みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

【2020年】お盆のお墓参りはいつ?服装や持ち物も解説!

お盆の時期には、実家に帰って家族で過ごすという方も多いと思います。
そんなお盆によくするのが、お墓参り。

お盆の期間中いつに行けばいいのと悩む人も多いでしょう。
100人以上に行った「実際にお盆期間中何日にお墓参りに行く人が多いのか」というアンケートも参考にしてみてください。

また、お墓参りといっても何するんだろうやどんな服装で行けばいいのといった疑問についてお答えします。

【2020年】お盆のお墓参りはいつ?服装や持ち物も解説!

お盆のお墓参りはいつ行く?

カレンダー

お盆の時期には、お墓参りをするといった方が多くいらっしゃると思います。
まず、お墓参りの前にお盆について紹介します。

お盆とは、先祖や亡くなった人の霊がこの世に帰ってくる期間のこと をいいます。
お盆には、先祖や故人の霊をお迎えし供養するという風習があります。

お盆は、一部の地域では旧暦の7月15日前後の7月13日~16日に行われていました。
全国的には、新暦8月15日前後の8月13日~16日を指す のが一般的です。

それでは、お墓参りをいつ行くのか紹介します。

  • 13日が一般的
  • 14日・15日でもよい
  • 16日にご先祖様をお見送りする
  • 2020年のお盆期間

13日が一般的

お盆のお墓参りは、お盆が始まる 13日に行われるのが一般的 です。
13日は、先祖や故人の霊がこの世に返ってくると考えられています。

13日はお盆の4日間のうち、初日にあたり迎え盆などと呼びます。
自宅の前に、迎え火といってロウソクなどで火を灯し、先祖や故人の霊をお迎えします。

ただし、13日に絶対お墓参りを行わなければいけないというわけではありません。
家族で都合が合う日に行うのが良いでしょう。

14日・15日でもよい

関東の一部地域では、 14日・15日は「留守参り」といって、お墓参りをする習慣が残っています。
ご先祖様が家に帰る期間、お墓の留守を守ってくださる仏様に感謝の気持ちを込め、お参りしたことが由来になっています。

16日にご先祖様をお見送りする

16日はお盆の最終日です。
あの世へ戻るご先祖様の道中の無事をお祈りしながらお見送りします。

お見送りの儀式で送り火を行います。
迎え火と同様お墓の前で焚くところもあり、13日と16日のお墓参りを重要視するところも多いようです。

しかし、海や川に精霊舟などを流していた地域では、舟でご先祖様が帰るとされ、16日のお墓参りを重要視しないところもあります。

2020年のお盆期間

お盆の期間は8月13日(木)~16日(日)の4日間です。
2020年は東京オリンピックの影響で山の日が8月10日(月)に移動することが決まっています。

移動に伴い8月8日(日)〜8月10日(月)が3連休になります。
したがって、8月11日と12日に有給休暇を取得すれば、 最長9連休と例年より大型連休になります。

お盆のお墓参りの時間は午前中がいい

時間

お盆に限らず、お墓参りは午前中に行くのが一般的です。
13日には、先祖や故人の霊が帰ってきます。

ご先祖様のお迎えは、早くした方がいいと考えられています。
地域によっては、夕方にお墓参りを行うと良くないとされる場所もあるようです。

一方で、 16日のお盆暮れにお墓参りを行う場合は、夕方が好まれる 場合もあります。
これは「迎えは早く、送りは遅く」といった言葉があるように、先祖や故人を送る際は遅い方がいいといった考えがあるからです。

お盆のお墓参りは実際何日に行ってる?100名調査

お盆のお墓参りは、13日に行かなければならないという決まりはありません。
では、実際にお墓参りに行く人は何日に行っているのでしょうか?

みん終 編集部では、「お盆の際に何日にお墓参りに行くのか」を100人以上にアンケートを行いました。
その結果が以下です。

お盆の際、お墓参りは何日に行きますか?

