みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

一周忌の手紙を参列者・施主別に解説!送るタイミング・お悔やみの文例

一周忌の手紙を参列者・施主別に解説!送るタイミング・お悔やみの文例

みなさんは一周忌に送る手紙について、どの程度ご存知ですか?
仏式の葬儀においては、一周忌の際に参列者側と施主側ともに手紙を送るのが一般的です。

ここでは、一周忌の手紙の種類やそれを送るタイミング、文例についても紹介します。

この記事で解決される疑問

  • 参列者が一周忌に送る手紙とは?

  • 施主が一周忌に送る手紙とは?

  • 一周忌の手紙の書き方は?

  • 一周忌の手紙の文例は?

  • ❓ 一周忌の手紙にはどのようなものがある?

    参列者はお悔やみの手紙を、施主はお礼状を用意します。書く内容や送るタイミングが違うのもポイントです。。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌の手紙を送るのはいつ?

    お礼状は法要の当日に引き出物に添えて渡します。また、香典返しの際に同封することも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 参列者が一周忌の手紙を送るのはいつ?

    手紙は初七日までに送るようにします。香典を同封できるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌の手紙に香典を同封する際気を付けることは?

    現金書留封筒を使う必要があります。不祝儀袋に包んでから封筒に入れましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部