みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

忌引きで学校を休む場合の親等・日数・連絡方法!注意点も解説

忌引きで学校を休む場合の親等・日数・連絡方法!注意点も解説

忌引(きびき)とは、出勤できる意思はあるが、親や祖父母が死亡し、葬儀に参列するためや喪に服すために、学校や仕事を休むことです。
休暇日数は故人との関係性で変化してきます。
この記事では、学校の忌引き休暇を取る場合の親等・日数・連絡方法について見ていきます。

この記事で解決される疑問

  • 忌引きで学校を休む時の連絡の方法は?

  • 忌引きで学校を休む平均日数は?

  • 忌引きで学校を休む時の注意点は?

  • ❓ 忌引きで学校を休む日数はどのように決まる?↵

    申請できるかは親等によって変わります。3親等までであれば申請が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引きで学校を休める期間はどれくらい?↵

    忌引きでは1日から7日休むことができます。しかし、場合によって日数は減ることや増えることがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引きで学校を休む際の連絡方法は?↵

    忌引きの連絡をする時は、担任の先生に葬儀の場所と故人との関係・休む日数を伝えます。小学校・大学など学校によって細かな対応は変わってきます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 忌引きで学校を休む時気に留めておくことは?

    早めに連絡を入れること・学校の規則を確認すること・忌引きが終わった時に再度連絡することです。また、忌引きがテストに関わる場合対応は変わってきます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部