みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

お盆とは?意味は?お供えや由来、お盆時期のお墓参りも解説

 お盆とは?意味は?お供えや由来、お盆時期のお墓参りも解説

日本では、夏休みのお盆休みにお墓参りをする方が多いですよね。

そもそもお盆とはどのような行事なのでしょうか。なぜお墓参りや盆踊りをするのでしょうか。

今回の記事では、お盆の歴史や由来、行うべきこと、迎え火や送り火について、お彼岸との違いなどを紹介します。

お盆とは

お盆

お盆とは先祖や故人が亡くなってからも苦しむことのないようにと成仏を願い、子孫や子供が供養する期間のことを指します。

正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

お盆期間中には、亡くなった故人や先祖がこの世に帰ってくると考えられています。

そのため、仏壇などをいつも以上に飾り付け、迎え火などを灯して盛大に手厚くもてなす風習があります。

お盆の日程は地域や新暦か旧暦かによって異なります。

一般的には、8月13日~16日をお盆とするところが全国的に多いです。

ただし、関東地方や東北地方の一部では、7月13日~16日お盆とすることが多いです。

また、旧暦でも7月13日~16日をお盆とし、旧盆と呼ぶことが多いです。

明治時代の初期に、旧暦から新暦へと暦が変わったことが、お盆の日程に違いが生じてしまった原因だと考えられています。

お盆の歴史・由来

お盆 灯籠流し

お盆の歴史

日本でのお盆の始まりは、西暦606年と言われています。
この時に、推古天皇(すいこてんのう)が「推古天皇十四年七月十五日斎会(さいえ)」という行事を飛鳥寺で始めたのがきっかけと言われています。

平安時代になると、武家や貴族などの上流階級の間でお盆の行事が定着するようになりました。
また、鎌倉時代には、餓鬼道に落ちた者に食事を施すということを目指した「施餓鬼会(せがきえ)」と呼ばれる法要と並行して行われていました。

そして江戸時代になってようやく一般庶民までお盆の行事が浸透したと言われています。
その背景には、ロウソクが大量生産され安価になったため、一般庶民も手に入れやすくなり、提灯などを用いてお盆の行事を行いやすくなったことが挙げれられます。

お盆の由来

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。
この言葉は、盂蘭盆経(うらぼんきょう)と呼ばれるお経が由来であると言われています。

「うらぼん」という言葉は、インドのサンスクリット語で「逆さ吊りの悲しみ」という意味である「ウラバンナ」がもとになっていると言われています。

盂蘭盆経には、目連という名のお釈迦様の弟子が地獄に落ちた母親を救うために、7月15日に霊を供養したことが記されています。
そして、その際の供養の方法をもとにしてお盆の行事を行われるようになりました。

盂蘭盆経によると、目連は地獄に落ちた母をどうしても救うためにどうしたらよいのかを釈迦に聞いたところ、「旧暦の7月15日に多くの僧を供養すれば、母親を三途の苦しみから救済することができる」と釈迦に言われました。

目連はその言葉通り忠実に供養を行い、目連の母親は無事往生することができました。

このお経がやがて日本にも伝わり、旧暦の7月15日にお墓参りや迎え火、送り火などのお盆の行事を行うようになりました。

2020年のお盆の時期

お墓参り

2020年のお盆は例年と同じく8月13日から16日の4日間です。

2020年ののお盆休みは、オリンピックの影響を受けて少し変わった連休になります。
スケジュールは以下の通りです。

  • 8月10日(月)  山の日
  • 8月11日(火)  
  • 8月12日(水)  
  • 8月13日(木)   お盆
  • 8月14日(金)   お盆
  • 8月15日(土)   お盆
  • 8月16日(日)  お盆
  • 8月17日(月)
  • 8月18日(火)

お盆にやること

手順・流れ
  1. 盆棚(精霊棚)を飾る
  2. 迎え火を焚く
  3. 法要と棚経
  4. お墓参り・お墓掃除
  5. 送り火を焚く

盆棚(精霊棚)を飾る

盆棚とは、先祖に供物を備えるための棚のことを指します。
仏壇の前や庭先、玄関口に盆棚を作ります。

お盆の初日の8月13日に飾り付けることが一般的に多いですが、7月から飾り付ける場合もあります。地域や宗派によって異なります。

お盆の時期になったら盆棚を整え、お供えをしましょう。

盆棚(精霊棚)に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

迎え火を焚く

8月13日には、迎え火を焚き故人や先祖を迎え入れましょう。
庭先で苧殻を燃やし、火を焚きます。

地域によっては、1日から7日の間に行う場所もあります。

法要と棚経

お盆の際には、必ずしも法要を行わなければならないということはありません。ただし、新盆の際は、親族や故人と親交のあった友人が集い法要を執り行うことが多いです。法要の後に会食を行うこともあります。

