〜3㎡未満 235,000円
3〜4㎡未満 265,000円
4〜5㎡未満 295,000円

墓じまいの代行業者④メモリアル石材

特徴

メモリアル石材での墓じまいは、 墓じまいにて取り出した遺骨のその後が幅広くフォローされている という特徴があります。

散骨など、お墓を完全に終わらせる場合には、 提携業者の紹介 をしてくれるのはもちろんのこと、石材店の業者であることを活かして、新しいお墓を建てるなどの 改葬 という選択にも対応してくれます。

料金

面積 費用(税抜)
0.5〜2㎡未満 178,000円
2〜3㎡未満 198,000円
3〜4㎡未満 238,000円
4〜5㎡未満 278,000円
5㎡以上 328,000円

代行業者を用いて気軽な墓じまいを

業者 遺骨処分

近年、墓じまいを決める人は 増加傾向 にあります。

お墓をずっと持ち続ける上での問題点を理解した上でもなお、なかなか墓じまいに踏み出せないという人も少なくないと思います。

墓じまい代行業者を利用することで、 様々な面での負担が軽くなります

ぜひこの記事を参考に、皆様の墓じまいが捗ることを祈っています。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部