みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

香典に2万円はNG?不適切な金額や香典袋の選び方・書き方を解説!

香典に2万円はNG?不適切な金額や香典袋の選び方・書き方を解説!

香典に包む金額について頭を悩ませたことのある人は少なくないと思います。

世間一般での通説と、自身の立場での金額相場で板挟みになってしまうこともあるでしょう。

ここでは2万円という金額に注目して、香典に包む上で不適切な金額や香典袋の選び方、書き方について説明していきます。

この記事の結論

  • 香典に2万円を包むことは問題ありません。4や9の数字は避けるようにします。

  • ❓ 香典に2万円を包んではいけない?

    マナーとしては偶数のため縁起が悪い印象を与えることもありますが、近年では柔軟な考えが増え問題はないとされています。地域によってはマナーが変わってくることもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典に適していない金額は?

    4や9といった数字を使う金額は適していません。また、3000円よりも少ない金額も適していません。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典の金額以外のマナーは?

    新札はそのまま使わず、一度折ってから用いることが大切です。また、肖像画の面が表に来るように入れます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 2万円の香典の包み方は?

    袱紗を使う場合、中心よりやや右側に香典を置き、左開きになるように包みます。台付き袱紗の場合は右・下・上の順に折り込みます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部