みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

50日祭の服装・玉串料(香典)・お供え物を解説!案内状や神主へのお礼も

50日祭の服装・玉串料(香典)・お供え物を解説!案内状や神主へのお礼も

50日祭とは、故人が亡くなった後50日目の節目に行われる神道の忌明けの儀式のことです。
この記事ではまず、その50日祭の基本的な流れを確認します。

続いて参列者側の守るべき服装マナー、玉串料はどうすれば良いのかなどを解説していきます。

また、喪家側の案内状・挨拶状の書き方や引き出物、神主へのお礼についても確認します。
仏式とは異なる点もあるので、1つ1つしっかり確認していきましょう。

この記事で解決される疑問

  • 50日祭の服装は?

  • 50日祭の玉串料の相場は?

  • 50日祭のお供えは?

  • ❓ 50日祭とは?

    神道で行われる、死後50日に忌明けとなる儀式を指す意味があります。神社ではなく、自宅や墓前などで行うのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 50日祭の玉串料の相場は?

    玉串料の相場は5000円から10万円と幅があります。故人との関係や年齢によって変わるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 50日祭のお供え物に適しているものは?

    故人が好きだったお菓子・果物・お酒・お米などを選ぶことがおすすめです。動物の肉やろうそく・お線香などは避けるのも大切なポイントとなっています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 50日祭の引き出物の選び方は?

    引き出物には消えものであるお菓子やタオルなどの日用品が適しています。また、カタログギフトにして相手に選んでもらうことも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部