みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

お通夜の女性の服装は?喪服の種類やマナーも解説!アクセサリーは?

女性がお通夜に参列する際は、どのような服装がふさわしいのでしょうか?
また、メイクやアクセサリーなどはどうすればよいのでしょうか?

今回の記事では、図解画像を用い、女性のお通夜参列の際の服装やメイク、アクセサリー、小物まで詳しく紹介します。

 お通夜の女性の服装は?喪服の種類やマナーも解説!アクセサリーは?

お通夜の女性の服装①正喪服

正喪服

正喪服 とは、最も格式の高い喪服のことを指します。
お通夜や葬儀、一周忌法要にて、 故人の遺族や親族等、式を主催する側の人 が主に着用します。

女性の正喪服は、和服だと、 染め抜き五つ紋の黒無地の着物 になります。
洋服だと、 アンサンブル、スーツ、ワンピース等のブラックフォーマル が当たります。

洋服の素材は 光沢のない黒色のもの に限ります。
袖は 長袖 が、スカート丈も ロング丈 が基本です。

また、ストッキングは 黒色のもの を着用します。
ブラウスは 黒色のもの を選びます。

お通夜のスーツについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

お通夜の女性の服装②準喪服

女性 準喪服

準喪服 とは、一般的に着用する喪服のことを指します。
お通夜や葬儀に参列する際に多くの人が着用します。

女性は、 アンサンブル、スーツ、ワンピース等のブラックフォーマル です。
色は、濃い紺色やダークグレーのものもありますが、お通夜では基本的に**黒

色のものを着用するようにしましょう。
ブラウスも
黒色のもの**を選びましょう。

スカート丈は、 ひざ下まであるロング丈 が基本となります。
ストッキングは 黒色のもの を着用します。

喪服に関しては、こちらもご覧ください。

お通夜の女性の服装③略喪服

女性 平服

略喪服 とは、急なお通夜や弔問、三回忌法要以降の法事にて着用されることの多い喪服のことを指します。
略喪服は、主に 「平服でお越しください」 と指定された際に用いられる事が多いです。

略喪服のスタイルは、 アンサンブル、スーツ、ワンピース等のブラックフォーマル になります。
色は、 が基本ですが、略喪服の中には紺やグレー等の地味な色のものあります。