棚経とは、お盆期間中に僧侶や住職が檀家の家を一軒ずつ訪ね、仏壇や盆棚の前でお経をあげることを言います。
僧侶や住職は何軒もの家をまわるため、一軒あたりにかけられる読経の時間は短いでしょう。

法要を執り行うのであれば、事前に僧侶や住職に相談をし、段取りを決めるようにしましょう。

お墓参り・お墓掃除

お墓まいり子供

お盆期間は、お墓参りに行き故人を偲びましょう。
また、お盆は夏休みなので家族や親戚で集まることも多いでしょう。

このような機会を利用してお墓掃除をしてお墓をきれいにしましょう。ただし、夏場は大変暑く体調を崩しやすいため、水分補給をこまめに取るなど熱中症対策をしっかりするようにしましょう。

お盆のお墓参りについては以下の記事で詳しく取り上げています。

送り火を焚く

8月16日には送り火を焚き、故人や先祖をあの世へ送り出します。

一般的には、迎え火と同様、庭先で苧殻を燃やし火を焚きます。
ただし、灯篭流しや山を燃やし送り火をするなど他にも様々な方法があります。

大規模に行われる送り火としては、京都府の「五山送り火」などが有名です。

お盆の送り火・迎え火とは

null

お盆の迎え火

お盆の初日(8月13日)に、祖先の霊を迎え入れる目印となるように火をたくことを迎え火といいます。
地域によっては、1日から7日に行われるところもあります。

一般的な方法としては、家の門口や庭先に焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの皿を置き、そこに芋柄(おがら)の皮をはいで、積み重ねて燃やします。

苧殻とは、麻の皮を除いた際に残る芯の部分を指します。昔から、麻は悪いものを清める清浄な植物とされてきました。

そのため、迎え火の際に燃やして使用されるようになったと言われています。

苧殻は、お花屋さんやスーパーで手に入ります。また、焙烙は仏壇店などでお盆の時期に販売されることが多いです。

お盆の送り火

お盆の最終日(8月15日もしくは16日)に、お盆の期間中に戻ってきた故人や祖先の魂を再び送り出すために火をたくことを送り火といいます。

一般的な方法としては、迎え火と同様、家の門口や庭先で苧殻を燃やして火をたくことが多いです。

もしくは、地域行事として、灯龍流しや盆堤灯による送り火を行う場所も多くあります。灯篭流しの際は、供物や盆棚の飾り物を盆船に乗せて海や川に流します。

山で行う送り火としては、京都市の山を点火し大規模に送り火をする「五山送り火」が有名です。

迎え火・送り火に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お盆に盆踊りする意味

盆踊り

盆踊りとは、お盆に帰ってきた祖先の魂を迎え、送るための念仏踊りとして始まったものです。
盆踊りには老若男女問わず誰もが参加することができます。

基本的には、お盆の最後の夜にあたる8月(7月)15日の夜に行われます。
故人を再び送り出すために盆踊りを通して盛大にもてなすためです。

盆踊りは、平安時代に、祖先や故人を供養するために念仏踊りをしたことが起源と言われています。
その後、鎌倉時代に盆踊りに発展したといわれています。

その後は、各地域の特徴が組み込まれ、地域ごとにオリジナルな盆踊りが完成しました。各地域で、衣装の華やかさ、音楽、道具、踊りの振り付けなどを競うようになっていったと言われています。

有名な盆踊りですと、徳島県徳島市で行われる阿波踊りや大阪府八尾市で行われる河内音頭、岐阜県の郡上八幡盆踊りなどが挙げられます。

太鼓やかねを鳴らしながら踊り、念仏を唱えることで祖先や故人を供養できるだけでなく、煩悩も捨てられると考えられていました。
また、自然の恵みに感謝し、農作物の豊作を願うためにも行われていたようです。

お盆に墓参りする意味

納骨の仕方 準備

お盆には、故人や祖先の霊がこの世に戻ってくるので、彼らの霊が眠っているお墓へのお墓参りを通して、彼らの霊魂を迎え入れ数日間共に過ごして、お盆最終日に再び送り届けます。

