みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

後日香典の渡し方や挨拶、服装、金額は?葬儀・葬式後に渡してもよい?

後日香典の渡し方や挨拶、服装、金額は?葬儀・葬式後に渡してもよい?

「やむを得ない事情で」や「遠方につき」「療養中のため」など、様々な理由で葬式・告別式に参列できないことが多いと思います。
けどやっぱり香典くらいは渡したい…そんな思いはでてくるかと思います。

そこで、後日渡す場合の香典の正しい渡し方、挨拶や服装、金額を中心に紹介していきます。

この記事の結論

  • 後日に香典を渡す場合は遺族のもとを訪れて渡す・郵便で送る・代理を頼んで渡してもらう方法があります。訪れる日時は遺族の都合を優先して決めます。

  • ❓ 後日香典を渡す方法は?

    後日遺族の元を訪問して渡す方法・代理の方に預けて渡してもらう方法・郵送する方法があります。49日までに渡すことも重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 後日香典を渡す際の挨拶は?

    ご愁傷様でした・お悔やみ申し上げますといった言葉で挨拶します。参列できなかったことのお詫びなども簡潔に述べます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 後日香典を渡す際の服装は?

    グレー・黒・紺のスーツやワンピースといった平服を着用します。普段着・喪服は避けます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 後日渡す香典の表書きの書き方は?

    表書きは、仏教では御霊前・御仏前、神道では御神前・玉串料、キリスト教では御花料と書きます。宗教が分からない場合御香典と記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部