みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

墓じまいの平均費用は50万〜100万円!内訳や追加料金も解説!

最近、墓じまいをする方が増えてきています。
墓じまいを自分もしたいけれど、何をすればいいのか分からない、費用はどのくらいかかるのか、などの疑問を持ってらっしゃる方もいると思います。

この記事では、墓じまいの相場や手順、墓じまい後のことについて紹介していきます。

墓じまいの平均費用は50万〜100万円!内訳や追加料金も解説!

墓じまいとは?

作業者とお墓

墓じまいという言葉を、最近耳にすることが増えてきました。
墓じまいとは、これまでの お墓を撤去・処分 することを指します。

お墓の中にある遺骨を取り出し、お墓を撤去・処分し更地にする ところまで行います。
墓じまいをする方は最近になって増加しています。

墓じまいの平均費用・相場は?

null

墓じまいの費用は、 場合によって大きく変化 します。
そのため、一概に費用はこれくらいかかるとは言えません。

例えば、 お墓の大きさや業者 によって、墓じまいの際の撤去・処分の費用が変わります。
また、 墓じまい後の遺骨の埋葬先 によっても費用は異なります。

ざっくりとですが、墓じまいの一通りの流れを行うには 50万円前後 は必要だと考えてください。
また、墓じまい後に 永代供養で新たにお墓を建設する 場合は、 100万円以上かかる 可能性もあります。

墓じまいを行うのにかかる費用の内訳を、以下に紹介します。

墓じまいの費用内訳

費用

墓じまいの費用相場は、38万〜250万円程です。
墓じまいを行う費用の内訳は以下の通りです。

項目 費用 備考
お墓の撤去・処分 20万円ほど お墓が2㎡と仮定した場合
離檀料 5~30万円
お布施 3~5万円
手続き等 3千円
移転先 10万円〜200万円

それでは、以下費用について詳しくご紹介していきます。

  • お墓の撤去・処分の費用
  • 離檀料
  • お布施
  • 手続き等の費用
  • 移転先の費用

お墓の撤去・処分の費用

お墓を撤去・処分する際は、石材店や専門業者に依頼するのが一般的です。
石材店や専門業者にもよりますが、お墓の撤去・処分の費用は 1㎡あたり10万円程度が相場 だと言われています。

実際は、お墓の大きさや構造、置かれている立地(斜面になっているなど)によって異なります。
一度、専門の方にどの程度かかるか、お墓の査定をしてもらうことをお勧めします。

離檀料

離檀料とは、最近使われ始めた言葉で、 檀家(だんか)を抜ける際にかかる費用 のことです。
離檀料の値段は「気持ち」 によって決まりますが、おおよそ 5~30万円程度が相場 と言われています。

家が檀家ではない方は払う必要はありません。
檀家とは、特定のお寺に自分の墓を管理・供養してもらう代わりに、お寺に対して経済的な支援を行う家のことを指します。

離檀料は、本来、自分のお墓を今まで管理・供養してくれたお寺に対して感謝を示すためのもので、お布施の一つです。
離檀料に関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

お布施

お布施(おふせ)とは、自分たちのために何かをしてくれた 僧侶やお寺に対して、感謝の気持ちから謝礼として金品を渡すこと をいいます。
ここでのお布施は、 閉眼供養に対するお布施で、3~5万円程が相場 といわれています。

前述した通り、離檀料もお布施の1つです。
お布施については、こちらの記事を見て下さい。

書類の手数料

墓じまいを行う際は、 勝手に自分たちで行ってはいけません
墓じまいをするには、改葬許可証を役場に発行してもらう必要があり、その手数料として 3,000円程 が必要となります。

改葬許可証がない状態での改葬は、違法となります。
改葬許可証は、墓じまいを行うお墓のある場所の市町村の役場で発行してもらいます。

基本的に、改葬許可証は無料で発行できるところが多いですが、役所によっては数百円の手数を取られる場合があります。

移転先の費用

お墓を撤去・処分し遺骨を取り出したら、遺骨を別の場所に埋葬します。
その 埋葬先によって費用が異なってきます。

永代供養などの場合には、10万~30万円と費用を抑えられる場合もあります。
新たにお墓を建設した場合の相場は、 100万~200万円程 です。

物によっては、80万円未満のものもあれば、200万円以上のものもあります。
価格は、墓地の広さや石の種類、構造などによって決まります。

特に、墓石を置く土地が整備された地面なのか山間部の傾いた地面なのかによっても費用が異なります。
お墓の費用については、こちらの記事を見て下さい。

墓じまい後の移転先別の費用相場

墓

墓じまい後の移転先別の費用を紹介します。

移転先 相場
別の墓園(新規墓地) 100万円~200万円
別の墓園(お墓引越し) 100万~250万円
永代供養墓(合葬墓) 30~50万円
納骨堂 50万~100万円
樹木葬 20万~100万円
散骨 5万~30万円

