みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

香典に新札を包んでいい?新札しか手元にないときは?香典のマナーも

香典に新札を包んでいい?新札しか手元にないときは?香典のマナーも

この記事では、香典に新札を用いてもいいのかということについて見ていきましょう。
新札しか手元に無いという場合の対処法も紹介していきます。

香典の金額も重要になってきます。
この記事を参考に同じ立場の人と相談するようにしましょう。

この記事の結論

  • 香典に新札を入れるのは失礼にあたります。死を待って準備していたと思われるためです。

  • 香典を用意する時に新札しかない場合は、折り目をつけます。またあまりにも汚れたお札も失礼にあたります。

  • ❓ 香典に新札を使ってはいけないの?

    新札を使っても構わないとされていますが、新札は慶事の際に使われることが多く、また、死を予期して準備していたと思われてしまうので、どちらも手元にある場合は旧札を使うのが好ましいです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 新札しか手元にない場合の対処法は?

    新札に折り目をつける方法や、ATMでお札を下ろすといった方法があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 新札以外の香典のお札のマナーは?

    お札の入れ方に関しては、人物が書かれている方を下にして中袋や中包みに入れます。また、お札を2枚以上入れる際には、お札の上下の向きも揃えます。その他にも香典のお札のマナーがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典の表書きの書き方は?

    宗教ごとに異なるので注意しましょう。例えば、仏教ならば「御霊前」・「御香料」・「御香典」などと書きますが、浄土真宗では「御仏前」と書くのが適切です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部