みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

【図解】法事・法要のお車代の表書きの書き方は?封筒の選び方・入れ方・渡し方も解説

【図解】法事・法要のお車代の表書きの書き方は?封筒の選び方・入れ方・渡し方も解説

法事や法要でお坊さんに渡すお車代。
封筒の書き方やお金の入れ方、金額の相場などわからないことが多い人がほとんどでしょう。

お車代は地域によっての違いがあったり、香典などとは違い白封筒を使ったりします。
お車代の書き方や渡し方にはマナーや決まりがあり、注意しなければなりません。
失礼にならないように、お車代の書き方や渡すタイミングなどみん終編集部が解説します。

この記事の結論

  • お車代は、白い封筒を使用します。薄墨ではない筆ペンや筆を使用して書きます。

  • 表面の上半分に御車代と記入し、下半分にフルネームあるいは喪主の家を記入します。裏面には金額と住所を記入します。金額は漢数字を使用します。

  • ❓ お車代とは?

    僧侶に会場まで足を運んでもらった場合に渡す謝礼です。遺族が寺院に向かう場合は渡さないのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お車代の相場はいくら?

    相場は5000円から1万円です。金額が決めづらい場合寺院に聞くこともできます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お車代の表書きの書き方は?

    お車代・お車料という文字を書きます。また、氏名か家名を書くこともあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お車代を渡すタイミングはいつ?

    お車代は葬儀後、お布施と一緒に渡します。僧侶の控室に出向いて渡すことも大切なポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部