みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

香典に3000円は少ない?間柄別の金額相場、香典袋の選び方を解説

香典に3000円は少ない?間柄別の金額相場、香典袋の選び方を解説

金額をいくらにするべきかと頭を抱えがちな香典ですが、皆さんはどのように選択していますか?
また、香典に適している金額などご存知ですか?

ここでは、香典に3000円を包むことの可否をはじめ、間柄別の金額相場や香典袋の選び方までを詳しく説明しています。

この記事の結論

  • 故人との関係が顔見知り程度であれば香典の金額が3000円でも問題ありません。しかし、故人との関係が近ければより高額を包む必要があります。

  • 3000円の場合は参阡円・参仟円・参阡圓や参仟圓と書きます。旧字体で書くマナーがあります。

  • ❓ 3000円の香典はどんな時に適している?

    故人との関係が同級生・近所の人・同僚といったある程度離れたものなら適切です。また、友人の祖父母などの疎遠な相手にも適しています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典の3000円以外の相場は?

    香典の相場は5000円から10万円です。故人との関係が近いとより高額になります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典で避けた方が良い金額は?

    4や9の数字になる金額は避けなければいけません。また、偶数の金額も故人との関係が切れてしまうという考えによっては避ける必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 3000円の香典の袋の選び方は?

    3000円の場合は水引が印刷されている封筒を選びます。1万円以上では黒白の水引を、3万円以上では双銀の水引の封筒を選びます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部