みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

弔電の宛名・宛先は誰宛にする?文例と気をつけるべきポイントも

弔電の宛名・宛先は誰宛にする?文例と気をつけるべきポイントも

弔電(ちょうでん)とはご存知ですか?
弔電とは、親族や仲の良い友人の訃報を知ったものの、絶対にずらせない用事や健康上の問題でお通夜や葬儀に参列できないために、代わりとして出すお悔やみの言葉を伝える電報のことを指します。
この記事では、弔電を出す際の宛名の書き方について詳しく見ていきます。

この記事の結論

  • 弔文の宛先は喪主にします。もし喪主が分からなければ、(故人)様ご遺族様と書きます。

  • ❓ 弔電はいつ・どこに送る?

    弔電は葬儀が始まる前までに告別式が開かれる場所に送ります。できるだけ早く送ることも大切です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 弔電の宛名は誰にするのが正しい?↵

    弔電は基本的に喪主の方宛に送り、故人の名前は記載しないようにします。喪主の名前が分からない場合はこちらをご覧ください。

  • ❓ 取引先の弔電はどのように送るべき?↵

    取引先の会社に送り、喪主宛にします。送り手は会社の正式名称を記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 弔電の料金の金額は?

    弔電の料金は、台紙代として1千円〜7千円かかります。また、文字数やお急ぎ便の利用によってさらに追加されるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部