みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

寂し見舞い・淋し見舞いとは?金額相場や定番の品物!渡し方も解説

寂し見舞い・淋し見舞いとは?金額相場や定番の品物!渡し方も解説

寂し見舞いとは、日本の岐阜県と愛知県の一部で行われているお通夜の慣習です。
大切な家族を亡くされた遺族を想い、少しでも通夜の長い夜が寂しくないようになどの気持ちを込めて金品を持参します。

この記事では、寂し見舞いの定番品や現金で包む場合の金額相場などをご紹介していきます。
加えて、寂し見舞いの渡し方やお返しはどうすれば良いのかなども併せて確認していきましょう。

この記事で解決される疑問

  • 寂し見舞いとは?

  • 寂し見舞いの相場は?

  • 寂し見舞いにおすすめな物品は?

  • 寂し見舞いの書き方は?

  • ❓ 寂し見舞いとは?

    岐阜県・愛知県に残っている、遺族が寂しい思いをしないようにとお見舞いを持参する風習です。現金ではなく食べ物や飲み物を持っていくのが一般的です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 寂し見舞いの相場は?

    相場は2000円から3000円です。物品を用意できなかった場合現金を包んで渡します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 寂し見舞いとして持っていく物品の具体例は?

    薯蕷饅頭という正式な物品があります。また、ぼたもち・クッキーといったお菓子や、助六寿司・お茶・ジュース・お線香なども含まれます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 寂し見舞いのお返しはどうする?

    基本的にお返しを用意する必要はありません。香典返しの際にやや多めにお返しをするという方法もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部