みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

【図解解説】一周忌の服装を男性・女性・子供・友人別に!身内だけの場合も

一周忌とは、故人が亡くなってから一年後の命日のことで、その命日に行われるのが一周忌法要です。
当日の読経、お焼香などを通して故人に徳を送るための大切な法要です。

ここからは、そんな一周忌法要で身につける服装を図解画像を用いて、男性・女性・子供・友人別に解説していきたいと思います。

【図解解説】一周忌の服装を男性・女性・子供・友人別に!身内だけの場合も

【図解解説】一周忌の服装①男性

まずは男性の服装から説明していきたいと思います。
一周忌の男性の服装は、基本的に 葬儀の時と同様 です。

  • スーツ
  • 靴下
  • ネクタイ
  • 靴(黒のもの)
  • ワイシャツ(白無地のもの)

NGな点

男性の場合注意しなければいけないのが、 ネクタイピンをつけて参列してはいけない という点です。
基本的に喪服に関して光るものを身につけるのはNGとされているので気を付けるようにしましょう。

そして、季節によって気を付けなければいけない点もあります。
それは特に夏場です。

昨今では気温が非常に高くなりますが、法要中はなかなかジャケットを脱ぐタイミングはありません。
こういったことから、法要中に熱中症になってしまうということも少なくありません。

そうならないためにも、 オールシーズン着用できるものとは別に、ジャケットの裏地が短く通気性のあるものや、見た目に影響が出ない程度に少しサイズにゆとりがあるワイシャツを用意する とよいでしょう。

男性の喪服に関しては、こちらも参考にしてください。

【図解解説】一周忌の服装②女性

続いて、女性の場合の服装について解説していきたいと思います。
女性の場合も葬儀の時と同様です。

  • フォーマルドレスやセットアップ、スーツ(黒色のもの)
  • ストッキング(黒)
  • パンプス(黒)

控え目であれば、ドレスに多少のフリルやリボンなどの装飾がついていることは許容されています。
妊娠中にはなかなか普段着用するような喪服を身につけることができない場合があります。

そんなときには、 おなかに負担がかからないゆとりのあるサイズの黒のワンピースを着用 しましょう。
手持ちに着用できるものがない場合には、妊婦さん向けの喪服の販売や貸し出しを行っているところもありますので、利用しましょう。

メイクや化粧は?

メイクはナチュラルメイクを基本に、派手なチークや口紅は控えましょう。
髪型について、基本的に制限はありませんが、長髪の場合はお辞儀やお焼香をする際に髪が乱れてしまうこともあるのでまとめるようにしましょう。

まとめる際に用いるヘアゴムなども黒色のものを利用しましょう。

注意する点

  • 足元周りには気をつける
  • 熱中症に気をつける

足元周りには気をつける

女性の場合気を付けなければいけないのは 足元周り です。
スカートやドレスなどで足元が見える場合でもひざが隠れるものを用意しましょう。

殺生を連想させないためにもパンプスは 革製品以外のものを履く ことも忘れないようにしましょう。

靴に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

熱中症に気をつける

また、男性の服装のところにもありましたが、夏場は特に暑くなり、熱中症対策には気を付ける必要があります。
男性と同様、 ジャケットを羽織る際には裏地の短いものや、通気性の優れた生地のものを利用しましょう

また、 法要中に上着を羽織るのであれば、半袖のブラウスを着用する のも熱中症対策になると考えられます。
その際には 袖が短すぎないようひじが隠れる程度のブラウスを着用 しましょう。

もし 新たに新調するにであれば、夏場は特に汗が気になると思われますので、自宅で洗濯可能なものを選ぶのもいい かもしれません。
肌の露出を基本的に控えなければならないというマナーの中で、快適に法要が行えるようにしましょう。

女性の喪服に関しては、こちらも参考にしてください。

【図解解説】一周忌の服装③学生・子供

こちらでは学生・子供の一周忌の服装をご紹介します。

すでに就学していて学校の制服を持っている場合は、その制服を着用しましょう。
制服が多少派手な色であったり、男の子であれば半ズボンのものだとしても、問題ありません。

足元に関して、靴下は黒が望ましいですが、白や紺などの地味な色で無地であれば問題ありません。
ただし、 くるぶし丈のものは避け、また女性であればルーズソックスや、ニーハイソックスも避けましょう

また、通学に使っているものであれば、靴は白や紺、グレーなどのスニーカーも着用しても問題ありません。
成人は控えるべきであるローファーも、通学に使っているのであれば許容されます。

制服を持たない場合について、

  1. 乳児(生後1年未満)
  2. 幼児(生後1年~小学校入学まで)
  3. 児童(小学校入学~18時歳未満)