ストッキングは基本的には 黒色 のものを着用します。
ブラウスの色は であってもマナー違反とはなりません。

平服に関しては、こちらもご覧ください。

お通夜の女性のアクセサリー・小物

パールネックレス

お通夜の女性のアクセサリー

お通夜の際は、基本的にはアクセサリーは着用しません。
ただし、一部例外もあるのでここで確認しておきましょう。

まず、 結婚指輪はつけていても構いません。
これは、女性に限らず男性の場合も当てはまります。

次に、 真珠のアクセサリー であれば、着用が可能です。
真珠は、 を連想させるためです。

色は、白か黒のものを選びましょう。

また、「不幸の重なり」を連想させてしまうのを避けるために、必ず 一連 のものを選び、二連、三連のアクセサリーは着用しないようにしましょう。

アクセサリーに関しては、こちらもご覧ください。

お通夜の女性の小物

ここでは、お通夜の女性の小物に関して7つ紹介します。

  • バッグについて
  • くつについて
  • ハンカチについて
  • 数珠について
  • 時計について
  • 手袋について
  • 傘について

バッグについて

喪服 カバン

お通夜の際には、黒色の無地のかばんを持参するようにしましょう。
エナメル素材の光沢のあるものや、華美な装飾のあるものなどは避けましょう。

またサブバッグを持参したいという女性も多いことでしょう。

サブバッグを持参する際も、黒色のもので華美な飾りなどがついていないものを選ぶようにしましょう。

バッグに関しては、こちらもご覧ください。

くつについて

女性 喪服 靴 解説

お通夜の際には、女性は 黒色のパンプス を着用するのが良いでしょう。
ヒールが高い物は避け、約3~5㎝ほどのものを選びましょう。

エナメル素材のものなど、光沢のあるものは避けましょう。

靴に関しては、こちらもご覧ください。

ハンカチについて

ハンカチ

お通夜の際に持参するハンカチは、 白色 のものを選びましょう。

また、しわなどが目立たないように事前にアイロンをかけておくなどして清潔さを保ちましょう。

また、ハンカチの詳細に関してはこちらの記事もご覧ください。

数珠について

宗教別数珠一覧

宗教によって異なりますが、主に 仏式のお通夜の際は数珠 を持参します。
基本的に数珠は 本式数珠略式数珠 の二種類があります。

本式数珠 とは、宗教や宗派によって定められた数珠のことを指します。
とても格式高い物となります。

略式数珠 とは、宗派関係なく使用できる数珠のことを指します。
特に指定やこだわりがない限り、持参する数珠は略式数珠で構いません。

略式数珠は男性用と女性用のものがあります。

女性用のものは、色が薄いピンクや紫色のものが多く、珠の大きさは男性のものに比べて小さくなっています。

略式数珠に関しては、色や大きさなどご自身の好みのものを選ぶのが良いでしょう。

お通夜の数珠については以下の記事で取り上げています。

時計について

お通夜の際に、時計を着用したい場合は、モノトーンの華美でないデザインのものを選びましょう。

文字盤などに装飾が施されたものは避けましょう。

お通夜の式中に、スマートフォンなどの電子機器を見て時間を確認するのは厳禁です。

時間が気になる方は腕時計を持参するようにしましょう。

手袋について

手袋を着用したい方は、 黒色のもの を着用します。

無地のものがふさわしいですが、レースのものでもマナー違反にはなりません。

ただし、焼香や食事の際は外すのがマナーです。

傘について

お通夜当日に雨が降っているなどして、傘を持っていく場合は、黒や紺などの落ち着いた色のものを使用します。

急に雨が降ってきてしまうときに備えて、黒や紺の折り畳み傘などをかばんに入れておくのも良いかと思います。

マナー違反になるお通夜の女性の服装

×

お通夜の際の服装は、どのようなものがマナー違反に当たるのでしょうか?
ここでは、マナー違反とみなされるお通夜の女性の服装について取り上げていきたいと思います。

喪服について

記事の冒頭で女性の喪服は三種類あるとお伝えしました。
お通夜の際に着用する喪服は基本的には正喪服か準喪服となります。

ただし、急なお通夜等の場合は略喪服を着用する方が良いとされることもあります。
いずれにしても、 ブラックフォーマルであればマナー違反にはなりません。

また、急にお通夜の予定が入ってしまい、仕事帰りに直接行くことになった場合は喪服でなくてもマナー違反とはなりません。

詳しくは後の章にまとめてあるので参考にしてみてください。

スカート丈について

お通夜の際の女性の服装として、タイトスカートやミニスカートの着用はマナー違反となります。
お通夜の際は、女性は膝下のロング丈のスカートやワンピースを着用しましょう。

お通夜の際に、大幅に肌を露出するのはマナー違反となります。

ストッキングについて

ストッキング

真夏であっても女性がお通夜に参列する際は、生足は厳禁です。
必ずストッキングを着用します。

ストッキングの色ですが、肌色のものではなく 黒色のものを選ぶ ようにしましょう。

冬場であればタイツを着用したいという方もいらっしゃることと思います。
タイツはマナー違反とはなりませんが分厚いものは避けましょう。

また、ストッキングは破れてしまうことが多いので、予備のものも持参すると良いでしょう。

ヘアスタイルについて

基本的に清潔感のない髪型はお通夜にはふさわしくないといえます。
髪が結べる長さの人は必ず結ぶようにしましょう。

焼香や合掌の際に髪が垂れてしまって、だらしのない印象を周りに与えないようにしましょう。

髪を束ねる際は、黒色のヘアゴム等を使います。

もし、手元にない場合は黒色のシュシュやバレッタ等でも代用は可能ですが、華美な装飾やラメのついたものはマナー違反にあたるので避けるようにしましょう。

また、髪の短い人でもお辞儀をした際に前髪が落ちてきてしまう場合は黒色のピン留めでとめたり、ワックスで固める等しましょう。
お通夜の髪型に関しては、こちらも参考にしてください。

