みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

曹洞宗の焼香の回数は?焼香のタイミング、数珠の持ち方も解説

曹洞宗の焼香の回数は?焼香のタイミング、数珠の持ち方も解説

お葬式や法要などでは様々な所作があり、その一つ一つに気をつけなければならないことがあります。
そして、宗教によってさらに細かくルールやマナーは存在し、場合によっては失礼にあたる行為なども存在します。

そこでこちらの記事では、曹洞宗におけるお焼香のマナーについて解説していきます。

この記事の結論

  • 曹洞宗の焼香は2回行い、1度目は額の前まで運び2度目はそのままくべます。親指から中指までの3本でつまみます。

  • 曹洞宗の焼香は読経を上げている間行います。数珠は左手で持ちます。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部