みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

浄土真宗の49日(四十九日)法要の流れ・服装・挨拶!香典も解説

浄土真宗の49日(四十九日)法要の流れ・服装・挨拶!香典も解説

浄土真宗では他の宗派の考え方と違い、人は死後すぐに極楽浄土に言って生まれ変わると考えられています。
この記事ではそんな浄土真宗の49日法要はどのように執り行うかなどについて説明していきます。
この記事を読んで浄土真宗の49日法要の位置づけや流れなどについて知りましょう。

  • ❓ 浄土真宗における49日の意味は?

    故人への悲しい感情を癒し、宗教を信仰する気持ちを強めるという意味合いがあります。故人はもう生まれ変わっていると考えるのも特徴です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 浄土真宗の49日に適した服装は?

    黒のスーツ・ワンピースといった略喪服を着用します。靴や小物は黒の無地をチョイスします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 浄土真宗の49日でかかる費用は?

    会食費・引き出物代・お布施・お車代・御膳料があります。それぞれ3000円から1万円・1000円から5000円・2万円から5万円・5000円から1万円・5000円から2万円です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 浄土真宗の49日の香典の相場は?

    相場は3000円から10万円です。故人との関係や自身の年齢によって変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部