みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

お逮夜とは?お通夜との違い!服装・喪主の挨拶や参列者の香典も

お逮夜とは?お通夜との違い!服装・喪主の挨拶や参列者の香典も

お逮夜という言葉をご存じでしょうか。
お逮夜とは厄日の前日の事を言います。

昔はお逮夜にも法要を執り行っていたようですが、現在お逮夜の法要を執り行う家庭な少なくなっており執り行わない家庭がほとんどです。
なので、実際にお逮夜を執り行うとなった時にどのようなことをすればいいのかがわからない人は多いです。

ここではお逮夜について詳しく説明していきます。
この記事を読んで、お逮夜とはどのようなものなのか、お逮夜とお通夜の違い、服装や挨拶方法などについての知識を入れましょう。

この記事で解決される疑問

  • お逮夜の意味とは?

  • お逮夜に必要な金額の相場は?

  • お逮夜の粗供養品のおすすめは?

  • お逮夜に適した服装は?

  • ❓ お逮夜の意味とは?

    お逮夜という言葉には、命日・葬儀の前日を指すという意味があります。命日を含めて7日ごとにあるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お逮夜の服装でふさわしいものは?

    喪主は喪服・準喪服を着用し、参列者はグレーや黒・紺の平服を着ます。厄明け後は喪主も平服を着用できます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お逮夜の粗供養品の相場は?

    粗供養品は法要で供養していただく相手にお渡しするために用います。相場は、500円から3000円ほどで、お茶・お菓子・タオル類が選ばれます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お逮夜の粗供養品ののしの選び方は?

    水引は黒白をよく用いますが、キリスト教では必要がありません。また、粗供養・志といった表書きを記入します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部