みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

忌引き明けの挨拶はいつ・誰にする?伝える内容・例文や菓子折りは?

忌引き明けの挨拶はいつ・誰にする?伝える内容・例文や菓子折りは?

葬儀のためお休みを頂いたあと、職場での人間関係を円滑にするためにも忌引き明けの挨拶はとても意味のある事です。
しかし誰にするか、いつ挨拶するか、また菓子折りなどを持参するべきなのかと様々な疑問があると思います。

この記事では忌引き明けの挨拶のポイントやタイミング、またお礼の品の選び方などについて解説させて頂きます。
またシチュエーションごとの挨拶の例文もご用意したので、ぜひご参考になさって下さい。

この記事の結論

  • 忌引き明けの挨拶では迷惑をかけたことの謝辞・感謝・葬儀が終わった報告をします。供花をもらった場合や参列してもらった場合は感謝を述べます。

  • 会社での忌引き明けの挨拶では菓子折りを持っていくこともあります。香典をもらった場合は香典返しを別に用意します。

  • ❓ 忌引き明けの挨拶で伝えることは?

    欠勤したことの謝罪や、忌引き中フォローしてもらったことへの感謝を伝えます。また、葬儀が無事終わったことと業務に復帰することを報告します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引き明けの挨拶をする相手は?

    仕事の直属の上司・お供えをもらった相手・業務を代わってもらった相手に挨拶をします。また、学生の場合は担任の先生にも挨拶をします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引き明けに挨拶をするのはいつ?

    目上の方には出勤・出席後すぐに挨拶をします。また同僚の場合は相手の手が空いたタイミングで挨拶します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 土日が含まれる場合忌引き明けはいつ?

    忌引きは土日も含んで考えるため、平日のみの場合と変わりません。また、移動にかかった日数は規約によっては忌引きに追加されることがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部