みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
終活

危篤の時にかける言葉は?友人、会社関係の場合!メールの例文も解説

危篤状態とは、いつ亡くなってもおかしくない状態という事です。
友人や家族、仕事関連でお世話になった人が危篤に陥った際、あなたは何と言葉をかけますか?

また、大切な人の危篤に直面した友人などには、どんな言葉をかけてあげれば良いか困ることもあるかと思います。
この記事では、これら2つの場合でそれぞれ、本人にどのような言葉をかければ良いのか、また注意点やかけてはいけない言葉などを、例文とともに紹介します。

危篤の時にかける言葉は?友人、会社関係の場合!メールの例文も解説

危篤とは

危篤とは、 症状などが重く、今にも命を落としそうなくらい危険な状況にあること を言います。

重症・重体・重篤という言葉よりも死に近い表現です。
つまり、いつ亡くなってもおかしくない状況ということです。

危篤状態が続く期間は人それぞれで、数時間持たない人もいれば何週間も危篤が続く人もいます。
生命力がどこまで持ちこたえるかは誰にもわかりません。

長い間入院していて容態が急変するパターンや、事故で突然危篤に陥るパターンなど、状況は様々です。

危篤の知らせを受けたら

危篤の知らせを受けた時にまず必要なのは 「最期を迎える覚悟」 です。
突然の知らせにどうすれば良いかわからずパニックを起こしてしまう方がいるかもしれませんが、まず深呼吸して冷静に落ち着きましょう。

そしてすぐに病院に向かうことを考えます。
多くの場合、危篤の宣告を受けた患者に回復の見込みはありません。

悲しく辛いことではありますが、覚悟を持ってもしもの時に備えて行動することで、貴重な時間を有意義に過ごすことができます。

危篤から回復する可能性は?

危篤から回復する可能性は必ずしも0ではありません。
ですから、希望を捨て切ってしまわなくても良いわけです。

医者から危篤の宣告をされた後に回復し、その後普段通り何年も過ごすような方も中にはいます。
危篤を宣告された人間が回復する可能性は、誰にもわからないのです。

友人や親しい人が危篤の時にかける言葉

病院

ここでは、友人や親しい人が危篤の時にかける言葉を紹介します。
友人本人が危篤の場合と危篤連絡を受けた友人にかける言葉という2つの面から、例文と一緒に見ていきましょう。

友人本人が危篤の場合

実は、人は危篤状態に陥っていても周りに誰がいるのか、何を話しているのかを理解していることも多いと言われています。
病院に着いたらまず、友人に自分の存在を知らせ、手を握ってあげたり頭を撫でてあげたりしましょう。

「◯◯(自分の名前)だよ、来たよ」

友人や親しい人に対しては、かしこまる必要はありません。
普段通りのあなたらしい言葉をかけてあげましょう。

「まだ死んでほしくない。また遊びに行こうよ、一緒に。」

このように、別れを惜しむ気持ちなどを伝えても良いでしょう。

友人の家族などが危篤の場合

家族や知り合いの危篤に直面した友人は、きっと不安で辛い気持ちでいっぱいなはずです。
相手に寄り添い、どんな時も受け止めるという立ち位置で言葉を選びます。

「話を聞くくらいならできるから、辛かったら何でも言ってね」

相手を労わり、必要以上に心配するような言葉はかけないようにします。

「早く病院に行ってあげて、お父さんも待ってるはずだよ」

友人本人が危篤を受けて混乱している場合は、上記のような言葉をかけて病院に行くように促してあげましょう。

仕事関連の人が危篤の時にかける言葉

null

ここでは、仕事関連の人が危篤の時にかける言葉を紹介します。
友人本人が危篤の場合と危篤連絡を受けた友人にかける言葉という2つの面から、例文と一緒に見ていきましょう。

仕事関連の人本人が危篤の場合

ビジネス関連の知り合いということで、普段の会社などでの態度と同じく、少しかしこまった言い回しで言葉をかけます。

「◯◯(自分の名前)です。仕事の方で大変お世話になりました、ありがとうございます。」

危篤ということは、それがその人にかける最後の言葉になる可能性が高いということです。
仕事上での感謝の気持ちを述べましょう。

「仕事だけにとどまらず、プライベートの方でも仲良くしてくださりありがとうございます。」
「仕事が終わった後、よく連れて行ってくれた飲み屋のおでんは絶品でしたね。また行きたいですね。」

プライベートでも繋がりがあった方であれば、上記のように共に過ごした日々を懐かしむような言葉をかけるのも良いでしょう。

仕事関連の人本人の家族などが危篤の場合

仕事中に突然危篤の連絡が入り、駆けつけなくてはならないということもあるかもしれません。
そのような時、周りの人は本人が落ち着いて、また安心して病院へ向かうことのできるような言葉をかけてあげます。

「こちらは大丈夫なので、○○さん(危篤状態の人の名前)との時間を大切にしてください」

ビジネスが絡む場合、まず仕事は大丈夫ということを伝えて本人を安心させることが大事です。
本人はきっと危篤を受けて不安でいっぱいのはずですから、 仕事のことは忘れさせ、快く病院へ送り出してあげましょう。