改葬先としては、以下のものが挙げられます。

  • 別の墓園
  • 永代供養墓(合葬墓)
  • 納骨堂
  • 樹木葬
  • 散骨

別の墓園

墓じまいで撤去したお墓を、別の墓地に移転する方法 です。

古いお墓を処分して、新しいお墓を作る場合

お墓を購入する人の半数以上が、100万円~200万円のお墓を購入しています。
また、墓地の取得や墓石の建立費用を含むと、費用は 100万円~300万円程度 が相場です。

お墓の引越しの場合

お墓の引越しの場合には 移転するための運搬費 がかかります。
運搬の相場は、100㎞あたりに15万円程度といわれています。

また、新しい墓地の永代使用料、墓石の移設費用などもかかります。
墓石がそのまま使えたとしても、引っ越し先の墓地のデザインや高さの条件に合わせて、 加工のし直しなども生じる場合 があります。

永代供養墓(合葬墓)

永代供養墓

永代供養墓とは、 お寺や霊園などが家族に代わって、管理・供養を行ってくれる墓のこと です。
永代供養墓は、 屋内・屋外個別・合葬 などと種類が分かれていますが、ここでは合葬墓の費用をご紹介します。

費用の相場は、一体あたり10万~30万円ほどです。
中には、5万円ほどから安く納骨できる霊園もあります。

永代供養については、以下の記事も参考にしてみてください。

納骨堂

納骨堂

納骨堂は、屋内に設けられた納骨施設こと で、施設の種類は様々です。
遺骨収蔵だけのロッカー型だと、相場は20万円〜50万円ほどです。
そのほか、納骨箇所で手を合わせられる仏壇型、ビル一棟が納骨堂となったマンション型の相場は、50万円〜100万円ほどとなります。

