みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

施餓鬼とは?供養の必要性は?宗派別の違いや法要、お布施も解説

施餓鬼とは?供養の必要性は?宗派別の違いや法要、お布施も解説

お盆の時期に行われる事の多い行事の一つに施餓鬼があります。
が、実際に何を行うのかよくわからない方もいらっしゃる事と思います。

この記事では施餓鬼のそもそもの起源や行う意義、実際に行う内容から宗派別の違い、法要に参列する際に持参するお布施についても解説も行います。
施餓鬼法要に参列する際の参考にして頂ければ幸いです。

  • ❓ 施餓鬼とは?

    悪行により餓鬼道という飢えや乾きに苦しむ道に落ちた魂に対して施しを行う行事です。供養としてだけでなく年間の行事として行われます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 施餓鬼の御布施の袋のマナーは?

    白封筒・のし袋・奉書紙で包むようにします。また、水引は結び切りか淡路切りを選び、色は黒白か黄色を選びます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 施餓鬼の御布施の相場は?

    相場は3000円から1万円です。また、卒塔婆料として別に3000円から5000円用意します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 施餓鬼の御布施・卒塔婆料を渡すタイミングは?

    受付がある場合法要前に受付で渡します。また、法要の挨拶の前か法要の会食後・もしくは法要後に渡します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部