みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

分骨とは?費用や分骨証明書の手続き、おすすめの骨壷も紹介!

近年は分骨を選択する方が増加傾向にあります。
一つのお墓に先祖代々のご遺骨を納め、ずっと守っていくという伝統的な供養方法とは全く異なる分骨を選ぶ理由とは何でしょうか?

この記事では分骨について知りたい方、また分骨を検討している方に向けて分骨の基本情報や手順、費用、注意点を解説します。

分骨とは?費用や分骨証明書の手続き、おすすめの骨壷も紹介!

分骨とは

骨壷 遺骨

分骨 とはご遺骨のすべてを一箇所に埋葬するのではなく、 複数箇所に分けて保管 することを指します。
故人が亡くなってしばらく経ってから分骨する場合、 亡くなってそのままご遺骨を分骨する こともあります。

著名人の方だけでなく、 一般の方 のご遺骨も分骨されるケースが増えてきています。

分骨自体は 避けるべきことではなく 、分骨したほうが 故人によりそって供養することができる ならむしろ 積極的に選択すべき であるという方もいます。

ただし、通常の埋葬方法とは異なる分骨を選択する上で 必要な費用や手続き 等があります。
ご家族や親戚とよく話し合った上で納得する選択をしてください。

分骨に多い理由

墓

分骨する理由は様々ですが、主に下記のような例があげられます。

  • 墓参りに行けない
  • 遺骨を家ごとに分けて供養したい
  • 故人が散骨や本山供養の意志を示していた

墓参りに行けない

墓地と現在の居住地が離れている 場合、定期的な お墓参り遺族の負担 になります。
特に遺族が ご高齢 の場合は体力的にもはるばるお墓参りに行くのは難しいこともあります。

お墓参りをしたくてもできない 、でも 改葬や墓じまいをしたくない 、という方がご遺骨の一部を手元供養するというパターンがあります。

遺骨を家ごとに分けて供養したい

別々に住んでいる兄弟が 親の遺骨をそれぞれの家で手元供養したい と考えることもあります。

伝統的には、お墓はご遺族のうち誰か一人が後継者となって管理・供養をしていくものでしたが、そのスタイルも変わりつつあるのです。

故人が散骨や本山供養の意志を示していた

故人が 散骨や宗派の本山供養 を望んでいた場合に、 基本的には故人の意志を汲む けれども、 一部を手元供養する という分骨のケースもあります。
これには、すべてのご遺骨を散骨や本山供養してしまうと、 手元に遺骨が残らず供養しづらい という遺族の思いがあります。

絶対にそうであると断定することはできませんが、 故人を自分のライフスタイルにあった形で丁寧に供養する ために 分骨 を選ぶ方が多いです。

散骨に関しては、こちらの記事を見て下さい。

分骨する手順・手続き【お墓が既にある場合】

お墓掃除代行業者

では実際に分骨するにはどのような手順・手続きを踏めばいいのでしょうか?

お墓がすでにある場合の分骨の手順は以下の通りです。

  1. 分骨用の骨壷の準備
  2. 分骨証明書の発行
  3. 閉眼供養
  4. 遺骨の取り出し
  5. 開眼供養
  6. 分骨先に分骨証明書を提出
  7. 分骨先に納骨
  8. 分骨先で開眼供養

分骨の手順①分骨用の骨壷の準備

分骨用の骨壷には様々な種類があります。
ご遺骨の サイズ だけでなく、 カラーやデザイン なども豊富です。

取り出すご遺骨が納まるように 余裕をもってサイズを選びましょう

長年使用するもの であれば 耐久性 も重要ですので、 材質 にもこだわって選びましょう。

骨壷に関しては、こちらの記事も見て下さい。

分骨の手順②分骨証明書の発行

分骨証明書 とは新しく遺骨を分骨して納める先の施設に提出する書類で、 故人の本籍・氏名・死亡年月日 などを記載します。

分骨証明書は お墓の管理者発行を申請 します。

分骨の手順③閉眼供養

お墓に納骨された遺骨を取り出す場合は 閉眼供養 が必要になります。
閉眼供養とは 魂抜き、お性根抜き とも呼ばれる 仏教的な儀式 で、 お墓に宿っていた故人の魂を抜く という意味合いがあります。

