みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

四十九日(49日)法要の香典の金額相場は?渡し方や香典袋の書き方も

四十九日(49日)法要の香典の金額相場は?渡し方や香典袋の書き方も

四十九日法要の案内を受け取った時、どれくらいの香典を包むか迷ったことはありませんか?
実は四十九日法要における香典の相場は故人との関係性によってある程度の相場が決められています。

包む金額以外にも香典には守るべきマナーや注意点があるので合わせて確認しておきましょう。

この記事で解消される疑問

  • 四十九日法要で持参する香典の金額相場はいくら?

  • 四十九日法要では注意が必要な香典袋の書き方は?

  • 香典の渡し方や渡すタイミングとは?

  • 香典で避けるべき金額や気をつけるべきマナーとは?

  • ❓ 49日の法要の香典の金額相場は?

    自身と近しい人が亡くなった時、または自身の年齢が高齢であればあるほど香典の金額は高額になります。例えば両親が亡くなった際で自身の年齢が40代の場合は5万円~10万円程を包みます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日の法要の香典の渡し方は?

    香典は袱紗に包み持参します。遺族の方に手渡しする際には袱紗から取り出しましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日の法要の香典の香典袋の表書きは?

    表書きは御霊前と書くのが一般的です。宗派によって異なるので香典を出す先の方に合わせるようにして下さい。詳しくはこちらをご覧ください

  • ❓ 49日法要の香典の香典袋はどのような物を選ぶ?

    金額や地域により多少変動しますが、仏教の場合は水引は淡路結びの物で色は黒白の物を基本は選びます。詳しい内容に関してはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部