「それは大変です。仕事は調整しておくので、気にしないでください。時間も大切でしょうから。」

危篤ということはもうすぐその方のご家族などが亡くなってしまうということです。
そうなると、お葬式諸々の関係で時間を取られ、多忙になる事が考えられます。

上記のように葬儀などのことを見越し、仕事を調整する提案を早めにしてあげるのも良いでしょう。
この時、亡くなった後のことを直接的に連想させるような言葉選びは避けるようにし、遠回しに上手く伝えられると良いです。

危篤の時にかける言葉【メール】

メール

危篤をメールなどの文面で知ることもあるかと思います。
そのような場合は何と返信すれば良いのか、例文を踏まえて紹介します。

危篤のメールでの注意点

危篤のメールを受け取ったら返信の文面は適切に、手短にまとめましょう。

危篤をメールで受け取ったとき、どうしても溢れる気持ちや心配が抑えきれず、長々とした文章を書いてしまいそうになるかもしれません。

しかし、家族の危篤に直面した人は、精神をひどくすり減らしていることが考えられます。
例え気持ちがこもった励ましの文章でも、長々とした文面を読むのは疲れてしまいます。

相手の精神面も労わり、どれだけ伝えたいことがあっても、文面は必要最低限のシンプルな内容にまとめます。

危篤に直面した友人へのメール

「気持ちをしっかりと持って、何か手伝えることがあれば言ってね」
「〇〇さんにしてあげられることを精一杯してあげて下さい」

ただ、危篤に直面した本人は気持ちの余裕がない事がほとんどです。
また友人とは仲が良くても、危篤になった人との関係性は自分とは無関係ではないが少し遠いもの、と考えられます。

いつも通りに馴れ馴れしい文章を送ると、失礼に当たる可能性が無いとは言い切れません。
少し難しい状況ですが、相手を受け止める気持ちを短い文章にまとめて伝えましょう。

危篤に直面したビジネス関連の人へのメール

仕事上付き合いは、少し距離のあるかしこまった関係です。
文面もそのような距離感で、丁寧に短くまとめます。

「仕事のことはお気になさらず、○○様(危篤の人)との時間を大切になさってください」
「その後、◯◯様のご容態はいかがでしょうか。快方に向かわれる事を信じております。」

メールで危篤の連絡を受け取るときはタイムラグが生まれる場合があります。
上記のようにその後の容態を伺い、快方を祈るような文面を送るのも良いです。

危篤の時にかけてはいけない言葉

NG

危篤の時にはかけてはいけない言葉が存在します。
例えば、下記のような言葉です。

相手を応援する言葉

「しっかりして」
「頑張って」

このような言葉はついつい行ってしまいそうになりますが、危篤を受けた人は既に頑張っていたり、気持ちがいっぱいいっぱいなことがほとんどです。

好意でかけた言葉でも、余裕が無い相手を応援する言葉は時に相手を追い詰める言葉にもなってしまいますので、使わない方が無難です。

励ますつもりでかけた言葉

励ますつもりでかけた言葉でも、相手を傷つけてしまう事があります。
人の悲しみに水を差すような言葉はかけないようにします。

「気落ちしないように」
「いつまでもクヨクヨしないで」

上記のように、早く立ち直る事を望んだ言葉は避けます。
人間は深く悲しんだ方が立ち直りも早いものです。

「まだ助かるかも、希望を捨てないで」

このような、希望を持たせる言葉も安易にかけないようにします。
危篤から回復する見込みはほぼ無いに等しいと考え、軽率な発言は避けましょう。

死を直接的に連想させる言葉

死後の葬儀のことなどを連想させる言葉はかけないようにします。

特に、

「御愁傷様です」

この言葉は人が亡くなった時にかける言葉ですから、 絶対に使わないようにしましょう。

危篤のお見舞いのマナー

危篤を受けてあなたは病院にいくことになりました。
では、その時気をつけるマナーはあるのでしょうか。

お見舞い品は要らない

危篤状態では何よりもまずすぐに駆けつけることが一番重要です。
ですから、お見舞い品を持っていく必要はありません。

用意をしている時間を取られてしましますし、事前に見舞い品を準備していたと思われると心象がよくありません。

ですから、お見舞い品は持っていかないのがマナーです。

危篤の時は手短に言葉をかける

この記事では、危篤に陥った本人にかける言葉を見てきました。
人は死の間際も耳だけは聞こえていて、周りでどんな会話がされているか、誰がいるか、自分にどんな言葉をかけられたかわかるとも言われています。

本人が「生きていてよかった」と思いながら息を引き取れるよう、最期に感謝の気持ちを伝えましょう。

また、友人や仕事関連の人の家族などが危篤の時にその人たちにかける言葉も同様に見てきました。
相手の心に寄り添った言葉選びを心がけ、失礼のない声かけをしてあげましょう。

「〇〇さんにしてあげられることを精一杯してあげて下さい」
みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部