閉眼供養は 法事 ですので、 僧侶読経 してもらって執り行います。

閉眼供養を行わないで墓石を動かすことは絶対にやめましょう

閉眼供養に関しては、こちらを見て下さい。

分骨の手順④遺骨の取り出し

閉眼供養を行った後、お墓からご遺骨の一部を取り出します。
基本的には 寺院や霊園・石材店 などが取り出してもらい、 ご自身で取り出すことはありません

分骨の手順⑤開眼供養

ご遺骨の一部を取り出したお墓にて 開眼供養 をします。
開眼供養とは 魂入れ、お性根入れ とも言われるもので 故人の魂を対象となるお墓や仏壇に入れる法要 です。

取り出したご遺骨は一部ですので、残りのご遺骨はこれからも既存のお墓に安置して供養を行います。

ご遺骨の一部を取り出す際に 閉眼供養 を行っているので、 開眼供養 を行って魂を入れ直す必要があります。

閉眼供養から遺骨の取り出し、開眼供養までを セット にして依頼するとスムーズでしょう。

開眼供養に関しては、こちらの記事を見て下さい。

分骨の手順⑥分骨先に分骨証明書を提出

既存のお墓で発行してもらった 分骨証明書分骨先に提出 します。
お墓や納骨堂に安置するのではなく、 手元供養 を行う場合は 分骨証明書は必要ありません

分骨の手順⑦分骨先に納骨

分骨先に取り出したご遺骨を 納骨 します。

納骨に関しては、こちらを見て下さい。

分骨の手順⑧分骨先で開眼供養

分骨先開眼供養 を行います。
開眼供養はお墓や納骨堂、手元供養の区別なく必要です。

開眼供養を終了することで分骨先でもご遺骨の供養をすることができるようになります。

分骨する手順・手続き【新しくお墓を建てる場合】

お墓

新しくお墓を用意する場合の分骨の手順は、以下の通りです。

  1. 分骨用の骨壷の準備
  2. 分骨証明書の発行
  3. 火葬場にて複数の骨壷に遺骨を入れる
  4. 分骨先に分骨証明書または火葬証明書を提出
  5. 分骨先に納骨
  6. 分骨先で開眼供養

故人が亡くなってすぐの段階で分骨を選択した場合は、 火葬場 でご遺骨を 複数の骨壷 に分けてもらいます。

亡くなってから火葬するまでたっぷり時間があるわけではないので、 分骨を決めたらすぐに骨壷を用意しましょう

お墓に入ったご遺骨の一部を取り出す場合と違って、 元のお墓の閉眼供養・開眼供養を行う必要がありません

それ以降のプロセスは基本的に お墓が既にある場合の分骨方法と同じ です。

分骨にかかる費用

お墓掃除代行 費用

分骨にかかる費用は、以下の通りです。

  1. 骨壷代
  2. 分骨証明書の費用
  3. 開眼供養のお布施
  4. 閉眼供養のお布施
  5. 墓石の移動費

分骨にかかる費用①骨壷代

分骨して遺骨を安置するためには 複数の骨壷 が必要です。
骨壷は デザイン・材質・サイズ が様々でその値段にも大きな幅がありますが、平均的には 5000円〜1万円程度 と言われています。

分骨にかかる費用②分骨証明書の費用

分骨証明書の 発行手数料1通100円程度 です。

分骨にかかる費用③開眼供養のお布施

開眼供養にかかるお布施の相場は 3万円〜5万円 、その他に お車料御膳料代 が必要となります。

お車料 は、 僧侶が会場にいらっしゃるまでの交通費 のことですので、お寺で行う場合は必要ありません。

また、 お斎 に僧侶が 参加 される場合は 御膳料代も不要 です。

また、お墓が既にあって分骨する際は、 遺骨を取り出したお墓・遺骨を移動する先のお墓の両方開眼供養 を行う必要があります。

お布施に関しては、こちらの記事を見て下さい。

分骨にかかる費用④閉眼供養のお布施

お墓が既にあって分骨する場合 のみ 閉眼供養 が必要です。
閉眼供養のお布施も開眼供養と同様 3〜5万円 で、 お車料や御膳料代 が別途かかります。

分骨にかかる費用⑤墓石の移動費

既にあるお墓から遺骨を一部取り出す場合墓石を移動 しなければなりません。
基本的に 寺院や業者に依頼 して移動してもらうので 2〜3万円程度 かかります。

分骨証明書・火葬証明書の手続き

書類

分骨証明書・火葬証明書 は遺骨が安置されている 施設・火葬場 で発行してもらう証明書です。
既にお墓がある場合分骨証明書これからお墓を用意する場合火葬証明書 を申請します。

