みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

忌引き休暇の日数の目安は?等親別に解説!土日は含まれる?

 忌引き休暇の日数の目安は?等親別に解説!土日は含まれる?

訃報を聞いたならば取得する忌引き休暇、広く認知されているものですが、実際どのくらいの長さなのかご存知でしょうか。
所得できる休暇の長さは故人の方との関係性により異なります。
今回は日数の目安を土日の有無も踏まえ、解説してきます。

この記事の結論

  • 忌引きの日数は会社や学校によって異なるが、一般的に配偶者や両親なら7~10日、子どもなら5日、兄弟祖父母は3日が多い。

  • 忌引きの開始日は組織によって故人が亡くなった当日からと翌日からの2種類があります。また基本的に土日祝日も経過日として換算します。

  • ❓ 忌引きとは?

    親族が亡くなった際に、喪に服して故人を悼む事です。葬儀・法要を行うために仕事や学校を一定の期間休みます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引休暇の目安となる日数は?

    故人との間柄によって休暇の日数は変わります。親の場合は7日間、祖父母や兄弟の場合は3日間が目安です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引休暇を取る際の注意点は?

    忌引休暇の日数や制度の有無は会社や学校によって異なるため、規則を見直しておきましょう。また、移動時間も忌引休暇に含まれる場合と特別休暇とされる場合があるので、注意しましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引休暇の開始日と土日の扱いは?

    起算日は、故人が亡くなった日である場合と、その翌日である場合があります。そちらも会社や学校に確認しましょう。また、土日や祝日も忌引休暇に含まれ、経過日として数えます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部