の三つに分けて解説していきます。

乳児の場合

まず 乳児の場合、黒や白色のものを着用するのが好ましい ですが、淡い水色や、紺、ベージュなどの控え目な色であれば問題ありません。

幼児の場合

次に 幼児の場合は、基本的に黒または紺などの濃色と白でそろえましょう

男の子

男の子であれば、白シャツに黒または紺、グレーのズボンを履き、気温によっては地味な色のセーターを身につけましょう。

女の子

女の子の場合であれば、襟付きの白のブラウスやに黒や紺などのスカートまたは黒のワンピースを着用しましょう。

男の子の場合も女の子の場合も 靴下はくるぶし丈のものは避け、ひざ下からすねあたりのものを身につけましょう

靴に関しては黒色のものがベスト ですが、派手な見た目でなければ、スニーカーも問題なく、ローファーの着用も許容されています。

キャラクターデザインの入ったものや、音のなる靴を履かないことにも気をつけましょう。

児童の場合

児童の場合も幼児と同様、白シャツまたは白ブラウスに、黒や紺などの濃色のズボン、スカートまたはワンピースを身につけましょう。

靴や靴下においても幼児と同じように、地味な色のスニーカーや、ローファー、ひざ下からすねあたりの靴下を着用しましょう。

また、大学入学や就活に近い年齢であれば、リクルートスーツを用意するということも考えられます。
また、周囲の方からお借りしたり、喪服のレンタルサービスを利用するということも検討できるでしょう。

一周忌の服装④故人と友人

故人との血縁関係がない立場で参列する場合は、準喪服ではなく略喪服で参列するのが一般的です。

男性の場合、スーツとネクタイに関しては黒だけでなく、紺、または濃いグレーまで許容されています。
また目立たない程度の柄のものを着用してもかまいません。

女性も同様に、スーツやセットアップを着用する際には黒だけでなく、紺、または濃いグレーまで許容されています。
そして、 ストッキングに関しても肌色のものを着用することが認められいます
柄の入った服も男性同様認められています。

準喪服より格式の低い服装ではありますが、平服と異なります。
勘違いしないように注意しましょう。

家族(身内)のみで行う一周忌の服装

先にも述べましたが、今日では様々理由から家族(身内)のみで一周忌が行われることが増えています。
施主からの指定が特になければ、家族(身内)のみで一周忌を行う場合でも準喪服を着用するのが基本的なマナーです。

しかし、妊娠やけがといった理由から、喪服を着用することが困難な場合もあります。
また、今日では寒暖の差が激しく、所持している喪服ではそういった気候に対しての対策ができない場合もあります。

そんな時に 近しい関係で行うからこそ、家族に服装について相談し、自分たちで服装を取り決められるということも、家族のみで行うことの利点 です。

中には、 一周忌法要を自宅で行う際、お坊さんに相談したうえで喪服を着用せずに行う場合もあります

家族という身近な関係の中で行うからこそ活かせる点は活かし、許容する範囲、守るべき範囲をお互いに尊重しながら、快く一周忌法要を行うようにしてください。

【図解解説】平服と指定された時の一周忌の服装

施主の方のご厚意で平服でとのご案内がある場合があります。
平服は普段着という意味がありますが、法要においてはジーンズやTシャツというような私服できてくださいという意味ではないのでお気を付けください。

男女の場合で分けて見ていきます。

男性の場合

男性の場合は、平服でという指示がある際には スーツの色は黒だけでなく、紺、グレーのスーツも着用できます
ネクタイについても 黒、紺、グレーの着用が認められています が、準喪服と違いを出すためにも、黒スーツに黒ネクタイを着用するのは避けましょう。

女性の場合

女性の場合は、 ワンピースやセットアップなどで、紺や濃いグレーなどのダークカラーだけでなくベージュなどの控え目な色も許容されています
シャツやインナーも平服の場合は白のものを着用できます。

男性の場合も女性の場合も光るものや派手すぎるものは避けるようにしましょう。
平服に関してはこちらもご覧ください。

【図解解説】一周忌の服装とアクセサリー・小物

最後に、バッグや身につけるアクセサリーについて解説していきたいと思います。

バッグ

まずはバッグについてですが、 色は黒 のものを使いましょう。
また、殺生を連想させないためにもやはり 革製品は控えます

そして形に関しては 基本ハンドバッグ型が理想 です。
もしも肩掛けタイプを利用する場合には、肩にかけずに紐は手で持つようにしましょう。

またブランドのロゴやバッグに使われている金具が控え目なものを選部ことも大切です。

バッグに関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

アクセサリー

基本的には 男性であっても女性であっても結婚指輪以外のアクセサリーは外しましょう
もし身につける際には、 イヤリングであれば、白または黒の真珠のものを使用 しましょう。

また、 ネックレスの場合も白か黒の真珠が好ましいですが、必ず一連のものを選びましょう
これは、不幸が重なる、連続するというイメージを連想しないようにするためです。

正しい身だしなみで一周忌を迎えましょう

故人がなくなって一年という節目の大切な一周忌です。
身だしなみのマナーを守らないことは、自分の評価を下げるだけでなく、その場の雰囲気を壊すことにつながりかねません。

一周忌法要に参加した人全員が心地よく法要を行えるよう、正しい身だしなみで一周忌を迎えましょう。