みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

真言宗のお経とは?意味は?般若心経や光明真言、葬儀の特徴も解説

真言宗のお経とは?意味は?般若心経や光明真言、葬儀の特徴も解説

「真言宗」はあまり聞き覚えのない宗教かもしれませんが、今でも日本において幅広い地域に根差しています。
その真言宗が唱えているお経として「般若心経」と「光明真言」がありますが、名前の響きは知っているという方も多いと思われます。
今回は真言宗について、お経についてなど様々な解説を本記事でしていきます。

  • ❓ 真言宗のお経とはどんな意味?

    空海によって伝来した宗教である真言宗の、仏様が授けた言葉を記録したものをお経と言います。また、真言という言葉は仏様からの言葉という意味があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 真言宗のお経の般若心経の意味とは?

    心から発生する苦難を除去し、安らかになろうとする思想を空と称し、人間が生きているうちに得ることはできないとした上で、空に執着せず苦難の種を消し去ってしまおう、という意味合いがあります。苦難は心の執着から生まれるという意味も重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 真言宗のお経に関係する光明真言の意味は?

    お経を口に出すことで、言霊として天と共鳴し、再び自身に言霊が戻ることで邪悪を祓い幸運を得る、という意味があります。繰り返し言葉にする工程が重視されているのが特徴です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 真言宗のお葬式でお経を唱える意味は?

    故人に死を伝える意味合いがあります。また低い音程と一定のリズムで唱えるのは参列者を落ち着かせる意味合いがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部