1通100円程度で発行可能 であり、 紛失 した場合は 再発行 もできます。
手続きに時間や手間がかかるわけではないので安心してください。

発行した証明書は 分骨先の施設に提出 します。

分骨証明書に関しては、こちらも参考にしてください。

分骨後の供養方法(永代供養|手元供養|散骨)

卒塔婆

分骨後の供養方法 にはどんなものがあるのでしょうか。
他のお墓に埋める以外にも様々な供養方法があります。

今回は、

  • 永代供養
  • 手元供養
  • 散骨

これら3つについて紹介します。

永代供養

永代供養 とは 墓地や霊園がお墓の継承者にかわって供養・管理してくれる スタイルです。

地理的・時間的・体力的な問題などで 定期的なお墓参りが難しい けれど 墓じまいは避けたい といった場合に、 遺骨の一部を永代供養 にして 一部をお墓に残しておく ということができます。

先祖代々のお墓は守りながら、寺院や霊園に故人の供養もしてもらえる のでご遺族も安心できます。

永代供養は埋葬方法の一種ですので、ご遺骨を お墓 に安置することも、 納骨堂 に安置することもあります。

なお、永代供養の永代とは永遠ではなく長い期間を指す言葉ですので、一般的には 三十三回忌 が終わった時点で 合祀墓 に移されます。
合祀墓に入った後は ご遺骨を取り出すことはできなくなります

永代供養墓に関しては、こちらの記事を見てみて下さい。

手元供養

何らかの理由でお墓参りがしにくいけれど墓じまいや改葬をしない場合、永代供養の他に 手元供養 するという方法もあります。

手元供養とは 遺骨の一部を自宅に置いて供養する方法 です。
常に故人を近くに感じられる というのが手元供養のメリットです。

ただし、遺骨に カビ が生えないようきちんと保管する必要があるなどの注意が必要です。

骨壷を自宅に置いていく以外にも、 アクセサリー にして身につけるといった手元供養のスタイルもあります。

手元供養については、こちらを見て下さい。

散骨

遺骨の一部を 海や川に散骨 する方法もあります。
故人の意志で散骨を選択したものの、 すべてではなく一部散骨する 人が多くなっています。
というのも、散骨してしまうと 故人のご遺骨が遺族の手に戻ることがなく、供養しにくくなる という懸念があるからです。

故人の意志を尊重しつつ、残された遺族の意志も汲み取る という上で分骨して一部を散骨するという選択をされる人が多いです。

散骨するためには 骨の一片一片を2mm以下のパウダー状 にすることが定められています。
遺骨のまま散骨すると 死体遺棄罪 に問われる可能性があるので必ず 粉骨 してから散骨します。

ご自身で粉骨することも理論上は可能ですが、精神的にも体力的にも辛い作業になるので 業者に頼む ことをおすすめします。

相場としては 2万円前後 で粉骨を代行してくれます。

近年はハワイなど 海外での散骨 も人気です。
故人が喜ぶような散骨を行いましょう。

分骨する際の注意点

お墓

分骨をする際に注意しなければならないことは、以下の通りです。

  • 親族との話し合い
  • 分骨証明書・火葬証明書
  • 本山納骨・散骨した遺骨は取り出せない

順番に説明します。

親族との話し合い

分骨は 法律的には全く問題ない のですが、中には 抵抗 を感じる方もいらっしゃいます。
分骨を選択する際には事前に 親族にも相談 して合意をとってからにしましょう。

