みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

榊を神棚に飾る理由・方法は?処分方法や長持ちのさせ方も解説

榊を神棚に飾る理由・方法は?処分方法や長持ちのさせ方も解説

みなさんは榊について正しく知っていますか?

神棚になぜ榊を供えるのか、知らない方は多いと思います。

この記事では、榊を供える意味や処分方法、さらに長持ちをさせる方法をご紹介していきます。

この記事の結論

  • 神棚の榊は、両端の榊立てに1本ずつ入れて飾ります。榊は神事に関わりのある植物です。

  • ❓ 榊とは?

    白く小さい花が付く植物で、枝葉を神式の儀式でよく使用します。神棚や祭壇に飾られることもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神棚に榊を飾る方法は?

    神棚の両端に榊立てを1つずつ設置します。榊は1本ずつ榊立てに入れて供えます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神棚の榊を交換する時期は?

    1日と15日のどちらかのタイミングで交換します。枯れる前に交換する必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神棚の掃除方法は?

    はたきや白布・白い和紙・新しい榊・お供えを用意して行います。身を清め挨拶してから道具を動かし、掃き掃除や拭き掃除を行います。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部