お盆の初日である13日にお墓参りに行く人が多いことがわかります。
その他と答えた人も多く、混み合うお盆を避けてお墓参りに行く人もいるようです。

お墓参りの一般的な日にちが分かったので、次は服装やマナーなどについて見ていきましょう。

お盆のお墓参りの服装

墓地

お墓参りでは、 特に決まった服装といったものはありません。
ただし、新盆や一周忌などの法要では喪服を着用するのが一般的です。

新盆とは、故人が亡くなってから最初に行うお盆のことです。
地域によって、新盆(にいぼん・しんぼん)や初盆(はつぼん・ういぼん)などと呼びます。

服装のポイント

  • お墓を掃除するため、汚れてもいい服装
  • 気温が上がる時期なので、帽子など暑さ対策はしっかり
  • 山など自然多い場所では、虫除け対策も必要
  • 地面が土など整っていない場所もあり、ヒールの高い靴は避ける
  • 派手な服やアクセサリーは避ける

お墓参りの服装に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お盆のお墓参りの持ち物

菊

実際に、お盆のお墓参りする際の持ち物を紹介します。
主に以下のものが挙げられます。

  1. お供え物
  2. 仏花
  3. お線香・ろうそく
  4. 掃除道具

お墓参りの持ち物①お供え物

お供え物としては、 故人の好きだった食べ物や飲み物をお供えするとよい でしょう。
お墓参りのお供え物に関してはこちらもご覧ください。

お墓参りの持ち物②仏花

仏花(ぶっか)とは、 仏壇やお墓にお供えするお花のこと を指しますが、特に決まった種類はありません。
ただし、お花なら何でもいいわけではなく、良いとされるお花や縁起の悪いお花があります。

仏花として一番一般的なのが、 菊 です。
菊は持ちが長く邪気を払うといわれているため、昔から仏花として用いられてきました。

仏花として、 故人の好きだったお花でもいい でしょう。
最近では、ドライフラワーや造花をお供えする方も増えてきています。

それでは、仏花について詳しくご紹介します。

  • 仏花としてよく用いられる季節の花
  • 仏花としてよくないとされるお花
  • 仏花を用意する際の注意点

仏花としてよく用いられる季節の花

菊以外の花としては、お墓参りに用いられる仏花を季節ごとに紹介します。

季節 仏花 例
通年 菊・百日草(ヒャクニチソウ)・カーネーション
金盞花(キンセンカ)・アイリス
リンドウ・ケイトウ・グラジオラス
鬼灯(ほおずき)・ミソハギ

仏花としてよくないとされるお花

仏花としてよくないとされる花には、 日持ちが悪いお花や傷みやすいお花 が挙げられます。
それ以外には、 棘(とげ)や毒があるお花、香りの強いお花 が挙げられます。

以下に紹介します。

理由 良くない花 例
日持ちしない 椿・山茶花(サザンカ)
傷みやすい ユリ・カサブランカ
棘がある 薔薇(バラ)・ワルナビス・アザミ・山椒(サンショウ)
毒がある トリカブト・アセビ・石楠花(シャクナゲ)・ジキタリス・キョクチクトウ
香りが強い ユリ

仏花を用意する際の注意点

花立(はなたて、お墓や仏壇にある花瓶のこと)の大きさによって、お花の入る量が決まります。
お盆は他の親族などもお花をお供えすることが多く、 他の方が仏花することを考慮してお花の量を決めましょう。

また、以前にお供えした仏花が残っている場合もあります。
前のお花を処理するため、新聞紙などを持っていく ことをお勧めします。

仏花に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お墓参りの持ち物③お線香・ろうそく

線香

お墓では、お線香・ろうそくに火を灯してお供えします。
お線香に火をつけるための、 マッチやライターなどもお忘れないように しましょう。

風で火が付きにくいこともありますので、ターボ式ライターや風よけ付ライターなどがおすすめです。
お線香に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お墓参りの持ち物④掃除道具

お盆のお墓参りでは、最初にお墓の掃除をするのが一般的です。
掃除するための掃除道具は持参 する必要があります。

掃除道具のリストとしては以下が挙げられます。

  • スポンジ・雑巾
  • ごみ袋・軍手
  • ほうき
  • 手桶・ひしゃく

スポンジ・雑巾

墓石をきれいにするのに必要 です。
たわしなど表面が粗いものですと、墓石を傷つけてしまう場合があります。

ごみ袋・軍手

お墓回りの 雑草などの草むしり、ゴミ拾い に用います。

ほうき

お墓周りの 落ち葉や砂 をきれいにするのに用います。

手桶・ひしゃく

墓地などの入口で 貸し出している場合があり ます。

お墓参りの持ち物に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お盆のお墓参りの手順

お墓 ひしゃく

お盆のお墓参りには、特に決まった作法はありません。
お墓参りの一般的な流れを紹介します。

  1. 掃除
  2. お供え
  3. お参り

お墓参りの手順①掃除

お墓参りに来たらまず、お墓の掃除をします。
先祖・故人を敬ってお墓をきれいにしましょう。
入口で手桶・ひしゃくを貸し出している場合は、そこで借りましょう。
お墓周りの掃除手順は以下の通りです。