お盆期間中はお墓参りをしなければいけないと決まったタイミングは特にありません。
ただし、 できればお盆初日の午前中にお墓参りをする と良いでしょう。

お墓参りの際には、供花、線香、提灯、果物などを持参し、お供えしましょう。

また、お盆期間に入る前にお墓の掃除を済ませておくのが理想的ではありますが、お盆期間中のお墓参りの際にお墓の掃除をするのも良いでしょう。
お墓をきれいにした状態で故人を迎え入れましょう。

お盆期間中のお墓参りに関しては、特に指定された服装などはありません。
ただし、夏場であるからといって露出度の高い服装や華美な服装をすることは避けましょう。

お盆とお彼岸の違い

お彼岸

お盆とは、8月13日~16日頃の期間のことを指します。
この期間に、故人や祖先がこの世に戻ってくると言われています。

お彼岸とは、春分の日(3月21日頃)と秋分の日(9月23日頃)とその前後3日間を指します。
この期間は、彼岸(あの世)と此岸(この世)が最も近づくと考えられています。

故人がこの世に帰ってくるお盆に対し、お彼岸は彼岸と此岸の境界にいる故人に、お墓参りを通じて私たちが会いに行くと考えられています。

お彼岸の際には、お盆の際に行うような大規模の行事や法要は特にありません。お墓参りをしましょう。

また、 春のお彼岸の際には牡丹餅を、秋のお彼岸の際にはおはぎをお供えしましょう。

お彼岸については、詳しくはこちらを参照してください。

お盆のお供え物

果物

お盆には、盆棚もしくは精霊棚といわれる棚にお供え物を置きます。
仏壇の前に盆棚を作成し、棚の上にまこもと呼ばれる敷物を敷きます。

具体的にお供えするものは五つあり、五供を言われています。
それぞれ、 香、花、灯燭、水、飲食 です。

香とは、線香を指します。
お盆の期間は絶えず線香をたくようにしましょう。

花は、生花をお供えしましょう。
なるべく派手なものは避け、とげや毒のあるものも選ばないようにしましょう。

灯燭とは、ロウソクなど明かりを灯すものを指します。

水は、浄水を指します。
お盆期間は、毎日水の取り換えを行うなどしてきれいな水を絶やさないようにしましょう。

飲食(おんじき)とは、文字通り飲食物のことを指します。
家族の方が日頃食べているようなお食事や素麺をお椀やお皿に盛ってお供えしましょう。

また、お菓子や団子、果物などをお供えしても良いでしょう。

以上述べた五供以外にもキュウリの精霊馬とナスの精霊牛を備えましょう。
故人や先祖が、お盆の時期には、馬に乗っていち早くこの世に戻ってきてほしい、そしてお盆が終わったら牛に乗ってのんびりあの世へ帰ってもらいたい、という思いが込められています。

作り方は、キュウリやナスにつまようじや割りばしを四本ずつ刺して前足と後ろ足を作りバランスを取り、馬や牛に見立てます。

お盆のお供え物について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

お盆のお供え物のお菓子について知りたい方は以下の記事を御覧ください。

お盆のお供え物ののし紙について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

新盆とは

お盆 きゅうり なす

初盆とは、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことを指します。
読み方は、「にいぼん・あらぼん・にゅうぼん」など地域によって異なります。

初盆は、故人が亡くなって初めての里帰りとなるため、通常のお盆とは異なり、盆棚や白堤灯などを設けて、盛大に行われることが多いです。
また、法要を執り行う場合も多くあります。

法要を執り行う際は、一般的には、盆入りまでにお墓掃除を済ませ、盆提灯をともし迎え火をして故人を迎え入れます。そして、住職らを招き法要行事を行います。

法要の直後に会食(お斎)を行うことも多くあります。

そして、お盆最終日に、送り火をして初盆を締めくくります。

法要を執り行う際は、住職や僧侶に事前に日取りや段取りを相談しましょう。また、日取りが決まり次第早めに、参列者に案内状を送るようにしましょう。

初盆(新盆)に関してはこちらもご覧ください。

お盆は祖先や故人と過ごすことのできる大切な機会

お盆期間中は、祖先や故人がこの世に帰ってきます。彼らが気持ちよくこの世に戻ってきて、数日間過ごせるようしっかりと環境を整えるようにしましょう。

お盆期間に行う供養の仕方は地域や宗派によって異なりますので、各自状況にあったやり方でお盆を迎えることがポイントです。お墓参りや法要、盆踊りを通して先祖や故人をこの世へ迎え入れ、偲び、心温まるひとときを過ごせると良いですね。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部