みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

忌引きとは?休暇適用の親等の範囲、日数、申請方法!マナーや挨拶も

忌引きとは?休暇適用の親等の範囲、日数、申請方法!マナーや挨拶も

身内に不幸があった場合、仕事や学校を休むことは出来るのでしょうか?
また遠縁の親族の葬儀に参列する場合も、休暇申請は通るのでしょうか?

この記事では親族が亡くなった際にとる休み、『忌引き』についてその申請方法やマナーなどを話して行きたいと思います。
また忌引きの適用範囲や平均日数などについても解説させて頂くので、ぜひご参考にして下さい。

  • ❓ 忌引きを取れるのは何親等まで?

    学校や会社のルールにもよりますが、3親等まで取ることができます。4親等以上の場合有休での対応になります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引きの3親等はどの親族まで?

    3親等は曾祖父母や甥・姪・叔父叔母・曾孫までとなります。また、甥などの配偶者も当てはまります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 親等ごとの忌引きの日数は?

    0親等なら10日・1親等なら5日から7日です。また、2親等なら1日から3日で、3親等なら1日です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引き明けの挨拶は誰にする?

    直属の上司やお供えをいただいた相手に挨拶をします。また、業務を代わってもらった相手や学生の場合担任の先生にも挨拶します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部