みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

友引にお通夜は避ける?日程の決め方も【100人にアンケート】

友引にお通夜は避ける?日程の決め方も【100人にアンケート】

お通夜の日取りを決める際に「友引」の日を避けるべきなのか悩んだことのある方もいらっしゃることと思います。

そもそも、お通夜、友引とはどのような意味なのでしょうか。

今回の記事では、100名以上にとったアンケートなど踏まえながら、お通夜や友引の定義づけからお通夜の日程の決め方まで細かく解説します。

  • ❓ お通夜に友引は避けるべき?

    結論から言うと、必ずしも避けるべきではありません。お通夜では火葬をしない事等が理由としては挙げられます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お通夜に友引を避ける人は多い?

    みんなの終活編集部調べによると、約8割の方が友引にお通夜を行うのを避ける傾向にあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お通夜はいつ行う?

    お通夜は基本的に故人が亡くなった時間に合わせて行います。多くは翌日に行う事が多いようです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お葬式は友引で行ってもよい?

    仏教系の宗教とは関係がありませんが友引の日にお葬式を行う事は避けた方がよいとされます。理由としては友引では火葬場や斎場などが休みとなっている事が多いためです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部