樹木葬

樹木葬

樹木葬とは、 お墓ではなく樹木を墓標とする埋葬 です。
樹木葬にはいくつかの種類があり、それぞれ費用も異なります。

  • 合祀型
  • 集合型
  • 個別型
  • 霊園型
  • 里山型

合祀型

合祀型の樹木葬は、 1つの樹木の根元に複数人の遺骨を埋葬 します。
他の家族との遺骨と一緒にするため、他に比べて安くなっています。

合祀型ですと 5~20万円程度 です。

集合型

集合型の樹木葬は合祀型と同様で、 一つの樹木に、複数人の遺骨を埋葬 します。
ただし、合祀型とは異なり、 個別に遺骨を埋葬する区画 が設けられています。

集合型ですと 20~60万円程度 です。

個別型

個別型の樹木葬では、 樹木1本に対して個別に埋葬 します。
他のタイプに比べて、費用は高くなります。

個別型ですと 20万円~80万円程度 です。

霊園型

霊園やお寺などで行われる樹木葬 をさします。
費用は、30万円〜50万円程度です。

里山型

自然の里山で行う樹木葬 を言います。
費用は、50万円〜100万円程度が相場です。
樹木葬に関しては、こちらの記事も見てみてください。

散骨

散骨

散骨とは、 遺骨を自然に撒く供養方法 です。
ただし、散骨できる場所は限られており、 自治体の許可が必要 です。

墓地以外での埋葬は、自宅の庭でも違法となります。
また、散骨はタイプによって費用が異なります。

  • 個人散骨
  • 合同散骨
  • 委託散骨

個人散骨

一家族だけが船に乗船して散骨するもの です。
散骨のために船のチャーターが必要になり、相場は30万円程度になります。

合同散骨

複数家族が合同で船に乗船して、散骨するもの です。
船のチャーター費用が割り勘になりなりますが、その分大型船を利用するため、相場は20万円程度です。

委託散骨

業者に委託して散骨を代行してもらうもので、 相場は5万円程度と安価になります。
家族も船に乗船して散骨するもの だと、 15万円程度 かかります。

散骨について、以下の記事ではより詳しく説明しています。

墓じまいにかかる追加費用

null

墓じまいを行う際、これまで紹介してきた費用内訳以外の費用が追加でかかる場合もあります。
以下に紹介します。

  • 墓地の撤去・処分
  • 墓石の移動・設置

墓地の撤去・処分

墓じまいで墓地の撤去・処分を行う際は、 すべて取り除いて更地にします

特に、 作業を行うのに必要な重機を運べない 山間部などの場所では、相場の価格よりも高くなってしまうことがあります。

墓石の移動・設置

これは、 撤去した墓石を次の墓地にも使用したい という場合にかかる費用です。

墓石を撤去した後、 石材店や専門業者 に頼んで、運搬し設置してもらいます。
運搬の際にかかる費用は、 100㎞あたりに15万円程度 と言われています。

運搬後、墓石を設置する際も費用がかかります。
お墓を置く際の 土地の整備お墓周りの外柵砂利撒き などが挙げられます。

墓じまいの費用を抑えるには

墓

墓じまいの費用に関して紹介してきましたが、墓じまいは高額になることが多いです。

できるだけ墓じまいの費用を抑えるにはどうすればいいのか 紹介していきます。
費用を抑えるのに重要なのは、以下の2点です。

  • 墓じまい工事の業者
  • 遺骨の改葬先

墓じまい工事の業者

null

お墓の撤去・処分する際の費用は、大きく抑えることができる可能性があります。

費用を抑えるポイントは、

  • お墓の広さ
  • お墓の立地
  • 石材店や業者との交渉

の3つです。

お墓の広さと費用

先ほど、お墓の撤去・処分の際は お墓の広さ が費用に関係してくると言いました。
費用相場は、 1㎡あたり10万円程度 ですので、 一坪(およそ3.3㎡) でいうと、 30万円や40万円 かかります。

ですが、安いところですと 一坪のお墓の撤去・処分20万円程度 で行ってくれる場合もあります。

お墓の立地と費用

前述した通り、 お墓の立地 によっても撤去や処分の費用は変わってきます。
お墓の撤去・処分する際には、 クレーンなどの重機 を用います。

クレーンを簡単に入れることができるような立地 のお墓ですと、上記のような値段にすることができます。
重機使用が難しい場合ですと、相場よりも高くなってしまうこともあります。

石材店や業者との交渉

石材店・業者との交渉次第 で、値段を安くしてもらえるケースもあります。
ただし、基本的に石材店・業者の顧客のリピート率は低いため、交渉で安くなりにくい面もあります。

遺骨の改葬先

墓誌

次に抑えられる費用として挙げられるのが、 遺骨の改葬先の費用 です。
改葬先 によって費用は大きく異なります。

例えば、 合祀(ごうし)納骨する永代供養 であれば 数万円程度 で済みますが、 個別での永代供養 の場合、 数十万円 かかることが多いです。

他の方法としては、 散骨や樹木葬 などが挙げられます。
これらも、お墓への納骨に比べて安く済むことが多いです。

墓じまいの代行にかかる費用

お金

忙しくて墓じまいが行えない方や、遠方に住んでいてお墓に行区ことができない方に対して、 行政書士が墓じまいの手続き等を代行してくれるサービス があります。

自身で墓じまいを行う場合、相場50万〜100万円程度かかると言われますが、 代行サービスを用いた場合には30万円程度と費用を大幅に抑えられます。
代行内容や供養方法によって金額は異なりますが、遠方の場合の移動費や離壇料・お布施など、業者を挟むことで逆に費用が浮く場合もあります。

代行してくれるサービス内容は、以下の通りです。

  • 新旧霊園との交渉・日程調整
  • 改葬許可申請の手続き
  • お墓の撤去や処分
  • 遺骨の移動・取り出し・預かり
  • 納骨の立ち合い・代行

新旧霊園との交渉・日程調整

もともと利用していた霊園、新たな霊園との交渉や日程調整を代わりに行ってくれます。
墓じまいをするにあたり、新旧霊園との墓じまいの交渉や日程調整は必須になります。

霊園が遠方な方、多忙な方、交渉が不得意な方には嬉しいサービスです。

改葬許可申請の手続き

改葬をする際、改葬元のお墓がある市区町村の自治体で改葬許可の申請を行う必要があります。
改葬許可の申請には、様々な書類を揃えての手続きとなります。

代行業者にお願いすれば、 必要な書類の用意から申請までスムーズに行ってくれます。

お墓の撤去や処分

借りた土地を更地にし霊園にお返しするために、お墓を撤去し処分する必要があります。
お墓の撤去・処分は石材店によって行われますが、依頼する石材店も紹介してくれます。