  • お墓周りから掃除
  • 墓石の掃除
  • 雑巾などで拭き取り

お墓周りから掃除

お墓周りのごみや落ち葉をほうきなどで払います。
雑草が生えてたら、抜いておきましょう。

墓石の掃除

以前に入ってた仏花は抜き取り、花立や線香皿などの中身を捨てて水洗いします。
スポンジなどに水を含ませて、墓石をきれいにします。

墓石の掃除は、たわしや洗剤などは用いないようにしましょう。
墓石の表面を傷める原因となります。

雑巾などで拭き取り

最後に雑巾で水気を拭き取り 掃除は完了です。
お墓掃除に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お墓参りの手順②お供え

掃除が終わったら、お供えします。
お供え物は特に決まりはなく、 故人の好きだったものをお供えすることが多いようです。

お菓子などの食べ物や飲み物など、お花もお供えします。
お花は、その場で花立に合わせてはさみで長さを調整するとよいでしょう。

また、お線香・ろうそくを灯してお供えします。
お線香の本数には特に決まりなく、宗派によっては束ごとお供えする場合もあります。

お墓参りの手順③お参り

掃除・お供えが終わったら、最後にお参りをします。
お参りは、 故人と関係が深い人から順にお参りします。

ひしゃくで、墓石に水をかけてから、墓石に向かって合掌します。
数珠を持ってきている場合は、数珠を手にかけて合掌します。

合掌しながら目を閉じで、軽く頭を下げましょう。
お墓参りに関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

お盆のお墓参りでNGなこと

お盆 お墓

お盆のお墓参りでは、いくつかやってはいけないNGがあります。
以下に紹介します。

  1. 火を息で消す
  2. お酒などをかける
  3. お供え物を置きっぱなしにする

NG①火を息で消す

お墓参りでは、息で火を吹き消すのはNGです。
仏教では、口から出た息は穢れたものだと考えられています。

先祖や故人へお供えするお線香やロウソクの火に息を吹きかけるのは失礼に当たります。
火を消す際は、 手にもって上下に振ることで消します。

火傷しないように十分注意しましょう。

NG②お酒などをかける

生前故人の好きだった お酒などの飲み物を、お墓にかけるのはNGです。
墓石が傷む原因や匂いなどで虫がわく場合もあります。

NG③お供え物を置きっぱなしにする

食べ物や飲み物のお供え物を置きっぱなしにする行為もNGです。
お墓は屋外の場合がほとんどです。

食べ物などのお供え物を置きっぱなしにすると、カラスなどが荒す原因ともなります。

お盆のお墓参りのマナー

マナー

お盆のお墓参りでは、マナーを守って行いましょう。
まず、 お墓という場所であることを考慮した服装 にします。

お墓参りではお墓の掃除をするのが一般的で、お盆の季節は気温が上がりやすい時期です。
汚れても問題なく、暑さも考慮した服装が好ましいです。

お墓参りでの掃除は、先祖や故人のことを大切に思ってきれいにしましょう。
その際に出た ごみは、周りのお墓やお寺のことを考えて持ち帰るようにしましょう。

お盆の時期は沢山の方がお墓参りに訪れますので、周りの方への配慮を忘れないようにしましょう。

お盆のお墓参りに行けない時は?

お盆 灯籠流し

お盆の時期に、必ず行かなければと考える方もいらっしゃるかもしれません。
結論から言いますと、 お盆のお墓参りに行かなくても特に問題ありません。

一番よくないのは、年間を通してお墓参りに行かないことです。
お盆のお墓参りに行けない場合は、お盆の前や後に行くとよいでしょう。

お盆にお墓参りしなかったからといって、先祖や故人に対して失礼になるわけではありません。
いつお墓参りを行うかというよりも、先祖や故人への尊敬の念を持って行う気持ちの方が大事です。

お盆のお墓参りは熱中症に注意!

お盆はほとんどの地域で8月15日前後を指します。
(一部の地域では、旧暦の7月15日前後に行います。)

近年、気温が30℃を超える日も珍しくありません。
帽子の着用や水分補給など、熱中症対策はしっかりと行いましょう。

また、山間部など自然の多い場所では、虫よけ対策も一緒に行っておくとよいでしょう。
先祖や故人のことを思って行うはもちろん、自身の体にも気を使って行いましょう。

お盆については、こちらを参考にしてみてください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部