みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

お供物料とは?費用相場や封筒の書き方、渡し方!郵送する時も

お供物料とは?費用相場や封筒の書き方、渡し方!郵送する時も

皆さんは、お供物料をご存知ですか?
意味を聞けば、心当たりがあるという人も少なくないかもしれませんが、「お供物料」と聞いてすぐに思い当たる人は多くないでしょう。

ここでは、お供物料の意味合いはもちろん、その費用相場や封筒の書き方、渡し方についても紹介しています。

この記事で解決される疑問

  • 御供物料の言葉の意味は?

  • 御供物料の相場は?

  • 御供物料の封筒の書き方は?

  • 御供物料の渡し方は?

  • ❓ 御供物料とは?

    御供物料は、果物などの供物の代わりに渡すお金を指す言葉です。通夜や葬儀では香典と称し、仏教の法事ではお供物料と称すという違いがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 御供物料の相場はいくら?

    御供物料は、会食などの食事が含まれた場合は3万円から5万円ほど用意します。多くの場合通夜や葬儀の香典の5割~7割程度の金額です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 御供物料の封筒の選び方は?

    不祝儀袋を選び、結び切りの水引がかかったものにします。また、宗教によって適したデザインが変わるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 御供物料の渡し方は?

    御供物料はふくさに包んだ状態で持ち、取り出して渡します。ふくさでの包み方は左開きにするのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部