石材店の決定は、複数石材店の比較をするなど手間がかかるので、紹介によってスムーズに手続きを開始できることは非常に有難いサービスと言えます。
もちろん石材店との日程調整なども代行してくれますので、安心してお任せできます。

遺骨の移動・取り出し・預かり

閉眼供養や遺骨の取り出しの立ち合いなども代行してくれます。
また、改葬先に遺骨を移動するまでの間、 代行業者が遺骨を預かってくれる場合もあります。

納骨の立ち合い・代行

改装先への納骨の立会いも代行してくれます。
遺骨の取り出しと納骨は別日に行われることもあり、多忙な方には助かるサービスと言えます。

以上のことが主なサービス内容です。

この機会にぜひ検討してみるのも良いかもしれません。
墓じまい代行に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

墓じまいの費用を払えない場合

null

墓じまいの費用は高額になることがほとんどのため、経済的に苦しい面があります。
そのため、 兄弟がいる場合 などは、 一部ずつ出し合って費用を工面する こともあります。

一方で、墓じまいを行いたいけれど 費用が払えない場合 について説明します。
費用はないけれど、どうしても墓じまいを行わなければならない事情がある場合は、 ローン にできる可能性があります。

家や車を買うときと同様、高額になりやすいお墓にもローンはあります。
お墓を建設するときや墓じまい などに活用することができます。

また、ローンですので 審査 があります。
業者などに相談することをお勧めします。

墓じまいの手順・手続き

墓じまい 流れ

それでは実際に、墓じまいを行う上での手順・手続きを紹介します。
全体的な流れは以下の通りです。

  1. 親族の同意を得る
  2. 行き先、供養形態を決める
  3. お墓の管理者へ伝達
  4. 各改装許可の書類申請
  5. 墓を撤去する石材店の決定
  6. お墓の撤去作業
  7. 遺骨の処理・移動

親族の同意を得る

墓じまいを行う前には必ず 親族の同意を得ましょう
特に、先祖からの家のお墓である場合、 自分たちの代でお墓を撤去・処分するのに抵抗がある方 も多いと思います。

トラブルをさけるためにも、親族ときちんと話し合って同意を得ましょう。

行き先、供養形態を決める

遺骨の新たなる行き先と、今後の供養形態を決めます。
改葬先としては、先述でもご紹介下通り、以下が挙げられます。

  • 別の墓園
  • 永代供養
  • 樹木葬
  • 散骨

墓じまいをする理由として、後継者がいなくなるケースが多いでしょう。
現在の状況やご希望に合わせて、悔いのないご決断をしましょう。

お墓の管理者へ伝達

墓じまいをすることを、お墓の管理者へお伝えします。
管理者は墓じまいに伴う書類の用意が必要となります。

お電話での事前相談をおすすめします。
なお、 お寺に遺骨を預けていて檀家に入っている場合には、きちんと説明する時間をとるといい でしょう。

お寺にとって檀家が抜けるということは、今まで経済的に支援してくれていた家を失うこととなり、うれしいものではありません。
直前でのお伝えは、トラブルが発生する原因にもなりますので注意が必要です。

各改装許可の書類申請

改葬を行うには、 改葬許可証 が必要となります。
改葬許可証がない中で改葬を行った場合は、 違法 となります。

改葬許可証は、 墓じまいするお墓がある場所の市町村の役場 で取得することができます。
取得する際には、以下の3点を用意して申請する必要があります。

  • 埋葬証明書
  • 受入証明書
  • 改葬許可申請書

埋葬証明書

埋葬証明書とは、 墓じまいする予定のお墓に誰が納骨されているのか を証明するものです。
埋蔵証明書は、 お墓のあるお寺や霊園 などに申請することで、発行してもらえます。

以下の内容が書かれているか確認しましょう。

  • 墓地の使用者の署名と捺印
  • 墓地の管理者の署名と捺印
  • 遺骨の氏名
  • 発行年月日

受入証明書

受入証明書とは、 改葬先に遺骨を受け入れてくれる許可があること を証明するものです。
受入証明書は、 改葬先のお寺や霊園 などに申請することで、発行してもらえます。