ネイルについて

お通夜の際は、ネイルは付けないのがマナーです。

マニキュア等をつけている女性は、落とした状態にしてお通夜に参列しましょう。

ジェルネイル等をしていて自分で落とすことのできない場合は、お通夜までにネイルサロンに行って落としてもらうようにしましょう。

もし、急なお通夜等でネイルサロンに行く時間のない人は、上からベージュ等の薄い落ち着いた色のマニキュアを塗ってカバーするようにしましょう。

また、どうしてもネイルが取れなくて手元が気になる場合は、手袋を着用するのがマナーです。

お通夜時のメイク

null

お通夜の際に、ノーメイク、厚化粧はどちらも良い印象を与えないので、避けるべきです。

ここでは、お通夜の際に適切なメイクをお伝えします。

ベースメイク

ベースメイクで気を付けるべきことは、ラメ等でツヤ感を出さないことです。

基本的には、マットな仕上がりになるようなものを選びましょう。
また、厚塗りをしないように心がけましょう。

目元

メイク

お通夜の際に、涙を流しメイク崩れを起こしやすくしてしまう可能性もあるので目元のメイクはしなくても問題ないでしょう。
もし目元のメイクをしたいのであれば以下のようにしましょう。

は、パウダータイプのアイブロウ等を利用しぼかすようにして書きます。
ペンシルタイプのアイブロウ等で書いたはっきりした太い眉はお通夜には不向きです。

アイシャドウ は、ラメがないダークブラウン等を選びましょう。
また、つける量も通常よりも少なめにします。

マスカラやアイライン は目元が華美な印象を与えてしまうため、基本的に必要ありません。
また、涙で流れ落ちてしまう可能性も高いです。

もし、つけるとしたら、ウォータープルーフのマスカラやアイラインを選ぶようにしましょう。

普段、カラーコンタクトを着用している方は、お通夜の際は普通のコンタクトレンズか、眼鏡で代用するようにしましょう。

口元

口紅 を塗る際は、薄ピンク色のもの等をしようし、ほんのり色づく程度にします。

真っ赤なもの等派手な色はお通夜にはふさわしくありません。
また、ラメが入っていたり、ツヤ感を出すようなものも避けるべきです。

チーク は基本的には付けないようにします。
もし付ける場合であれば薄い色のものを少量つける程度にします。

また、ラメ等の入ったハイライト等は付けないようにしましょう。
お通夜に適したメイクは以下の記事も取り上げています。

仕事帰りのお通夜の女性の服装

null

急なお通夜が入ってしまい、仕事帰りに直接寄らなければならなくなった場合、どのような服装をして参列すればよいのでしょうか?

基本的には、お通夜の女性の服装はブラックフォーマルがふさわしいです。

しかし、急な不幸で止むを得ない場合などに限り、仕事帰りにそのまま、 作業着やカジュアルな服装での参列マナー違反とはならない ことになっています。

ただし、そのような場合も気を配る点があるのでいくつかご紹介します。
まず、時間がないといえどもコンビニや近くにユニクロなどがあれば立ち寄ることもできるのではないでしょうか?

もし可能であれば、 黒のジャケットや白いワイシャツ、黒のストッキング などを買い足しましょう。
また、 華美なヘアスタイル をしている場合は髪型を整えましょう。

黒いゴムで髪をひとつに結わえる だけでも印象は変わります。
お通夜の参列の際は、 すっぴんや派手なメイクはマナー違反 にあたります。

服装を整える際に、自分のメイクも今一度お通夜にふさわしいか確認するようにしましょう。

まわりの参列者の服装は 一般的にブラックフォーマル です。
なるべく、まわりのトーンに合わせることが大切です。

お通夜に相応しい女性の服装を選びましょう

お通夜には、故人の遺族や親族、生前親交の深かった友人など多岐にわたる人が参列します。

お通夜の服装や持ち物をきちんと理解せずに参列してしまうと、目立ってしまうこともあるので注意したいところです。

この記事でお伝えしてきたように、お通夜の際の女性の服装はブラックフォーマルが基本です。

また、女性であればメイクやヘアスタイルも気を配る必要があります。

急にお通夜の予定が入ってしまい、仕事帰りに参列せざるを得なくなった場合も、慌てずになるべくブラックフォーマルに近づけるように服装を整えましょう。

また、お通夜の男性の服装については以下の記事もご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部