特に ご遺骨を取り出せない分骨方法 を選んだ場合は 大きなトラブル になってしまうこともあるかもしれません。

故人を供養するために適切な判断であることをしっかりと伝えましょう。

分骨証明書・火葬証明書

分骨して他の施設やお墓に入れる時は 分骨証明書・火葬証明書 が必要です。
早めに準備しましょう。

本山納骨・散骨した遺骨は取り出せない

本山納骨・散骨したご遺骨後で取り出すことができません
慎重に考えて選択してください。

分骨用のおすすめの骨壷・入れ物

骨壺

これまで、分骨について解説してきました。
ここでは、分骨用のおすすめの骨壷・入れ物を5つ紹介します。

おすすめの骨壷①

【ミニ骨壷】七宝シリーズ・青花
【ミニ骨壷】七宝シリーズ・青花
amazonで商品を見る

透明なブルーがとても美しい骨壷です。
金色の縁取りが高級で上品な雰囲気を出してくれます。

七宝焼きという金属工芸の技法で作られた骨壷で、きれいな色合いが特徴的です。

ご遺骨は付属の納骨袋に入れてから骨壷に安置します。

一点一点丁寧に手作りされた骨壷にご遺骨を入れて、故人に思いを馳せれば、素敵な思い出が色褪せることはないでしょう。

おすすめの骨壷②

【携帯できるミニ骨壷】パステル・ピンク 納骨袋付き
【携帯できるミニ骨壷】パステル・ピンク 納骨袋付き
amazonで商品を見る

小ぶりで可愛らしいデザインでありながら、しっかりとした重量感と安定感があります。

ネジ式の蓋を使用しており、万が一落としてしまっても衝撃に耐える作りになっています。

ツボの中はきらきらした金色をしていて、上品かつ繊細なデザインに仕上がっています。
洋式のリビングやダイニングにも馴染むコロンとしたフォームも特徴的です。

ピンクの他にブルーやパープル、ホワイトなどのカラーがあります。
どれもパステルカラーで優しい色味になっています。

持ち運び用の袋もついてくるので、バッグなどにいれて携帯することもできます。

おすすめの遺骨の入れ物③

メモリアルペンダント ティアドロップ 遺骨ペンダント クリア チャームつき 手元供養 遺骨カプセル 手作り 日本製
メモリアルペンダント ティアドロップ 遺骨ペンダント クリア チャームつき 手元供養 遺骨カプセル 手作り 日本製
amazonで商品を見る

チャーム付のご遺骨ペンダントを携えれば、常に故人と一緒にいるような温かい気持ちになります。

横が1cm、縦が1.6cmの小さなサイズなのでお洋服のコーディネートを問わず身につけることができます。

卵のようなフォルムが可愛いデザインで、付属のチャームには「クリア」の他に「ハート」や「クローバー」などのモチーフもあります。

ペットの遺灰を入れることもできます。

おすすめの遺骨の入れ物④

遺骨ペンダント メモリアルペンダント ステンレス製 遺骨入れ ガラス管入り
遺骨ペンダント メモリアルペンダント ステンレス製 遺骨入れ ガラス管入り
amazonで商品を見る

ステンレス製のシンプルなデザインのネックレスですので、女性男性問わず身につけることができます。

アクセサリーとして身につけるだけでなく、お家に飾ってのもおすすめです。
特にご遺骨を置いておくスペースがない方にも、ペンダントにすることで場所をとらずに安置することができるのでぴったりです。

防水加工されているので雨の日でも安心です。

お手軽な価格設定もおすすめなポイントです。

おすすめの遺骨の入れ物

三日月ネックレス 遺灰ペンダント 遺骨ジュエリー 骨壺 ペット/人間の思い出のネックレス メンズ/レディース 20mm
三日月ネックレス 遺灰ペンダント 遺骨ジュエリー 骨壺 ペット/人間の思い出のネックレス メンズ/レディース 20mm
amazonで商品を見る

シンプルな月のデザインが美しい遺骨ペンダントです。
カラーはシルバーの他にピンクゴールドやゴールド、ブラックなどがあります。

お洋服のコーディネートを選ばないデザインですので、毎日身につけることもできます。
故人が好きだった場所にご遺骨ネックレスをつけて旅行するというのも素敵です。

材質はステンレスで耐久性があり、変色の心配もありません。

ペットの遺灰を入れることもできます。

【コラム】ペットの分骨

犬たち

ペットの遺骨も分骨することができます。
ペットの場合は火葬証明書や分骨証明書を準備する必要はありません。

ペットの多くは火葬後、合同で供養されるので遺骨を個別に取り出すことはできません。
遺骨を身近なところにおいて供養したいという方には分骨して一部を手元供養することがおすすめです。

ただし、小鳥などの小動物は火葬すると骨まで燃え尽きてしまい、残らないことがありますのでご注意ください。

ご自身で分骨する時は直接触らないよう手袋をつけます。
これはペットの遺骨をきれいな状態で保管するために重要です。

ペットの遺骨に関しては、こちらの記事を見て下さい。

故人を供養するための分骨という選択

様々な事情によりお墓参りが難しいけれど居場所としてのお墓は持っておきたい方、故人の意志を尊重して散骨するけれど一部は手元供養したい方など、故人をしっかり供養するための方法の一つが分骨です。

分骨に対してよくないイメージを持っている方もいらっしゃいますが、故人の供養を丁寧に行うためという理由を伝えれば理解してくれるのではないでしょうか。

この記事では、分骨する理由、費用、手続きなどを解説しました。
供養の一形態として定着しつつある分骨について理解し、適切な選択をしてください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部