以下の内容が書かれています。

  • 改葬の申請者の住所と氏名
  • 遺骨の氏名
  • 移転する先の施設の名称と住所
  • 墓地管理者の住所と氏名、捺印
  • 発行年月日

改葬許可申請書

文字を書く

「埋葬証明書」「受入証明書」 の2つと、 「改葬許可申請書」 をお墓のある市町村の役場に提出し申請することで、改葬許可証を発行してもらえます。

改葬許可申請書は、役場で用紙をもらって記入します。
場所によっては、改葬許可申請書を 役場のホームページでダウンロード できます。

改葬許可証を発行する際には、 手数料 として 数百円 ほどかかる場合もあります。
また、改葬許可証は 遺骨1体につき1部 となります。

遺骨の数を確認してから、発行してもらう部数を決めましょう。
また、発行してもらうのに時間がかかることがありますので、 余裕を持って早めに申請しましょう

また、改装許可証については、以下のリンクも参考にしてください。

墓を撤去する石材店の決定

次に、墓を撤去する石材店の決定します。
費用相場は 1㎡あたり10万円程度 を目安にしてください。

安い費用で撤去・処理を行ってくれる業者もあります。
何個か石材店・業者を見てから決めることをお勧めします。

お墓を移転する際は、 運搬 に関しても 同じ石材店・業者に相談する ことをお勧めします。
そのような場合、別の運搬業者の紹介などによって、相場よりも安くなることがあります。

お墓の撤去・処分

お墓を撤去・処分するために、閉眼供養(へいげんくよう)を行います。
閉眼供養とは、先祖の魂の宿った墓石から魂を抜き取る供養のことを言います。

お墓には先祖の魂が宿っていると考えられ、僧侶に読経してもらうことで、お墓から魂を抜き取ります。
閉眼供養が終わるとお墓はただの石となります。

閉眼供養後に遺骨を取り出し、お墓の撤去と処分を行います。
遺骨の取り出しは、自分たちで行える場合もありますが、石材店・業者にお願いしないと取り出せない場合もありますので確認が必要です。

お墓の撤去・処分は、閉眼供養と遺骨の取り出し後にそのまま行う場合と後日行う場合があります。
後日行う場合でも、閉眼供養・遺骨の取り出し後、数日以内に行うことが多いです。

閉眼供養に関しては、以下の記事でも知ることができます。

遺骨の改葬

墓

遺骨を改葬先に納骨します。
ただし、取り出した遺骨は雨水や土などで汚れていることがありますので、 納骨する前にきれいにしましょう

納骨する前に、 改葬許可証改葬先に提出する 必要があります。

以上のことが終わってから、納骨を行います。
納骨の際は、閉眼供養の逆の 開眼供養 (かいげんくよう)を行う場合があります。

納骨が済んだら、墓じまいは終了です。
墓じまいの手順については、こちらの記事を見て下さい。

【コラム】墓じまいの注意点

墓地

墓じまいに関して、トラブルが生じることがあります。

  • 親族とのトラブル
  • お寺とのトラブル

親族とのトラブル

墓じまいをする際に、親族とトラブルになるケースです。
先祖代々からあるお墓をなくすのに抵抗を持つ方 もいらっしゃいます。

相談なしに行うと、親族に相談なしに勝手に行われたと思われてしまい、トラブルになり得ます。

親族に必ず相談してから 墓じまいを行うか決めましょう。

お寺とのトラブル

null

特に 離檀する際 のトラブルです。

近年、離檀する家が増えてきています。

そのため、 法外な離檀料を請求 されてトラブルになるケースがあります。
ここでの法外な離檀料は、過去の例から言うと数百万円や数千万円といったケースです。

離檀料は本来お布施であるので、そういった 法外の金額を払う必要はありません

今まで管理・供養をしてくれたお寺側に対して、 感謝の言葉 を述べましょう。

「払わないなら離檀させない」などといわれた場合は、弁護士などに相談するのもよいでしょう。

墓じまいの際のトラブルに関しては、こちらの記事を見て下さい。

墓じまいは費用も考え検討を

墓じまいの費用や手順などについて紹介してきました。
墓じまいを行うのに、場合にもよりますが、 最低50万円 ほどは見積もっておくと良いでしょう。

また、墓じまいを行うには 役場への申請や業者の選定 など、色々な手順を踏まなければいけません。
きちんと調べてから行うことをお勧めします。
行政書士に代行してもらう のも良いでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部